CP88 / CP73 Series

Sound

すべての楽器にとって最も大切な”サウンド”のクオリティ。CP88とCP73はステージピアノに必要とされる厳選のグランド、アップライト、エレクトリックのピアノ音色を搭載。ワイドレンジで表現力豊かなサウンドが多彩なジャンルへの対応を可能とします。

プレミアムグランドピアノ

3種類のプレミアムコンサートグランドピアノ(CFX、S700、ベーゼンドルファー290インペリアル)の音色を搭載。熟練の調律師によって完璧に調律されたピアノは、それぞれ丁寧にレコーディングとボイシングが施され、本物さながらのフルレンジかつダイナミックな表現と繊細なニュアンスの表現を可能としています。

【CFX】17年の熟成を経たヤマハのフラッグシップ フルコンサートグランドピアノCFX。フルオーケストラの編成内においても決して埋もれることのない、繊細できらびやかな高音域とパワフルな低音域。圧倒的なダイナミクスレンジと力強さを兼ね備えたヤマハ最高峰のピアノです。

【ベーゼンドルファー 290 インペリアル】プレミアムピアノの分野で世界最古のベーゼンドルファー。世代を超えて受け継がれる熟練の技を持つ職人によってハンドクラフトされたピアノのサウンドは暖かな低音と歌うような高音、そして豊かな響きをもった”ウィーンサウンド”と呼ばれています。 CP88とCP73に収録されているコンサートグランド290インペリアルは8オクターブの音域を備える同社のフラッグシップモデルです。9鍵分拡張された低音弦と巨大な共鳴板はワイドレンジな共鳴を生み、ベーゼンドルファーの際立って豊かな音色、輝きを放つサウンドを奏でます。

【S700】ヤマハの熟練の職人が手がけたハンドクラフトのグランドピアノS700は、アンサンブルの中でも個性を発揮するパワーと、ソロからバッキングまで繊細かつ豊かに表現できる個性を持ったピアノです。S700はポピュラーなグランドピアノボイスとして、歴代のピアノシンセサイザーS90ESやミュージックプロダクションシンセサイザーMOTIF ESにも収録されています。

【 NASHVILLE C3 : OS v1.4 】Nachville C3は世界的なミュージシャンとの関係を築くヤマハのアーティストリレーションチームとサウンドデザイナーの協力により新たに収音された個性豊かな小型グランドピアノです。このC3はアメリカ合衆国テネシー州にあるYamaha Entertainment Group Studiosで録音され、独特の雰囲気と個性を最大限活かせるよう、アナログテープで処理されています。

【 CF3 : OS v1.3 and 1.4】ヤマハのステージピアノCP300に収録されているクラシックなCF3音色は、これまで数々のプロミュージシャンを魅了してきました。その力強いサウンドは、特に海外のポップスやゴスペルミュージシャンに好まれ演奏され続けています。今回OS v1.3で追加収録されたCF3音色に加え、OS v1.4にもサウンドキャラクターの異なるCF3の音色を追加しています。

【 C7 : OS v1.1 】世界中で数々のレコーディングに使用されているC7は、ミックスの中でも埋もれない力強さと明快なサウンドが特徴のグランドピアノです。

アップライトピアノ

【U1】 世界中の様々なシーンで使用されているヤマハのアップライトピアノU1。使い込まれたピアノ本体が奏で出すヴィンテージなサウンドは、いわゆる「アップライトピアノのサウンド」として象徴的なものであり、それを必要とする音楽にとってはまさに、欠かす事ができないサウンドです。

【SU7】 ヤマハのフラッグシップアップライトピアノSU7。コンサートグランドピアノCFXと同じハンマーフェルトをもち、リッチで響き豊かなトーンを特徴としたピアノです。

エレクトリックピアノ&キーボード

エレクトリックピアノ

【Yamaha CP80】 1978年ライブバンドで使用できるエレクトリックグランドピアノとしてCP80とCP70は登場しました。CP73とCP88にはパワフルでダイナミックレンジの広いCP80サウンドが搭載されています。

【78 Rd】 レンジが広く、エフェクトのかかりが良いハイクオリティなエレクトリックピアノサウンドです。使い勝手の良いそのサウンドは様々な音楽ジャンルで使用できます。  

【75 Rd】 ダーティでファンキーなエレクトリックピアノサウンド。ノリの良さや個性を求める音楽に最適です。

【73 Rd】 ファットで暖かいビンテージサウンドはバラードや歌もののバックに最適です。

【73 RD STUDIO : OS v1.3 】バラードやジャズ、R&Bなどのコードワークにフィットするスムースで暖かみのあるエレクトリックピアノサウンド。

【74 RD STAGE : OS v1.3】演奏にアクセントがつけやすいアグレッシブなエレクトリックピアノサウンド。ソロや「食う」と表現されるようなグルーブ感のあるリズムパートに最適です。

【67 RD : OS v1.1】1967年製の通称「シルバートップ」。サンプリングに使用された個体はLAで数多のミュージシャンと共演を果たしてきた歴史的名器で、数え切れないほどのレコーディング、コンサート、TVショーで活躍してきました。その独特のトーンと熟成されたサウンドのニュアンスは、昔ながらのサウンドを完全に体現しています。サンプリングの為に完璧に調整され、収録されたこのシルバートップは、使い勝手を良くするため、オリジナルの波形を調整して、暗いトーンと明るいトーンの使い分けを可能にしています。これにより、2つの個性豊かで使い勝手の良いトーンを、さまざまな演奏状況に合わせて選択できます。

【Wr】広いダイナミックレンジを持つリードタイプのエレクトリックピアノサウンド。ヴィンテージな【Wr Warm】とモダンな【Wr Bright】の2種類を収録。

- WR WIDE【OS v1.1 】: 僅かなノイズも生み出さないリード・エレクトリックピアノサウンド。【Wr Warm】と【Wr Bright】間でバランスの取れた表現力豊かなサウンドが生まれました。

- ORGANS, CLAVI AND KEYBOARDS : オルガン(トーンホイール/トランジスター/パイプ)、Clavi、DXピアノといった定番のキーボードボイスを収録。

シンセサイザー、ストリングス etc...

その他にも色々な形態のセッションやギグに対応できる多彩な音色を収録。ウォームなパッドや豪華なストリングス、分厚いシンセベースやシンセリード、ブラスサウンド等、スプリットやレイヤー、ソロプレイなど様々な使い方が可能です。

【OS v1.4 追加ボイス】

・シンセ、アコースティックアンサンブル、ピチカートストリングス等のパッド、ストリングス系ボイス

・スフォルツァンドブラスセクション

・クラシック弦およびスチール弦タイプのギターサウンド2種

【OS v1.2 追加ボイス】

サブセクションに30個のボイスを追加

・ピアノとのレイヤー奏法に適したパッドとストリングスのボイス

・クロマチックパーカッションビブラフォン、マリンバのボイス

・ベース、シンセリード、ブラスのボイス

エフェクト

3つのボイスセクション(ピアノセクション、エレクトリックピアノセクション、サブセクション)それぞれに独立したトーンコントロールとインサーションエフェクトを搭載、すべてのセクションにかかるマスターエフェクトとしてディレイ、リバーブ、マスターEQを搭載。すべてのパラメーターをボタン、スイッチ、ロータリーノブの操作でリアルタイムに調整することが可能です。

VCM (Virtual Circuitry Modeling)エフェクト

アナログ回路をコンポーネントレベルでモデリングし、アナログ機器の飽和した音や非線形特性までも忠実に再現するVCM (Virtual Circuitry Modeling)エフェクトを搭載。

Touch

演奏のフィーリングを決定づける鍵盤タッチ。CP88、CP73は音色や調域毎に打鍵と発音の細やかなバランス調整が施され、自然で弾き心地の良い鍵盤タッチを実現しています。それぞれに搭載される鍵盤ユニットは100年以上の歴史をもつピアノメーカーとして長きにわたりピアニストの演奏を受けとめ、表現への要求に応えようと鍵盤造りの技術を高めてきた経験を基にデザインされたものです。

CP88 ピアニストの演奏に応えるグランドピアノのタッチを再現した88鍵モデル

鍵盤ユニットにはトリプルセンサー付き88鍵木製グレードハンマー3鍵盤(NW-GH3鍵盤)を搭載。グランドピアノ同様に天然木の無垢材で作られた鍵盤はピアニストが自然だと感じられる重量感とタッチを生み、低音域で重く、高音域では軽くなるハンマーアクション機構はグランドピアノ本来の機構を再現したものです。

白鍵と黒鍵にはそれぞれ多孔性のある(表面に微細な穴があり適度な摩擦と吸湿性を持つ)木製象牙調仕上げと黒檀調仕上げが施され、演奏時の心地良いグリップ感と長時間の演奏時にも安定した演奏感をもたらします。

打鍵を検知するセンサー部にはヤマハ独自の第3のセンサー「ダンパーセンサー」を鍵盤ごとに搭載。グランドピアノさながらに音切れすることない高速の同音連打を可能としています。

CP73 エレクトリックピアノのスタンダード「E-to-E」レイアウトの73鍵モデル

エレクトリックピアノの鍵域としてスタンダードな「E-to-E」73鍵レイアウトを採用した新開発のバランスドハンマーアクション鍵盤(BHS鍵盤)を搭載。均一なハンマーアクションがエレクトリックピアノはもちろんアコースティックピアノからオルガン、シンセサイザーサウンドまで、様々なスタイルの演奏に応えるなめらかな演奏感を実現。

73鍵というコンパクトな仕様は楽器を持ち運ぶアクティブなミュージシャンにとって「軽さ」「取り回しやすさ」という現実的な恩恵をもたらしつつ、多くの既存ピアノ楽曲の演奏にも対応出来る音域をカバーしています。また「E-to-E」の鍵盤レイアウトは、同じく最低音弦としてE弦を備えるギターやベースとのアンサンブル演奏に高い親和性をもたらし、セッションを行うキーボーディストが自然な表現を行うインスピレーションを得やすい環境を提供します。

Design

直感的なサウンドメイキングを可能とする操作性、ホームスタジオからステージまで様々な環境での使用を想定した拡張性、CP88とCP73はプロフェッショナルな現場のニーズに応えるデザインが施されています。

ダイレクトで直感的な操作性

直感的なサウンドのコントロールを可能とする「One-to-One」スタイルのユーザーインターフェースを装備。リハーサルからステージまで、どのようなシチュエーションにおいてもコントロールしたいパラメーターに素早くダイレクトにアクセスすることが可能です。

コネクティビティ

オンボードのMIDI/オーディオインターフェース機能を使用しホームスタジオやライブ等、ご使用のシステムに組み込むことが可能です。

CP OS

CP88/CP73はプレイヤーが必要とするサウンドや機能をOSアップデートと共に追加していきます。ご使用中のOSバージョンに関わらず、最新版OSをインストール頂くと、それまでのアップデート内容がすべて反映されます。

※アップデート時にはご自身で作成されたライブセットの内容は一旦消去されてしまう為、必ずUSBフラッシュメモリなどにバックアップを取ったうえでアップデートを実行してください。

【 NEW TO OS v1.3】

・カスタマイズ性の向上のため、マスター EQの設定をライブセットサウンドに保存できるようになりました。

・ワークフロー機能を多数の追加し、操作性が向上しました。

・[EXIT]+[TOUCH]でFixed Velocity画面に移動できるようになりました。

・オリジナル音色のライブセット登録など、便利なショートカット機能を追加しました。

【NEW TO OS v1.2】

・演奏性の向上のため、操作可能なパラメーターを追加しました。

・サブセクションのボリュームコントロールを[Modulation Leve]に割り当てることが可能になりました。

Mobility

本格的なハンマーアクション鍵盤を搭載し、過酷なツアーユースにも耐えられる堅牢性を保ちつつ、コンパクトなサイズと18.6kg(CP88)、13.1kg(CP73)というウェイトを実現。従来モデルから設計を見直す事により、格段に運搬性が高まった専用ケース(別売)と組み合わせることで、トータルパッケージとして抜群の可搬性を実現します。

ソフトケース

本体とペダル、アクセサリー類を収納可能なホイール付きソフトケース。

専用譜面台

CP88、CP73専用譜面台(YMR-04)