TT-S303 ターンテーブル 新製品

アナログレコードをもっと楽しもう

TT-S303 ターンテーブル 新製品

希望小売価格: 58,000 円(税抜)

  • 2018年10月 発売

レコード再生機としての優れた基本性能、美しいデザイン性を両立したターンテーブル

  • 軽量かつ剛性に優れたスタティックバランス型のストレートトーンアームを採用
  • 安定した回転が得られるベルトドライブ方式
  • 高音質フォノイコライザーアンプ搭載
  • 質感の高いグロス塗装を施したシンプルなデザイン
  • 色/仕上げ(B)ブラック

真のサウンドがここに

ヤマハのターンテーブルでアナログレコードの世界に入りましょう。レコード再生機としての優れた基本性能と美しいデザイン性を両立したTT-S303が、あなたのレコードコレクションに真のサウンドをお届けます。

透明かつ開放感のある音を実現するストレートトーンアーム

レコードに刻まれた音楽信号のみを正確に読み取るために、軽量かつ剛性に優れたアルミ素材を使用したスタティックバランス型のストレートトーンアームを採用。感度の高いストレートアームの特性を活かした、透明かつ開放感のある音を実現しました。さらにMM型カートリッジも付属しており、購入してすぐにレコードを楽しむことができます。

高トルク型DCモーターを採用したベルトドライブ方式

レコード再生において重要となる制振性を高めるために、高密度MDF素材を使用した高剛性キャビネット、防振性に優れたエラストマーを内部に使用したインシュレーターを採用。さらに駆動方式には、モーターの振動の影響が少なく、安定した回転が得られるベルトドライブ方式を採用したうえ、直径30cmのアルミダイキャスト製プラッターを高トルクのDCモーターで回転させることで、高純度かつ正確な信号の読み取りを実現しました。

フォノイコライザーアンプ搭載

フォノイコライザーアンプを搭載しており、フォノアンプを搭載していないミニコンポやアクティブスピーカーと接続して、手軽にレコードを楽しむことができます。さらにフォノイコライザーアンプには、音質に定評のある JRC(新日本無線)製のオペアンプを採用することで、表現力豊かな音を実現しました。また切り替えで、PHONOダイレクト出力も選べ、フォノアンプを搭載している本格アンプと組み合わせることも可能です。お手持ちのオーディオ機器に合わせて、自由にレコード再生のシステムを組むことができます。

シンプルでオーセンティックなデザイン

質感の高いグロス塗装を施したシンプルでオーセンティックなデザインは、空間に美しく調和し、ヤマハの他のHiFiコンポーネントにもマッチします。

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。