ファイフ

リコーダーは、「誰が吹いても音が出る」という意味で取り組みやすく、一方では、自らの息で音色を作り、指で確かな音程を見つけなくてはならないなど奏者に表現力を要求する側面を持った楽器です。学びやすく、かつ豊かな情操や表現力が身につきやすいため、小、中学校の音楽教育現場に導入する楽器として、最も理想的なもののひとつと言えるでしょう。ヤマハでは、学校で多く使われることを前提にし、扱いやすさと木製リコーダーにも匹敵する高い音楽表現力を併せ持ったABS樹脂製リコーダーを開発しました。永年にわたる楽器作りで培ってきたノウハウを活かし、まろやかで、しかも張りのある美しい音色と演奏のしやすさを両立させました。アンサンブル演奏の際にも音がきれいに融合し、澄んだ響きが得られます。

おとうさん、おかあさん、先生がたへ
学校の授業やクラブ活動などで使用する楽器だからこそ、ヤマハは原料調達から製造にいたるまで安全・安心な商品をお届けできるようさまざまな配慮をしています。

■ 各国の安全基準に適合する安全な原料調達(2014年2月現在)

  • 日本:食品衛生法
  • 欧州:REACH(Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicals)
  • 米国:CPSIA(Consumer Product Safety Improvement Act)

■ 品質ISO認証取得の工場での製造

■ ソプラノリコーダー、アルトリコーダーのパーツ接着は、接着剤を使わず超音波溶着を使用

孔の大きさが異なる2 つのタイプ、バロック式とジャーマン式があり、F音(ハ長調のファ)の運指方法(押さえ方)が異なります

音孔のタイプ

息の吹き込み口(ウインドウェイ)の形状は、ストレートとアーチ型の2つのタイプがあり、それぞれ特長があります。

ウインドウェイのタイプ
リコーダー カタログダウンロード[PDF 2.90MB]

YRF-21

希望小売価格: 1,100 円(税抜)

大変鳴りが良く、吹きやすい横笛です。鼓笛隊の演奏などでも、音通りがよく、くっきりとした音質が特長です。

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。