R Series (MADI) I/O Rack

すばらしく目立たず、すばらしく柔軟であること

オーディオインターフェースに求められることは、それ自身色付けがなく目立たないこと。ヤマハが一貫して追求してきた原音忠実の哲学そのものです。デジタル領域でのフォーマット変換は音質が変化してはいけませんし、もちろんノイズを発生することも許されません。

また、それをユーザーの知識に委ね過ぎないこと、機器間の接続で生まれる距離や不都合を解決できるような柔軟さも求められます。

Rシリーズの新しいラインナップRMio64-Dは、最大64イン64アウトのDante/MADI変換に対応したオーディオインターフェースとして、ブロードキャストからライブサウンドまで幅広い用途で目立たず、かつ柔軟であることを実現しています。

RMio64-D

希望小売価格:オープンプライス

放送やライブSRなど幅広い用途で活用できるDante/MADI変換のためのSRC内蔵I/Oラック。

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。