YTR-8335S

新設計ベル

バルブに連結する末端部位のデザインを見なおし、演奏における最適な抵抗感を実現。さらに、これまでより高音域の演奏性を格段に向上させました。

バルブケーシング、ピストンの薄肉化

バルブケーシングとピストンを薄肉化し、反応性をよりいっそう向上させました。薄肉化による抵抗感の変化をリバランスさせるため、主管からピストンに入る管の角度を変更するなどし、より快適な吹奏感を実現しました。

第1抜差

より快適な吹奏感と密度のある音色を生みだすために、第1抜差にカニ目を追加しました。

主管抜差管

適度な抵抗感を与えるために主管抜差の唾抜臼(コルクを受ける部分)を高くし、さらにウォーターキイバネの両端をカールさせることでレスポンスが向上しました。

ケース

TRC-800E