PC-D / DI Series 新製品

強力なマトリクス機能とDante I/Oにより、優れた柔軟性を実現

PC-D/DIシリーズアンプの強力な20×8入力マトリクス機能とDante I/Oを組み合わせることで、あらゆるシステムの汎用性を飛躍的に向上させることができます。PC-D/DIシリーズの入力マトリクス機能は、システム全体を拡張する補助マトリックスとしてだけでなく、ミキサーやDSPを追加していないシステムにおいても他のアナログ機器やDante搭載の機器から直接音声信号を入力できるため、より柔軟なルーティングが可能となります。また、本体に搭載されたDanteの入出力は、最大96kHzの16ch入力/16ch出力の低レイテンシー音声信号をリダンダント(二重化)接続することも可能です。さらに、PC-D/DIシリーズとProVisionaire Controlなどのリモートソフトウェアを組み合わせることで、より柔軟で直感的な制御環境を構築できます。

マトリックス機能を活用した柔軟なルーティング

PC412-Dに、アナログミキサーからの音声信号に加えてデジタルミキサーからの音声信号も入力したシステム例です。入力マトリクス機能を使用して、両方を組み合わせた音声信号をスピーカー、またはその他のDanteデバイスに送出できます。

ミキサーレスシステムの構築

2つのインプットラック(Rio8-D)のDante入力からPC412-DIに直接音声信号を入力するシステム例です。入力マトリクス機能を使用して、双方を組み合わせた音声信号をスピーカーに送出できます。また、Dante出力を使用すれば、PC412-DIでEQ調整を施した音声信号を他のアンプに送ることも可能です。

高信頼性のパワーセクション

高信頼性のパワーセクション

PC-D/DIシリーズは高効率かつ高信頼性なClass-Dアンプを搭載しており、高負荷時にも卓越した精度と安定性を実現しています。また、ツアリングモデル(D)および設備モデル(DI)にはそれぞれ600Wバージョンと1200Wバージョンをラインナップし、用途に応じて最適な出力性能を選択することができます。さらにDIモデルはハイインピーダンス接続にも対応しており、多数のスピーカーをまとめて駆動するシステムも容易に構築することができます。なお、全てのモデルに取り外し可能なハンドルと交換可能なフィルターが付属しています。

豊富なプロセッシング機能

PC-D/DIシリーズアンプは高性能なスピーカープロセッサを標準搭載し、16バンドPEQ、ディレイ、ピークリミッティング、RMSリミッティング、リニアフェーズを実現するFIRフィルター**などの機能用いてスピーカーのチューニングやダイナミクス制御を正確かつ容易に行うことができます。また、Dante出力を使ってRoom EQのパラメーター設定を他のアンプに送出することができ、複数のアンプチャンネルのEQを集中的に制御することも可能です。さらに、スピーカーのプリセットライブラリーにはヤマハCZRシリーズなどに最適化されたデータが豊富に用意されているため、システムに合わせてプリセットを選択することでスピーカーをより簡単にチューニングすることができます。

豊富なプロセッシング機能

* プリセットデータの読み込みのみに対応

** 将来のファームウェアリリースで対応予定

ProVisinaire Amp Editor

Front panel

ProVisionaireシリーズ ― システムの構築から制御・管理まで ―

ProVisionaireシリーズ ― システムの構築から制御・管理まで ―

ProVisionaire Amp EditorはPC-D/DI Series専用のソフトウェアアプリケーションで、個々の設定を微調整することができます。また、単一のコントロールパネルからEQとディレイパラメータを設定したり、ボリュームを調整するためにアンプをグループ化することもできます。

PC-D/DIアンプは、ProVisionaire TouchおよびProVisionaire Controlとも互換性があり、必要に応じてカスタマイズされたリモコンを提供できます。