SLB300 SILENT Bass™ 新製品

理想のサウンドをそのままステージに

2000年のSLB100の発売以来、ヤマハはユーザーのニーズに応える製品を発売し続け、「エレクトリックアップライトベース」のジャンルにおいて唯一無二のブランドを確立して参りました。 

SLB300は限りなくアコースティックベースに近づいた音質・演奏感と、サイレントベースならではの機能性で、ベーシストの活躍の場を大きく広げます。

特長解説動画

ベーシスト池田達也さんに、ヤマハサイレントベースSLB300の特長を解説いただきます。
※ヘッドフォン、モニタースピーカー等、低音の再生が可能な環境でのご視聴をお勧めいたします。

世界的なジャズベーシスト クリス・ミン・ドーキー氏がヤマハサイレントベースSLB300について語ります。

アコースティックベースとの比較

ステージでアコースティックの音色

直接出力・マイクタイプ・可搬性

SLB300で手に入れる自由

特長

楽器本体の音質・演奏感の向上

SRTパワードシステムで「胴共鳴」サウンドを実現

理想の演奏を叶える3つのマイクタイプとEQ&ブレンドコントロール

and more >

SLB300 SILENT Bass™ 新製品

希望小売価格: 341,000 円(税抜)

  • 2020年1月 発売

静粛性と可搬性を重視したセミソリッドボディ構造でありながら、『コントラバスのボディ共鳴音を高品位なマイクロフォンを使ってスタジオ録音したサウンド』をシミュレートするSRT POWERDシステムによって、自然な音と響きを実現した、全く新しいタイプのエレクトリックアップライトベースです。

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。