ProVisionaire Control

ヤマハ音響機器に幅広く対応、カスタマイズ可能なリモートコントロールソフト「ProVisionaire Control」

「ProVisionaire Control」は、MTX/MRXシリーズによるシステムのコントロールパネルを自由に設計し、遠隔制御できるソフトウェアです。Windows PCまたはタブレットの画面上でコントローラーを設計し、Windowsタブレットに流し込みコントローラーとして使用します。配置できる操作子の種類や対応する音響機器が多く、「ProVisionaire Touch」よりもさらに進んだカスタマイズが可能です。

ヤマハ音響機器に幅広く対応し一元管理​

「ProVisionaire Control」はプロセッサー MTX/MRXシリーズに加えてデジタルミキシングコンソール CL/QL/TFシリーズ、I/O Rioシリーズ、パワーアンプXMVシリーズなどヤマハ音響機器に幅広く対応しています。さらに、ProVisionaire Control Version 3.0以降を使用してNEXOパワードデジタルTDコントローラーNXAMPMK2 を制御することもできます。 ProVisionaire Controlは、これらの機器を一元管理し、1つの画面から制御することができます。

ProVisionaire Control Ver3.0

プロセッサー MTX3, MTX5-D, MRX7-D
デジタルミキシングコンソール、デジタルミキサー CL1, CL3, CL5, QL1, QL5
TF1, TF3, TF5, TF-RACK
パワーアンプリファイアー XMV4140, XMV4140-D, XMV4280, XMV4280-D, XMV8140, XMV8140-D, XMV8280, XMV8280-D
NEXO パワードデジタルTDコントローラー NXAMP4x1MK2, NXAMP4x2MK2
インターフェース EXi8, EXo8
Rio3224-D, Rio1608-D, Ri8-D, Ro8-D
Tio1608-D
スピーカーシステム VXL1B-16P,VXL1W-16P

システム例:Danteを活用したAVプレゼン/BGM配信/ページングシステム(企業・学校・ホテル宴会場など)

・館内放送と各エリアの音声制御はMRX7-Dシステムに集約し、Provisionaire Controlで一括管理

・Meeting Roomの音量はそれぞれの部屋に設置されたコントロールパネル「MCP1」で個別にコントロール

・パネルディスカッションや講義、バンド演奏など、より多くの音声入力とより細かい操作が必要な場合はデジタルミキサーを活用

シンプルで直感的な設計画面

「ProVisionaire Control」を用いて、シンプルかつ直感的にコントローラーの設計ができます。マイクのON/OFFボタンやCDプレイヤーのボリュームフェーダーなどを、ドラッグ&ドロップするだけで簡単に配置できます。設計ページが複数あるため、部屋やゾーン、ユーザーに合わせてそれぞれ最適なプリセットやパラメーターを組み合わせたコントロールパネルをデザインすることができます。

1つのプロジェクトにつき最大20台のコントローラーを配置可能です。また1台のコントローラーにつき、制御する部屋やゾーン、ユーザーに合わせて50種類の設定を保存可能です。

ProVisionaire ControlでProVisionaire Touch KIOSKをデザイン

iPadアプリケーション「ProVisionaire Touch KIOSK」のコントローラー画面はこれまで「ProVisionaire Touch」を使用してデザインされていましたが、PCソフトウェア「ProVisionaire Contorl」でデザインし、それをWi-Fi経由で直接転送することができます。コントローラーデザインの機能連携を実現することで、効率的により多くのコントローラーを作成する場合に役立ちます。※Ver3.0以降

注意:ProVisionaire Touch KIOSKは、ProVisionaire Controlで作成したファイルを開いている状態でさらにProVisionaire Touchで作成したファイルを開くと、異常終了することがあります。その場合は再度ProVisionaire Touch KIOSKを起動して必要なファイルを開いてください。

コントローラーのデザインに便利な編集機能

各ウィジェットのデフォルトの色やフォントなどのスタイルをデザイナー自身で設定できる「Master style」、MTX/MRXシリーズ搭載のSDカードプレイヤー機能と連携するウィジェットなど、ProVisionaire Controlではより便利で活用しやすいコントローラーを提供します。※Ver3.0以降

"Master Style"

ウィジェットのデザインを定義・設定し、効率的に自分のスタイルに合わせたウィジェットをデザイン。一度設定されたスタイルをファイル保存し、他のプロジェクトやPCで活用することができます。

ウィジェットリスト

Widget Ver1.0 V3.0
Recall Button
Page Control Button
Direct Set Button
On/Off Button
Inc/Dec Button New
Direct Play Button New
Play Info New
Transport New
Track List New
Slider
Dial
Value New
Meter
Indicator New
Line
Rectangle
Ellipse
Polygon
Image New

ユーザーレベルの設定

「ProVisionaire Control」からユーザーレベルを設定することができます。意図しない制御やシステムの変更などのトラブルを未然に防ぎます。

コントローラーの設計手順

Step 1: コントローラーをデザインする

Windows PCで「ProVisionaire Control」を立ち上げます。フェーダーやスイッチの役割を果たす操作子をレイアウトし、PA機器にアサインします。

Step 2: PC上で動作検証を行う

PCの画面上でコントローラーを表示し、コントローラーが機能するかどうか動作確認を行います。 確認できたらファイルをエクスポートし、Windowsタブレットの「ProVisionaire Control KIOSK」にインポートします。

Step 3: Windowsタブレット上で動作検証を行う

システムをオンラインにするとすべての対応機器がタブレットからコントロールできます。タブレットは壁に埋め込み設置をします。または調整に便利な可搬タブレットとして運用します。

操作専用アプリ「ProVisionaire Control KIOSK」

コントローラーの設計用ソフトウェア「ProVisionaire Control」に対して、「ProVisionaire Control KIOSK」はコントロール専用のアプリケーションです。Windows PCで設計した「ProVisionaire Control」データを、「ProVisionaire Control KIOSK」をインストールしたWindows タブレットに流し込みコントローラーとして使用します。「ProVisionaire Control KIOSK」からはコントローラーの設計画面に入ることができないため、意図しない制御やシステム変更のトラブルを未然に防ぎます。

EXi8

希望小売価格 : オープンプライス

MTX/MRXシリーズの入力拡張用ADコンバーター。8chのマイク・ライン信号をYDIFに変換しMTX/MRXシリーズにデジタルで送信。MTX/MRXシリーズからのヘッドアンプコントロールも可能。

EXo8

希望小売価格 : オープンプライス

MTX/MRXシリーズの出力拡張用DAコンバーター。MTX/MRXシリーズからYDIFで音声を受信し8chのアナログ信号として出力。

NXAMPmk2

最先端のDSP処理技術とClass Dアンプを採用したNXAMPMK2は、フレキシブルでパワフルかつ軽量コンパクトなパワー&コントロールソリューションを実現する次世代のパワードデジタルTDコントローラーです。様々な機能と先進のユーザーインターフェース、さらに進化を遂げたサウンドクオリティにより、NEXOシステムのポテンシャルを最大限に引き出すことが可能です。

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。