AG DSP Controllerを使用すれば、コンプ、イコライザー、ハイパスフィルター、リバーブ、ギターアンプシミュレーターのパラメーターを自由に調整することができます。

EASYモードとEXPERTモード

EASYモードとEXPERTモード

AG DSP Controllerではシンプルで直感的なEASYモード、または詳細な調整ができるEXPERTモードを選ぶことができます。

コンプレッサー

コンプレッサー

コンプレッサーは、音を圧縮することによりダイナミックレンジ(音量の大小の幅)を狭めるエフェクトです。

GAIN

コンプレッサーの出力信号レベルを設定します。圧縮によって生じる全体的なレベルの変化を補正するために使用します。

RATIO

圧縮率を指定します。これは入力信号のレベル変化に対する出力信号のレベル変化の比率を表わしたものです。

THRESHOLD

コンプレッサーが作用する入力信号レベルを設定します。レベルがTHRESHOLDまで到達しない信号は、圧縮されません。レベルがTHRESHOLDを越えた信号は、RATIOパラメーターで指定した比率に応じて圧縮されます。

ATTACK TIME

コンプレッサーがトリガーされてから、どのくらいの時間で信号が圧縮されるかを設定します。

RELEASE TIME

トリガー信号のレベルがTHRESHOLDより下がってから、どのくらいの時間でコンプレッサーが通常のゲインに戻るかを設定します。

パラメトリックイコライザー

パラメトリックイコライザー

・イコライザーは特定の周波数域を増幅、減衰することにより音質を調整するエフェクトです。 AG DSP Controllerでは4バンドのパラメトリックイコライザーを搭載し、ゲイン(G)、周波数(F)、帯域幅(Q)を調整できます。

・HPF(ハイパスフィルター)はボーカルの息遣いなど、不要な低域の音をカットすることができます。

リバーブ

リバーブ

リバーブは、音に残響音や反射音を加えることで、空間的な深みや広がり感を出すエフェクトです。たとえば小さなホールで演奏していても、大きなホールで演奏しているような残響感を演出することができます。

ギターアンプシミュレーター

ギターアンプシミュレーター

AG DSP Controllerはモデリングテクノロジーを駆使し倍音の豊かなハイゲインチューブアンプをエミュレート。音抜けのよいリードや、シャープなバッキングに合った音づくりができます。

High/Low

アンプの出力タイプを選びます。[High]を選ぶとより高出力なアンプタイプになり、より歪み成分の多い音づくりができます。

GAIN

プリアンプ部の入力レベルを調節します。右にまわすほど歪み量が大きくなります。

MASTER

プリアンプ部の出力レベルを調節します。

TREBLE/MIDDLE/BASS

それぞれ、高音域/中音域/低音域のレベルを調節します。

PRESENCE

高音域の倍音を強調します。

OUTPUT

最終的な出力レベルを調節します

※AG03本体でのギターアンプシミュレーターのON/OFFはできません。ギターアンプシミュレーターを使用する場合は、AG DSP Controllerで操作してください。

名称 OS サイズ 最終更新日
Yamaha Steinberg USB Driver V1.10.4 for Windows 10/8.1/7 Win 6.2MB 2019-01-16
AG DSP Controller V1.2.0 Mac macOS 10.14-OS X 10.7 Mac 2MB 2016-12-14
AG DSP Controller V1.1.0.0 for Win 10/8.1/8/7(SP1) Win 10.6MB 2015-10-09