大人のピアニカ (P-37E)

大人の演奏で大活躍

鼓笛隊やお遊戯会のイメージが強いピアニカですが、ライブステージや、家での気分転換など大人の演奏表現を可能にします。

大人のデザイン

茶色と黒のP-37Eは、やや控えめで大人びたデザイン、赤色は鍵盤の両サイドの艶のある赤いパーツが、華やかさとインパクトを添えています。

各モデル下ケース部分は表面に程よいざらつきがあり、しっとりした質感に、あたたかみのある手触りです。鍵盤部の滑らかな触感とのコントラストも心地よく、ずっと触れていたくなる不思議な魅力があります。

また、飽きのこないシンプルな形状に加えて、大人っぽさの決め手は黒い演奏用パイプ。使い込んだら別売のものに買い替えも可能です。

異なる音色

茶色と黒のP-37E最大の特長は、まろやかな響きです。吹き込んだ息が、無駄なく「すっ」と通って音に変わる快感に加えて、低音から高音までのバランスも抜群です。特に高音部は滑らかで、角が取れて熟成したかのようにやわらかく響きます。赤色のP-37Eは全体的に華やかによく通りますが、高音部が主張し過ぎずバランスのいい仕上がりです。

音色の違いは仕様の違いによるものです。茶色・黒のP-37Eには、全音域に響きを整える吸音材を取り付け、最後に空気が出ていくところの穴の調整など、内部の構造にさまざまな技術的工夫が凝らされています。また、一音一音にしっかりと芯がありつつ、あたたかく厚みのある音色の実現には、外側の下ケース部分に採用したバイオマス由来樹脂「エコディアR」が、大きく貢献しています。ソロ演奏においても、芯がありつつもまろやかな音色が存在感を示します。

一方で赤色のP-37Eは吸音材の使用を高音部のみに使用することで、メローというよりは華やかで明るい音色が特長です。アンサンブルでも他の楽器の音に埋れることなく存在感を発揮します。

大人の持ち運びケース

大人のピアニカには、持ち運びに便利なソフトケースが付いてきます。肩からかける時も、膝に置く時も、ストラップの長さを簡単に調節することが可能です。

大人の吹き方

ピアニカは、吹けば簡単に音が鳴る楽器でありながら、豊かな音楽表現が可能な楽器です。その鍵を握るのが吹き方です。吹き方のヒントについては、今後ご紹介していきます。

また、大人のピアニカのために厳選した楽曲を掲載した楽譜を用意しました(別売*)。楽譜に付属するCDに合わせれば、ひとりで吹いても伴奏付きで楽しむこともできます。昔吹いた童謡や懐かしのメロディーにとどまらず、大人っぽい曲を大人っぽく吹いてみませんか?

ピアニカのお手入れについて

みなさんは、ピアニカの下から出てくる水滴を唾液だと思っていませんでしたか?あの水は、実は唾液ではありません。息の中に含まれる水蒸気が、楽器内部で冷やされて水になって出てきたものが大半です。内部に溜まった水滴は、水抜きボタンを押しながら勢いよく息を吹き込むことで取り除いてください。パイプや吹き口は、水洗いしたり消毒することで、清潔に保てます。ピアニカ本体は、水洗いすると水分が本体内部から抜けなくなってしまうので、内部も外部も絶対に水洗いしないでくださいね。