CL Editor

セットアップはいつでもどこでもコンソール無しで

CL Editorは、コンピューター上でCL本体(CL5、CL3、CL1。以降、CL本体)の設定をあらかじめ準備したり(オフラインエディット)、本体と接続し本体の設定を監視/操作(オンラインモニタリング/オペレーション)を行なうためのソフトウェアです。

Overview

INPUT CH 1 ~ 16、17 ~ 32、33 ~ 48、49 ~ 64 (CL5、CL3 のみ)、65 ~ 72 (CL5 のみ) のミックスパラメーターを表示/変更します。

Selected Channel

現在選択されているインプット系チャンネルまたはアウトプット系チャンネルの各種パラメーターを設定します。

Group/Link

DCAグループ、MUTEグループ、CHANNEL LINKを設定することができます。

Rack

CL Editor Rackでは新たに追加されたPremiumラックを含むエフェクト、GEQの設定をすることができます。

Library

LibraryウィンドゥではCL 本体の各種ライブラリーを編集したり、コンピューターのドライブに保存されたライブラリーのファイルを読み込み、並び順やタイトルなどを変更したり、任意のライブラリーデータをリコールしたり、任意のライブラリーデータをCL 本体のライブラリーにコピーしたりすることができます。

Scene

Sceneウィンドゥではシーンメモリーの管理や、シーンのリコール時の動作に関する各種設定をすることができます。

名称 OS サイズ 最終更新日
CL Editor V5.1.0 for Mac macOS 10.14-OS X 10.10 Mac 36.1MB 2018-12-06
CL Editor V5.1.0 for Win 10/8.1/7 Win 32.4MB 2018-12-06

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。