DTX10シリーズ 新製品


本物のドラムの美しさを放つ、DTX Drumsのフラッグシップモデル

DTX10シリーズは、電子ドラムの最高峰の機能性とアコースティックドラムの美しさを兼ね備えたフラッグシップモデルです。

著名なスタジオで収録された本物のサウンドとアンビエンス。直感的にサウンドメイクができる操作性。ドラマーの想いを引き出す打感と表現力。そしてバーチ材シェルにドラムと同じ塗装を施すことにより生まれる、本物の美しさ。

ヤマハが長年のものづくりの中で培った技術と感性により、全く新しいDTX Drumsが誕生しました。


ドラマーを突き動かす、本物のサウンド

ドラムサウンドの要である楽器自体の音、そして叩かれる場所で生まれる響きを余すことなく収録。演奏者のプレイに追従し、最大限に表現できるようチューニングしました。

DTX-PROXに内蔵のアコースティックドラムサウンドは、すべて著名なスタジオで収録された本物のサウンド。さらに、そのスタジオでのみ生まれる本物のアンビエンス成分も収録しました。

一流のヤマハアーティストによる演奏を、プロのレコーディングエンジニアが収録しミキシング。そして電子楽器開発のプロフェッショナルであるサウンドディレクターが音の立ち上がりから消え際まで贅沢に活用。サウンドを生み出す音源モジュールと、ドラマーの表現を受け止めるパッドの合わせ込みを徹底的に行うことで、演奏者のプレイに追従し、最大限に表現できるようチューニングしました。

創造力を掻き立てる直感的操作性

DTX-PROXに搭載されたKIT MODIFIERとLEDロータリーフェーダーは、ノブを回すというアクションだけで、ドラマーの創造力を無限に膨らませます。

KIT MODIFIERは、ヤマハが長年の経験で培ったサウンドメイクのノウハウをAMBIENCE、COMP、EFFECTの3つのノブに凝縮。ナチュラルなアコースティックサウンドから、エンジニアが作り込むライブサウンドまで幅広い表現が可能です。

AMBIENCEノブはドラムサウンドの響きをコントロール。アコースティックドラムキットの場合、ノブの0-50%までは収録スタジオの本物のアンビエンス成分を、51-100%では高品位のデジタルリバーブをかけていきます。

COMPとEFFECTは、ヤマハPA製品に搭載の “1 knob” コントロールの技術を応用。

COMPは音の粒を揃え、音が前面に出てくるようなコンプレッション効果を、EFFECTは、プリセットキットに最適化されたエフェクトをコントロールします。

7つのLEDロータリーフェーダーは、KICK、SNAREなどそれぞれのインストに対しパラメーターを変更可能。フェーダーセレクトノブで6つのプリセットから操作したい機能を選択し、直感的にコントロールできます。

さらに、接続した外部機器のコントロールやDAWソフトのコントロールも可能。ライブシーンや自宅でのレコーディング時に活用できます。

あなたにとって最高の打感を

DTX10シリーズには、ドラマーの好みに合わせて選べる2種類のヘッド素材を用意。自身の追い求める最適な打感で演奏が可能です。

ヤマハ独自のTCS(Textured Cellular Silicone)ヘッドは、しっかりと叩き込むことができる適度な硬さとリバウンドを生む独自の内部構造、そして横滑りを防ぐ表面加工により、ずっと叩き続けたくなる自然で気持ちの良い打感を生み出します。

スネアとタムはそれぞれ適した打感になるよう設計。叩き込んでも打面が緩むことは無く、いつでも、いつまでも最高の打感で演奏が可能です。

さらに、スネアパッドには打点検知機能を搭載。表現力の幅が広がりました。

メッシュヘッドにはREMO社製2Plyメッシュを採用。静音性、耐久性、そして打感に優れ、高い反発力による心地よい演奏感を生みます。ヘッドはアコースティックドラム同様にチューニングが可能。ドラマー自身が好みに合わせてそれぞれのパッドのテンションをカスタマイズすることができます。スネアパッドは3つのセンサーを搭載し、繊細なスティックワークにも精確に反応します。

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。