Performance Editor Essential

iPhoneのiOS及びiPadのiPadOSのバージョン15において、USB接続後にアプリからヤマハ楽器を認識できないことがある不具合が報告されています。

この不具合が発生した場合は、iPhone/iPadの電源をオフにしてからオンにすることで正常に認識できるようになります。

なおこの不具合は、各OSバージョン15でのみ発生することを確認しています。

2021年10月27日現在、Apple社には不具合を報告済みであり、対応を確認中です。

ご迷惑をおかけしており申し訳ございませんが、対応完了まで今しばらくお待ちください。

Performance Editor Essentialは、iPadからヤマハシンセサイザーの パフォーマンスエディットを行うCoreMIDIアプリケーションです。

エディットの中でよく使われるMEQとEffect、アルペジエーターの設定、構成するボイスの組み合わせや各ボイスの鍵域を設定でき、また、リアルタイムでEGやCutoffをコントロールするためのXY Padも装備しています。その他、Tap Tempo、Volumeの操作が可能です。

※対応機種、OSについてはApp Storeでご確認ください。

Performance Editor Essential

  • 2011年6月 発売

Performance Editor Essentialは、iPad からヤマハシンセサイザーの パフォーマンスエディットを行う無料のCoreMIDIアプリケーションです。※ MOTIF XF、MOTIF XS、MOXF、MOX、S90XS/70XS に対応

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。