CX-A5200 AVプリアンプ

シネマDSPプログラム

映像コンテンツに適した音場プログラム(MOVIE)

映画、テレビ番組、ゲームなど、映像コンテンツに適した音場プログラムが含まれています。

MOVIE(ムービー)

Standard
(スタンダード)
Dolby Digital、DTS、AACなどのマルチチャンネル音声のオリジナル定位を乱さず、サラウンドの包囲感を重視した音場です。「理想的な映画館」がコンセプトで、周囲から美しい響きで包み込みます。
Spectacle
(スペクタクル)
壮大なスケール感を演出するスペクタクルな音場です。シネスコサイズのワイド画面に合う広大な空間と微小な効果音から迫力の大音響まで、ダイナミックレンジの広さが特長です。
Sci-Fi
(サイファイ)
最新SFX 映画の緻密なサウンドを鮮やかに描き分ける抜けの良い音場です。セリフ、効果音、BGMの明快な分離感を保ちつつ各空間を鮮やかに再現します。
Adventure
(アドベンチャー)
アクション&アドベンチャー映画に最適です。響きを抑え、左右の拡がり感を重視した力強い空間を再現します。奥行は浅めで各チャンネルのセパレーションや音の明瞭度を保ちつつ、クリアで力強い空間を再現します。
Drama
(ドラマ)
シリアスなドラマからミュージカルやコメディまで、幅広いジャンルの映画に対応する落ち着いた響きが特長です。控えめな響きでありながら適度な立体感を持ち、セリフの明瞭度とセンター定位を軸に効果音やBGMを柔らかな響きで立体的に再現します。長時間聴いていても疲れません。
Mono Movie
(モノムービー)
往年のモノラル映画を当時の映画館の雰囲気で楽しめます。拡がりと適度な残響が付加され、奥行がある心地よい空間が再現されます。
Enhanced
(エンハンスド)
3Dオブジェクトオーディオの音源移動や空間表現を楽しむのに適した音場です。マルチトップスピーカーを用いた大画面の映画館をイメージしており、各オブジェクトに追随する自然な効果により、映画の製作者が意図するダイナミックな移動感や空間表現を再現します。

ENTERTAINMENT(エンターテイメント)

Sports(スポーツ) スポーツ中継やスタジオバラエティ番組がライブ感豊かに楽しめます。スポーツ中継では解説者やアナウンサーの声はセンターに定位し、歓声など場内の雰囲気は適度な空間の中で周囲に拡がり臨場感を体感できます。
Action Game
(アクションゲーム)
カーレースや格闘ゲーム、シューティングゲームなどのアクションゲームに合います。さまざまな効果を重視することで再現されたリアリティにより、まるでゲームの中にいるような感覚が体感できます。このプログラムはミュージックエンハンサーと組み合わせることでよりダイナミックで力強い音場効果が体感できます。
Roleplaying Game
(ロールプレイングゲーム)
RPGやアドベンチャーゲームなどに合わせた音場です。バックミュージックや効果音に深みを与えることで、さまざまな場面を自然に、よりリアルに再現します。このプログラムはミュージックエンハンサーと組み合わせることでよりクリアで奥行きのある音場効果が体感できます。
Music Video
(ミュージックビデオ)
ポップス・ロック・ジャズなどのライブ映像をコンサート会場のイメージで楽しめます。ステージ上のボーカルやソロ楽器のリアル感、リズム楽器のノリを重視したプレゼンス音場、広大なライブ会場の空間を再現するサラウンド音場で、ホットなライブ空間に浸れます。
Recital/Opera
(リサイタル/オペラ)
響きの量を適度に抑えてあり、声の奥行き感、明瞭度に優れています。オペラではステージでの定位や臨場感とともに、オーケストラボックスの響きが眼前にくり広げられます。サラウンド音場は控えめながら、コンサートホールのデータを使用することで音楽の楽しさを演出。長時間のオペラものでも疲れません。
Pavilion
(パビリオン)
ボーカルの実在感があり、大きく広がりのある空間を感じさせる音場です。やや遅れてくる多くの残響は、パビリオン独特のライブ感ある音場を再現し、熱狂的なコンサートシーンを盛り上げます。
Disco
(ディスコ)
ディスコミュージックに包まれる、乗りの良い音場空間を演出するプログラムです。

音楽鑑賞に適した音場プログラム/ステレオ再生(MUSIC)

音楽CDの再生など、音楽鑑賞に適した音場プログラムが含まれています。ステレオ再生も選べます。

CLASSICAL(クラシカル)

Hall in Munich A
(ミュンヘン A)
ヨーロッパに多く見られる、内装材にシックな木の内張りが使われた、ミュンヘンにある2500席程度のコンサートホールです。繊細な美しい響きが豊かに広がり、落ち着いた雰囲気を持っています。座席は1階の中央左寄りです。
Hall in Munich B
(ミュンヘン B)
欧米のオーケストラの録音にしばしば使われる、1300席程度のシューボックス型コンサートホールです。大理石で造られているため、響きがフラットで、また天井が高いため、残響時間が比較的長いのが特長です。
Hall in Frankfurt
(フランクフルト)
内装材が木製のフランクフルトにある2400席程度のシューボックス型コンサートホールです。ステージ上方のマホガニー色に塗装された幾層もの反射板によって、ステージ方向からの反射音が強く、直接音が増強される傾向にあり、力強い響きが特長です。座席は1階の中央右寄りです。
Hall in Stuttgart
(シュトゥットガルト)
大胆な非対称形の、シュトゥットガルトの中心街にある2000席程度の大型コンサートホールです。ステージに向かって左側にコンクリートの壁があり、その方向からの反射音が強く感じられます。
Hall in Vienna
(ウィーン)
約1700席のウィーンの伝統的シューボックス型のコンサートホールです。周囲の柱や彫刻により全方向からの複雑な反射音を生み出しています。豊かな響きが特長です。
Hall in Amsterdam
(アムステルダム)
アムステルダムの広幅化したシューボックス型の大ホールで、サークルステージ、ステージバック席があり、客席は2200程です。
Hall in USA A
(USA ホールA)
ヨーロッパの伝統をふまえて設計された、ボストンにある大規模なコンサートホールです。客席数は2600席程度で、内装はよりシンプルにまとめられ、アメリカ的な処理が感じられます。中高音の豊かな響きが特長です。
Hall in USA B
(USA ホールB)
シカゴにある2600席程度の半円形ドーム型天井を持つ大型コンサートホールです。残響時間が長めで、豊かな残響を感じることができます。またステージ上方につり下げられた反射板により、ステージ方向からの反射音が強くなっています。
Church in Tokyo
(東京)
残響時間2.5秒と適度な残響音を伴う教会の音場感です。パイプオルガンや教会音楽などの再生に適しています。
Church in Freiburg
(フライブルグ)
ドイツ南部の120m 近い尖塔を持つ大きな教会です。石を積み上げて造られており、天井が高く、細長い空間を持っています。残響時間は非常に長くなりますが、逆に初期反射は少なくなります。そのため、直接音の厚みはあまりありませんが、響きが多く、教会特有の音場を再現します。
Church in Royaumont
(ロワイヨーモン)
パリ郊外のロワイヨモンに位置する、中世の修道院の大食堂です。美しいゴシック調の建物より作りだされる音場を特徴としています。
Chamber
(チェンバー)
宮廷の大広間のような天井の高い比較的広めの空間で、宮廷音楽や室内楽に適した心地よい残響が特長です。

LIVE/CLUB(ライブ/クラブ)

Village Gate
(ビレッジゲート)
かつてニューヨークに存在したライブハウスで、比較的広いことから小ホールのような響きです。ステージに向かい中央左寄りの音場です。
Village Vanguard
(ビレッジバンガード)
ニューヨークの7番街にあるジャズクラブです。天井が低く、狭い室内の角にあるステージ付近に強い反射音が集中しています。
Warehouse Loft
(ロフト)
ソーホーのロフトを思わせるコンクリートの空間です。壁面からの反射音は比較的明瞭で、エネルギッシュな音場です。
Cellar Club
(セラークラブ)
天井の低いアットホームなライブハウスです。小さなステージのすぐ前にいるような、リアルでライブな音場で、強い響きが特長です。
The Roxy Theatre
(ロキシーシアター)
ロサンゼルスにあるロック系ライブハウスで、最大で460席ほどあります。中央左寄りの客席です。
The Bottom Line
(ボトムライン)
かつてニューヨークに存在したライブハウス「ザ・ボトム・ライン」のステージ正面の音場です。フロアは300席ある左右に幅広い客席で占められ、明瞭な響きが特長です。
Arena
(アリーナ)
広いアリーナの音場で、ステージとの適度な距離感があります。ライブの勢いが感じられる、活気のある音場です。

STEREO(ステレオ)

11ch Stereo
(11ch ステレオ)
ステレオ後方からも直接音が聴け、広いエリアで楽しめる効果が特長です。最大11本のスピーカーから音が出力され、ホームパーティーのBGMに最適です。