DTX-MULTI12

ステージでも存在感を発揮する高品位な音色とエフェクトを内蔵

世界中から高い評価を得ているフラッグシップシンセサイザー「MOTIF series」から移植された多彩な音色に加え、ヤマハの高度な技術を駆使して新規サンプリングしたパーカッションや、即戦力のエフェクト音を合計1,277音搭載。デジタルサウンドはもちろん、DJサウンド、パーカッション、クロマティックパーカッションなどの音階楽器、民族楽器、アコースティックドラムなど幅広い音色を装備。

USB記憶装置からロードしたオーディオデータ(WAV/AIFF形式)も、音色の一部として使用可能。FLASH ROMを搭載しており、DTX-MULTI 12本体にオーディオデータやMIDIデータを保存可能。リバーブ、コーラスに加え、さまざまな音色変化を生み出すバリエーションエフェクトを1系統搭載。

幅広い音楽ジャンルのパターンを内蔵

世界中の民族音楽やROCK, HOUSEなど、様々な音楽ジャンルのMIDI演奏パターンを128種類(うちデモ3曲)搭載。パッドを叩くことでパターンをスタート/ストップ。自分の演奏を録音したパターンもパッドへ割り当て可能。パッドを叩くタイミングでパターンやクリックのテンポを決めるタップテンポ機能を搭載。

様々な奏法に応えるプレイモードや機能を搭載

パフォーマンスを忠実に表現することが可能な4つのモード

・ドラムスティックでの演奏に最適化した「スティックモード」

・手で叩く演奏を想定し、微妙な表現にも対応した「ハンドモード」

・指での極めて繊細な演奏表現を可能にした「フィンガーモード」

・別のパッドを押さえながら叩くことで、音をミュートしたり、音を切り替えたりできる「ミュート奏法」

1つのパッドに最大4つの音色を割り当てが可能。割り当てた音を同時に発音させる「スタック機能」や順番に切り替える「オルタネイト機能」を駆使して、プレイヤーのクリエイティビティを最大限発揮させます。

PCとの接続により効率的な音楽制作を実現

MIDI IN/OUTに加え、USBケーブル(別売)1本でコンピューターと接続できるUSB TO HOST端子, USB記憶媒体に演奏データ等を保存できるUSB TO DEVICE端子を装備。鍵盤の苦手な方でも直接DAWソフトにMIDIデータを入力したり、コンピューターにインストールされているソフトシンセサイザーをDTX-MULTI12を叩いて鳴らしたりと、様々な用途に対応。

Steinberg社のDAWソフト「Cubase AI (ダウンロード版)」を付属。買ったその日からDTM-MULTI12から入力したMIDIデータの音程やリズムの修正だけでなく、よりきめ細かい楽曲制作が可能。「DTX-MULTI 12 Extension」をインストールすることで本体パネル上から直接CubaseAIをコントロール可能。音楽制作の効率の飛躍的な向上を実現。

DTX-PADやRHH135で拡張可能

別売のパッドを接続できるトリガー接続端子5つとフットスイッチ、ハイハット コントローラー接続端子を各1つ装備。

ハイハットコントローラー(HH65など)とキックパッド(KP65/KP100*)を接続してコンパクトドラムとして使用できるほか、フットスイッチ(FC4)を踏んでドラムキットやフレーズパターンを切り替えたり、フットコントローラー(FC7/FC9)で音量やエフェクト値をリアルタイムにコントロールしたり、ドラムトリガー(DT20など)を接続してアコースティックドラムの演奏をトリガー信号に変換して演奏したりと、ニーズに応じてDTX-MULTI12をカスタマイズ可能。

※ハイハットコントローラー、フットスイッチ、フットコントローラー、キックパッド、ドラムトリガーは別売です。

*キックパッドKP100をご使用いただく場合は、音源モジュール側の設定を行ってください。

背面の端子につなぐだけのカンタン拡張!

DTX-PADやRHH135(ハイハットパッド)等を追加して拡張する場合の接続も、背面の端子につなぐだけなので非常に簡単です。

パッドの割り当ては自由自在!

※プリセットキット「009 Oak Custom」でのパッド割当例です。

奏法に応じた柔軟なセッティングが可能

別売りのパーカッションスタンド「PS 940」とモジュールアタッチメント「MAT1」を使用すれば、キックパッドやDTX-PADなどに接続するなど奏法に応じた柔軟なセッティングが可能です。