R Series (AD/DA)

ライブサウンドシステム:シンプルに、かつ自由度の高いDanteシステム

ライブサウンドシステム:シンプルに、かつ自由度の高いDanteシステム

Danteを採用した『Rシリーズ』はCLシリーズと組み合わせられることはもちろん、NEXO NXDT104を装着したNXAMPとも接続することが可能です。CLシリーズからRioシリーズ及びNXAMPのディスカバリーとパッチが直接行えます。Dante Controllerは必要ありません。

『Rio3224-D』はステージサイドで入出力を担当、『Ri8-D』はモバイルの入力用ラックとしてステージやコンソールのそばで使用できます。ホールや劇場にあるアンプルームには『Ro8-D』を配置し、パワーアンプへ音声を渡します。

96kHzシステム:PM5Dと組み合わせることで、96kHzシステムも構築可能

96kHzシステム:PM5Dと組み合わせることで、96kHzシステムも構築可能

『Rシリーズ』をPM5DやDME64Nと組み合わせることで、96kHzシステムが構築できます。『Rシリーズ』への入力信号はPM5Dでミックスされ、その信号はDME64Nでプロセシングされた後、再び『Rシリーズ』に戻ります。

このような複雑なルーティングもDanteならではのシンプルな物理配線とDante Controllerからのパッチ操作で行えます。

* PM5DとDME64NにはAudinate社の「Dante-MY16-AUD」の装着が必要です。

* PM5Dから『Rシリーズ』のHAをコントロールするために、Dante Controllerでの設定が必要です。