FC50

Flamenco Custom

フラメンコダンスの伴奏用として、速弾きのメロディーと歯切れの良さを必要とするリズムを刻むフラメンコギター。スペイン・アンダルシアの明るく澄みきった音色を受継ぎ、ヤマハの技術で音の立ち上がりや減衰時間を追求し、明確で歯切れのよいラスゲヤードの音を実現しました。ダンスの伴奏やソロ演奏でフラメンコ独特の情熱的な音楽を堪能できる仕上りです。

アーティスト

沖仁

2010年のスペインのコンクール国際部門で優勝した時「とてもスペイン的な演奏だった」と評価を頂いた。その時に弾いていた楽器こそがこのFC-50だ。フラメンコ性に満ちた乾いた歯切れの良い音に加えて、体の一部になったかのような弾きやすさが気に入っている。かけがえのない1本だ。
※写真は、2010年第5回ムルシア“ニーニョ・リカルド” フラメンコギター 国際コンクール演奏時

オフィシャルページ:http://jinoki.net/

関連リンク

フラメンコギターにはまだ、大きな可能性が眠っている

沖仁氏×ヤマハギター設計者 対談

FC50

希望小売価格: 850,000円(税抜)

ハードケース付

エドアルド・フェレールの指導をベースに、本場スペインのシープレス単板を採用しました。スペイン的で明るい音色と、明確な歯切れの良さで、速弾きやコード奏法を満喫いただけるギターです。※受注生産品

  • 表板はえぞ松単板
  • 裏板・側板はスペインシープレス単板
  • 表板:ラッカー塗装、裏・側板:グロス仕上げ

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。