FP9 Series

クイックアジャスティング カム/リンク (PAT.PEND)

ダブルチェーンドライブは、ペダルを踏み込むごとに均一にテンションがかかります。 カムをC1からC3に変更することで、踏み始めのアクションを軽くするセッティングが可能です。

ダイレクトドライブはペダル踏み込み始めが軽く、踏み込み後も打面までのストロークは一気に加速していきます。 カム/リンクをD1からD3にスライドすることで、初動のアクションに踏み応えを持たせるセッティングが可能です。

※カム/リンクの3段階スライド、また、スライドにて調整した効果を表すグラフと連動する為にあえて色をつけた写真にしておりますが、実際の製品は写真とは異なります。

ダブルチェーンドライブ (FP9C, DFP9C, DFP9CL)

「ダブルチェーンドライブ」は、自然でスムースなペダルアクションが特長です。ダブルチェーン下部のカム部分は3段階スライドにて調整することができ、お好みのカムポジションを選択頂くことでプレイヤーの奏法に最適なペダルアクションを可能とします。また、同梱されているベルトドライブに変更することで更にお好みの踏み心地をお選び頂くことができます。

ダイレクトドライブ (FP9D, DFP9D)

「ダイレクトドライブ」はフットボードとビーターをダイレクトに連結、ドラマーのフットワークがビーターに瞬時に伝わりスピード・躍動感溢れるペダルワーク、繊細なコントロールを可能とします。ダイレクトリンク部分は3段階スライドにて調整することができ、お好みのカムポジションを選択頂くことでプレイヤーの奏法に最適なペダルアクションを可能とします。

新たに設計した高精度フレーム構造 (PAT.PEND)

高精度に加工された青いパーツを、ボールベアリング挿入部分パーツとして採用。その青いパーツと平面加工処理が施されたフレームを組み合わせることで、ボールベアリングが内蔵された青色パーツが精度高く1列に配置されます。精度良く1列に配置されることでボールベアリングのガタツキを防止、ロッカーシャフトの円滑な稼動を実現。細部の精度を徹底追求し、ボールベアリングとロッカーシャフトのよりスムースな回転を可能としました。様々な奏法のフットペダルワークに正確に反応し、ドラマーの演奏を強力にサポートします。

高精度低ポジションヒール構造 (PAT.PEND)

ヒールポジションを低くする設計を採用。ヒンジ部分には高精度にて加工されたカバー(青色のパーツ)を搭載することで、 フットボードの安定性を向上。スムースなペダルワークを可能としました。

オートロックスプリングテンション調整 (PAT.PEND)

スプリングテンション調整部の設計を変更。上向きの仕様にて、ドラマーがスツールに座った状態から簡単にスプリング テンションを調整することが可能。調整ノブは90度回転ごとにロックが掛かり、演奏中の緩みを防止します。また調整部がスウィングして、より自然なスプリングの伸縮を実現します。

オリジナルビーター/専用ウェイト (U.S.PAT.9685146)

FP9オリジナルのビーターには、ビーター下部に専用のウェイトが取り付け可能。同梱されているアルミ(3g)、ブラス(9g)の専用ウェイトを取り付けることでサウンドメイク、演奏の幅が広がります。

ビーター/フットボード 独立アングル調整

フットボードとビーターのアングル調整部分を独立させた設計を採用、自由な角度でセッティング可能としました。また、 アングル確認が可能なメモリーラインにより、お好みのセッティングを何時でも簡単に再現出来ます。

ドライブ連結のボールベアリング (PAT.PEND)

フットボード先端のドライブと連結する部分に、ボールベアリングを搭載。更にスムースな演奏性を実現しました。

ヒールスパイク (U.S.PAT.9691367)

フットボードヒール部にスパイクを搭載。演奏中のズレ防止と、更なる安定性・操作性の向上を実現しました。

ボールベアリング搭載ユニバーサルジョイント (DFP9D/C/CL)

新しく設計されたユニバーサルジョイントは、稼動部分にボールベアリングを搭載。円滑に回転するベアリングを搭載する ことでサブペダルのペダルアクション、操作性が劇的に進化しました。

サブペダルアンカー (DFP9D/C/CL)

サブペダルは、フロント部分にスパイクを搭載。演奏中のズレ防止と、更なる安定性・操作性の向上を実現しました。

キャリングケース

FP9全モデルには、専用のコンパクトセミハードケースが付属しています。