CPXシリーズ

胴厚とブレイシングデザイン

ミディアムジャンボボディのCPXは、パワフルで豊かな低音と繊細な高音を備えた、モダンなトーンを演出します。ノンスキャロップドXブレーシングは、ステージ上で明確で力強いアコースティック・トーンを奏でます。

サウンドホールデザイン

CPX特有の円型サウンドホールは、低音をコントロールしながら中音域を鮮明にし、ダイナミックなサウンドを実現。

SRTシステム-CPX1200II・CPX1000

先進的なデジタル信号処理と、オーディオ、録音の技術を駆使してヤマハが開発したSRTは、スタジオクオリティのアコースティックギターサウンドを奏でることができるピックアップシステムです。高音質のビンテージマイクロフォンを使用し、一流のスタジオでプロのレコーディングエンジニアによって録音されたサウンドを、簡単に再現することができます。

SRTは、ギターとマイクの間の微妙な空気感、ヴィンテージマイクの特性など、ギター本体以外の要素を忠実に再現し、上質なアコースティックギターサウンドを作り出します。また、音作りの基礎としてそれぞれのモデルごとの音色を使用しているため、そのモデル本来のキャラクターを活かした、大変リアルなサウンドをラインアウトします。

A.R.T.ピックアップシステム-CPX700II

A.R.T.(Acoustic Resonance Transducer)ピックアップシステムは、異なる素材からなる6層構造のコンタクトピックアップ。 ブリッジ付近の表板裏面に取り付けられ、表板やボディ内部を含めたボディ全体の鳴りを拾いあげ、自然なアコースティックギターの鳴りを忠実に再現します。

ピエゾ・ピックアップシステム-CPX600

独自開発の各弦独立エレメント方式によりそれぞれの音を明確に拾うことができます。一般的なアンダーサドル型ピエゾピックアップに比べ、より高い精度とレスポンスに優れたピックアップです。