XP Series Power Amplifiers

100Wから700Wまで5種類の多彩な出力バリエーションを用意

規模や用途に応じて最適なアンプが選択できるように、100Wから700Wまで様々な出力のモデルを用意しました。また2系統のソースを独立して駆動する STEREOモード、モノラルソースを2系統で駆動するPARALLELモード、2つの内蔵アンプを1台のモノアンプとしてハイパワー駆動する BRIDGEモードの3つのモードを装備し、様々な用途に柔軟に対応します。また、鉛フリーのパーツで構成するなど、高音質・ハイパワーだけでなく、XP シリーズは環境にも配慮して設計されています。

パーツの厳選、音質重視設計、振動対策などによる卓越した音質

音質を重視したパーツの厳選や回路設計、さらにヤマハパワーアンプリファイアーの最上位モデル「PC-1Nシリーズ」の開発で培った振動防止対策の継承などにより、上位モデルに迫る卓越した高音質を実現。特に中音域の豊潤さと安定感、スピーチやボーカルにおける高い解像度に特長があります。

シリーズ全モデルが軽量・2Uサイズのコンパクト設計

XP7000とXP5000はスイッチング電源を採用し、小型ながら大出力を実現。すべてのモデルが2Uサイズに統一された画期的な小型軽量化に成功しました。軽量化はSRでの使用でも大きなメリットとなります。

設備用途に最適な豊富な端子と機能

入力部にはXLRコネクターとユーロブロックの2種類を、また出力部にはspeakON端子と5ウェイバインディングポストの2種類を用意するなど、設備用途に適した豊富な入出力端子を装備しました。XP7000は70Vライン(ステレオ)、XP3500は100Vライン(BRIDGE)にそれぞれ対応しており、多数のスピーカーを駆動できるハイインピーダンス接続に対応しています。

ヤマハ独自の最新高能率アンプ駆動技術、EEEngineを採用

ヤマハ独自の高効率アンプ駆動技術「EEEngine」により、クラスAB駆動のアンプに匹敵するクリアな高音質とクラスD駆動のアンプに匹敵する省電力を両立しました。省電力はアンプ内部の発熱量の低減にも貢献し、シャーシの小型・軽量化、信頼性の向上にも貢献しています。

アンプから離れた場所で監視・操作が行えるMONITOR/REMOTE機能

本体リアパネルにMONITOR/REMOTE端子を用意し、外部機器からの出力レベルとプロテクションのステータスのモニター、さらにミュートとスタンバイのリモート操作が行えるモニター/リモート端子を搭載しました。

多彩な保護回路、インジケータならびに可変速冷却ファン

電源投入時のミュート、出力保護、およびDC検など多彩な保護回路を搭載。各チャンネルにはSIGNALおよびCLIPインジケータを備え、さらにTEMPインジケータでヒートシンクの過熱状態を、POWER / STANDBYインジケータでユニットの電源状態を確認することができます。また、連続可変の低騒音ファンは効率的に過熱を防ぎ、高い安定性を実現しています。