60th Anniversary エレクトーンプレミアムライブ in 名古屋

エレクトーン界のスーパープレイヤー4人が、エレクトーン60周年プレミアムライブとして再び集結!!ジャズ・フュージョン界屈指のプレイヤー窪田宏、圧倒的なライブパフォーマンスで絶大な人気を誇る富岡ヤスヤ、斬新な発想と音楽性で多くの人たちを魅了する鷹野雅史、本格的なジャズを中心にクオリティの高いサウンドが魅力の倉沢大樹。ソロあり、コラボレ-ションあり!歌やトークを交えたエレクトーンの演奏をたっぷりお楽しみください。

[日時]

2020年2月29日(土)16:30開場/17:30開演

[会場]

名古屋市公会堂 大ホール(愛知県名古屋市昭和区鶴舞1丁目1番3号)

[出演]

窪田宏

窪田宏
Hiroshi Kubota

北海道帯広市出身。音楽家である父親の影響で、4歳からピアノを始める。中・高校時代に熱中したRock、JAZZでオルガンに魅了され、17歳でエレクトーンを始める。1979年、作曲・演奏活動を開始。1984年「THE ELECTRIC FUTURE」(2枚組LP)でレコードデビュー。以来、国内ではポニーキャニオンより通算11枚にわたるアルバムをリリース。ビート感溢れるスリリングなナンバー、窪田独自のサウンドは、コンポーザー、アレンジャーとしても高く評価され、その作品は「モーターランド2」、「ワイド!スクランブル」等多くのTV番組テーマにもなっている。2000年9月、New YorkのJAZZレーベルTruspaceから「I'll Always Be」で全米デビュー。同年10月には、New York/Knitting Factory等でライブを行い、ソウルフルでファンキーなサウンドが好評を博す。2004年4月にアルバム「KOOL JAMMING」をリリース。2015年12月には11年ぶりのソロアルバム「Vocalize」をヤマハミュージックコミュニケーションズより発売。JAZZ FUNKを愛し、そのスリリングなステージで常に音楽シーンの先端を行くトッププレイヤーである。

富岡ヤスヤ

富岡ヤスヤ
yaSya Tomioka

世界を股にかけるエレクトーンパフォーマー。アーティストとして優れた音楽センスと、圧倒的なライブパフォーマンスで絶大な人気を誇り、アレンジャーやコンポーザーとしてもその才能を発揮している。エレクトーンとの出会いは19歳。それは、新しい音楽との出会いの瞬間だった。 今までにないアグレッシブなスタイルで、ROCK、FUNK、WORLD MUSICなどのもつBEATを次々にオリジナルなスタイルで生み出していく。ファーストシングル「yaSya◆HIDE&SEEK ~もういいかい・・・~」ではアジアの人々に向けたメッセージ色をさりげなく取り入れた楽曲で音楽の国境を越えた。1996年、黒人ゴスペルグループ"R.P.M"のリードボーカリストデビッド・ローソンと運命的な出会いを果たしセカンドシングル「I REALLY WANT TO SAY」をリリース。yaSyaの作り出すR & B SOUNDはネイティブアメリカンにも受け入れられることとなる。LIVEでは、数多くの音楽ファンの拡大に成功する。また1998年、長野冬季オリンピックでは“モーグル競技”で世界初のライブ演奏を披露すると共に、20曲以上のORIGINALMOGUL SOUNDをクリエイトする。 世界各国に“yaSya”サウンドが届けられた瞬間だった。2003年、DREAMS COME TRUEの4年に1度の大イベント"史上最強の移動遊園地" DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2003"にTOUR MEMBERとして参加し、エレクトーンをあのドリカムサウンドに見事にコラボレートさせた。

鷹野雅史

鷹野雅史
Masashi Takano

1台のエレクトーンを自身のオーケストラ(STAGEAフィル!)に見立て、指揮者さながらの圧巻のパフォーマンスで様々なジャンルの音楽を奏でる独特なスタイルは、日本国内のみならず、海外からも広く支持されている。歴訪した国は欧米、アジア・オセアニアなど32ヶ国。1988~89年、ニューヨークのマンハッタンに駐在。当時、カーネギーホール横に有ったヤマハコミニュケーションセンター(YCC)のR&Dで一流ミュージシャンとの交流を深めながら、エレクトーンを含む電子鍵盤楽器の普及啓蒙に努める。⦆演奏活動のほか、作・編曲、指揮、コンサートプロデュースも行う。教育的活動にも熱心で、現在、名古屋芸術大学芸術学部の教授。2013年春、演劇界の名門、無名塾の公演『ウィリアム・シェイクスピア』では音楽制作を担当。F.クーラウの音楽を自身の編曲とオーケストレーションを施し、STAGEAフィルが演奏した音楽が本番を支えた。CDは英国のGrosvener Record、日本のヤマハミュージックメディア(YMM)から複数枚リリース。特にSTAGEAフィルとの三作の『MAX to the MAX』シリーズ(YMM)と、2017~2018年に立て続けにリリースされた二作の『AMAZING!! STAGEA PHILHARMONY ♪』シリーズ(自己出版)は好評を博している。 楽譜もYMM より多数出版されている。

倉沢大樹

倉沢大樹
Daiju Kurasawa

栃木県宇都宮市生まれ。7歳よりピアノ、15歳よりエレクトーンをはじめる。1993年 シンガポールで開催された第30回インターナショナル・エレクトーン・フェスティバルにてグランプリを受賞。1998年 長野冬季オリンピックでは、長野市内の「セントラル・スクエア」において行われた、スキー競技など屋外競技の表彰セレモニーの際の音楽を担当。2005年 長野で行われた、スペシャルオリンピックにてテーマ曲『栄光の軌跡』製作。2007年ヤマハミュージックメディアよりCD「JAZZ IZ」をリリース。現在は、全国各地でのコンサートのほか、ヤマハミュージックメディアより作品集を出版するなど、アレンジャーとしても活躍。またジャズピアニストとしても活動している。エリックミヤシロ、大坂昌彦、桑山哲也、佐山雅弘、島田歌穂、神保彰、チカシンガー、デュークエイセス、中西俊博、HARU、東原力哉、マーサ三宅、マリーン、宮崎隆睦、向谷実、村上PONTA秀一、などと共演。

[料金]

5,000円(税込)※全席自由

[チケット取り扱い]

チケットぴあ TEL:0570-02-9999 https://t.pia.jp/ 【Pコード 166-160】

ヤマハミュージックリテイリング 名古屋店・小牧店・浜松店

中部ヤマハ特約楽器店(下記[協賛]に記載)

[主催]

株式会社ヤマハミュージックリテイリング 名古屋店

[後援]

株式会社ヤマハミュージックジャパン

[協賛]

中部ヤマハ特約楽器店(県別・50音順)

<愛知県>大森楽器株式会社/株式会社オリエント楽器/株式会社松栄楽器(名古屋支店)/真和楽器株式会社/株式会社第一楽器(植田店)/株式会社中部楽器/株式会社ツルタ楽器/日響楽器株式会社(池下店)/株式会社坂野楽器/星川楽器株式会社/株式会社マツイシ楽器店/名曲堂楽器株式会社/株式会社矢木楽器店/株式会社山本楽器/ヨモギヤ楽器株式会社

<岐阜県>有限会社オクムラ時計楽器/有限会社コサカ楽器/株式会社シノダ楽器/株式会社松栄楽器(大垣本店)/株式会社松栄堂楽器/日響楽器株式会社(岐阜支店)

<静岡県>株式会社足立楽器店/株式会社イシカワ/すみやグッディ株式会社/有限会社もちづき楽器

<三重県>株式会社第一楽器(四日市店)

[公演に関するお問い合わせ]

株式会社ヤマハミュージックリテイリング 名古屋店 https://www.yamahamusic.jp/shop/nagoya/

TEL:052-201-5194(鍵盤楽器売場)

営業時間10:30~19:00 定休日 火曜日※火曜日が祝日の場合は営業