オーディオインターフェースに求められることは、それ自身色付けがなく目立たないこと。ヤマハが一貫して追求してきた原音忠実の哲学そのものです。デジタル領域でのフォーマット変換は音質が変化してはいけませんし、もちろんノイズを発生することも許されません。また、それをユーザーの知識に委ね過ぎないこと、機器間の接続で生まれる距離や不都合を解決できるような柔軟さも求められます。

Rシリーズの新しいラインナップRMio64-Dは、最大64イン64アウトのDante/MADI変換に対応したオーディオインターフェースとして、ブロードキャストからライブサウンドまで幅広い用途で目立たず、かつ柔軟であることを実現しています。

Bridging Formats with Seamless Efficiency

Sampling Rate Converter

MADI/Dante変換において、異なるデジタルオーディオフォーマットを接続する際にはワードクロックの同期が課題となります。RMio64-DではMADI入出力ともにサンプリングレートコンバーター(SRC)を搭載しているため、MADIとDante各々を異なるクロックで動作させながら接続しても、ノイズや音切れなく運用できます。

Sampling Rate Converter

Dante Redundancy for Resilient Infrastructure

Dante Redundancy

Dante Redundancy

業務用オーディオシステムにおいて絶対に回避しなければならないもの、それは「音切れ」です。RMio64-DのDanteインターフェースはPrimaryとSecondaryの二つのポートを装備しているので、ネットワーク接続を二重化してより強固なインフラを構築できます。予期せず一方のネットワークケーブルが抜けたり、ネットワークスイッチが故障しても、もう一方のネットワークが音切れなく動作し続けます。またこの2つのDanteポートはシンプルなデイジーチェーン接続に切り替えることもできます(その場合はネットワークの二重化は行えません)。

MADI Redundancy via Alternative Cable Types

MADI Redundancy

Dante接続だけでなくMADI接続も二重化が行えます。オプティカルと同軸の2種類のケーブルを接続して、優先入力の信号が途切れてももう一方の接続に自動的に切り替わります。さらに、オプティカルと同軸のどちらを優先させるかも自由に設定できます。オプティカルケーブルは、もちろん長距離伝送が可能です。

MADI Redundancy

Dual MADI Connectors Offer More than Just Conversion

MADI Split

RMio64-DはDante←→MADI変換のみに留まらず、2系統のMADI接続を用いたMADIスプリットにも対応しています。オプティカルから入力されたMADI信号をDanteに変換すると同時に、同軸側にもMADI出力する、というような使い方ができます。MADI信号をDanteへ変換しながら、同時に別のMADI機器へダイレクトに送出したい場合に便利です。

MADI Split

CL, QL and R: Tight Integration Plus Nuage Support

Yamaha Integration

Yamaha Integration

CL/QLシリーズV3.0のタッチスクリーン上で、RMio64-Dをマウントし、DanteパッチおよびSRC設定をリモートコントロールすることができます(将来のバージョンアップで対応予定)。RMio64-Dは単体としての魅力に留まりません。またNuageシステムでは、レコーディングのためのDirect Monitoring機能や、拡張System Linkを使用した高精度の同期を実現でき、さらにNuageのシステム管理ソフトウェアNuage Workgroup Managerからのリモートコントロールにも対応しています。