MOXFシリーズ

software

Music Production with various kinds of the bundled software

MOXFにはコンピューターを中核とした音楽制作を快適に行うための様々なソフトウェアが用意されています。
いずれのソフトウェアもYamaha/Steinbergのウェブサイトからダウンロードすることでご利用いただくことが可能です。

  • Steinberg DAW Software Cubase AI 7
  • Steinberg Virtual Analog Synthesizer Prologue
  • Yamaha Tone Wheel Organ VSTi YC-3B
  • MOXF6/MOXF8 Editor
  • MOXF6/MOXF8 Remote Editor
  • MOXF6/MOXF8 Remote Tools

Steinberg DAW Software Cubase AI 7

MOXFがバンドルするCubase AI は、Steinberg が誇る DAW (Digital Audio Workstation) ソフトウェア Cubaseのテクノロジーを凝縮したスペシャルコンパクトバージョンです。
オーディオ&MIDI レコーディング、編集、ミキシングといった音楽制作の基本機能を備えた Cubase AI を使え、あなたのアイデアを、さまざまなスタイルの楽曲に作り上げることができます。

http://japan.steinberg.net/jp/products/steinberg_yamaha_products/cubase_ai_7.html

Cubase AI 7の入手方法とアクティベーション(ライセンス認証)方法について

同梱の「CUBASE AI DOWNLOAD INFORMATION」用紙に記載URL japan.steinberg.net/getcubaseai にアクセスし、「アカウントを作成して Cubase AI 7 をダウンロード」に進んで下さい。

Steinberg Virtual Analog Synthesizer Prologue

“Prologue ”は減算方式の 音源を搭載した古典的アナロ グ シンセサイザーをモデルリングした VST インストゥルメントです。基本機能は下記のとおりです。
・マルチモード フィルター:可変スロープのローパス /ハイパス / バンドパス /ノッチ フィルター搭載
・3オシレーター搭載:オシレーターには 4種類の標準的な波形に加えて、特殊な波形を多数搭載
・FM 変調機能
・リングモジュレーション
・内蔵エフェクト

Yamaha Tone Wheel Organ VSTi YC-3B

YC-3Bは、トーンホイールオルガンを再現したVSTインストゥルメントです。CubaseシリーズをはじめとするSteinberg社製 VST3ホストアプリケーション上で使用できます。プリセットプログラムを64内蔵しており、それをもとに変更を加えたものをVSTプリセットとして保存できます。

ダウンロードはこちら

MOXF6/MOXF8 Editor

MOXF6/MOXF8エディターは、本体のボイスまたはマルチ音源(ソング/パターンモード)の設定を、コンピューター画
面を使って視覚的に確認しながら編集することができるソフトウェアです。本体のパラメーターをコンピューターからリモートで編集したり、本体内のデータをコンピューターに保存したりできます。
このMOXF6/MOXF8エディターは、Steinberg社が提唱する「VST3テクノロジー」に対応しており、Cubaseシリーズ上でVST3プラグインとして利用できます。MOXF6/MOXF8エディターは、Cubaseシリーズ上では他のソフトウェアVSTインストゥルメントと同様の操作で使えますので、編集した内容をプロジェクトファイルに保存したり、以前保存した音色を他のプロジェクトで利用したりもできます。また、本体のボイスデータを、Cubaseシリーズのメディアベイ内で扱えますので、メディアベイから本体のボイスの検索、試聴、読み込みも可能です。このように、
MOXF6/MOXF8エディターを使用することで、ソフトウェアとハードウェアが統合された環境となります。なお、MOXF6/MOXF8エディターはスタンドアローンでも動作します。

ダウンロードはこちら

MOXF6/MOXF8 Remote Editor

MOXF6/MOXF8本体用のテンプレート(コントロールテンプレート)をコンピューター上で編集/作成するためのアプリケーションです。テンプレートを使うと本体上のノブに、現在使用しているVSTインストゥルメントの操作に最適な機能を割り当てられます。
本体上では、50個のテンプレートを扱っていますがMOXF6/MOXF8リモートエディターでは50個のテンプレートを1バンクとみなし、いくつものバンクを新規に作成/編集/削除できます。また、エディター上で作ったテンプレートは50個分(1バンク分)をまとめて本体に送ったり、1バンク分をまとめて1つのファイルとしてコンピューターに保存します。

ダウンロードはこちら

MOXF6/MOXF8 Remote Tools

MOXF6/MOXF8 Remote Toolsは、「MOXF6/MOXF8リモートエディター」と「MOXF6/MOXF8 Extension」の2つのソフトウェアで構成されています。MOXF6/MOXF8リモートエディターは本体用のコントロールテンプレートをコンピューター上で編集/作成するためのソフトウェアです。MOXF6/MOXF8 Extensionは、本体をCubaseシリーズと組み合わせて使うためのソフトウェアです。MOXF6/MOXF8 Remote Toolsインストーラーにより、これら2つのソフトウェアがインストールされます

ダウンロードはこちら