MONTAGE

MONTAGE OS v2.5

Sound

NEW PERFORMANCES

  • MONTAGE OS V2.5にはMOTIF XFで使用された512種類のパフォーマンスが新たにMONTAGE用のパフォーマンスとして再収録されました。クラシックなMOTIF XFのパフォーマンスが最新のDSPおよびモーションコントロールによってアップデートされ、MONTAGEのピュア アナログサーキットから出力される、その新たなリアリズムとクオリティをご体感ください。

Control

DAW REMOTE

Cubase, Logic Pro, Pro Tools そしてLive用のハードウェアコントローラーとして使用できるようになりました。

Remoteモードにすると各種コントロールフェーダーやノブ、パネルボタンをDAWのコントローラーとして使用可能に。またMONTAGE Connect (VST/AU Plug-In) と連携させる事でお使いのDAW環境下でMONTAGEパフォーマンスの保存とリコールが可能となります。

Montage Connectと各DAWプラットフォーム毎のプロジェクトテンプレートは以下からダウンロードいただけます。

1. Steinberg Cubase

MONTAGE ConnectはCubase用のプロジェクトテンプレートを標準搭載しており、MONTAGE Connectをインストールするだけでご使用いただけます。

詳しく見る

2. Apple Logic Pro

MONTAGE ConnectはLogic用のプロジェクトテンプレートを標準搭載しており、MONTAGE Connectをインストールするだけでご使用いただけます。

詳しく見る

3. Ableton Live

Ableton Live用のプロジェクトテンプレートはこちらからダウンロードいただけます。

詳しく見る

4. Avid Pro Tools

Avid Pro Tools用のプロジェクトテンプレートはこちらからダウンロードいただけます。

詳しく見る

Workflow

  • Arp Rec(アルペジオレック): ソングの録音モード(Play/Rec)でMIDI録音するときにアルペジオを録音するかどうかを選択する機能を追加しました。本機能をONにすると鍵盤を弾いたままの演奏情報では無く、アルペジエーターが奏でるアルペジオ(ノートやベロシティ)を録音する事ができます。

  • Waveform Key Assign: ウェーブフォームとしてwavやaiffファイルをロードする際、キーの設定ができるようになりました。 また、エディット時にCenter Note(元の波形データと同じ高さで再生されるキー)の設定ができるようになりました。

  • Assignable Knob Shortcut: パートのパラメーターにアサイナブルノブをアサインする際、エディット画面表示中に[PART COMMON]を押しながらノブ操作を行うだけでアサインするノブを選択する事ができるようになりました。

  • Panel Lock: 演奏中にタッチパネル誤操作を防ぐ為、パネルロック機能を追加しました。

MONTAGE Firmware V2.5ダウンロード

MONTAGE V2.5 Demo

MONTAGE Firmware V2.0 Features

Sound

新パフォーマンスの追加

  • 99種の新たなパフォーマンスを追加。
    使用しているパート数を最小限に留め、複数のパフォーマンスを組み合わせるサウンドメイキングやDAWでの使用に適したパフォーマンスとなっています。

データ読み込み 互換性の向上

  • MOTIF XF、MOTIF XS、MOXFのパフォーマンスデータの読み込みに対応。MONTAGEならではのパワフルで解像度の高いサウンドをご体感ください。

Control

オーバービュー画面の操作性向上

  • パフォーマンスプレイ(ホーム)画面から瞬時にスーパーノブのセッティング画面を呼び出す事ができるショートカットを追加しました。

コントロールアサイン画面の操作性向上

  • [CONTROL ASSIGN]ボタンを押したときに表示されるダイアログで、スーパーノブ、モーションシーケンサーレーン、エンベロープフォロワーを選択できるようにしました。 

Workflow

ソング数の追加

  • プレイ/レックのMIDI画面で録音できるソング数を64個から128個に拡張。

起動時のライブセット指定の追加

  • 起動時に選択されるライブセットスロットの設定が可能になりました。

ユーザーオーディションの追加

  • [AUDITION]ボタンを押した時に流れるオーディションフレーズを作成できるようにしました。

各種画面での操作性の向上

  • スーパーノブの設定を簡易化するため、一部画面に機能を追加しました。

  • エディット中の画面遷移を改善しました。

  • ライブセットフォントサイズの設定がカテゴリーサーチ画面のカテゴリー名にも反映されるようにしました。

  • エンベロープフォロワー画面にコントロールアサイン画面へのショートカットを追加しました。

  • オーバービュー画面の表示中、コントロールアサイン画面で設定できるコントローラーを操作したときに結線が強調表示されるようにしました。

  • プレイ/レック画面にテンポセッティング画面へのショートカットを追加しました。

  • ライブセット画面でバンクを変更した場合にもカレントスロットを記憶するようにしました。

GLOBAL TEMPO

  • パフォーマンスを切り替えたときに現在のテンポをキープするかどうかを設定できるようにしました。

MONTAGE Firmware V2.0ダウンロード


MONTAGE Firmware V1.6 Features

Sound

  • 【新エフェクトタイプの追加】

    ピッチが無限に上昇または下降し続けるように感じさせる特殊なフィルターエフェクト"Spiralizer"を追加。

    【新パフォーマンスの追加】

    新搭載のSpiralizerエフェクトをフィーチャーした新たなパフォーマンスを8種類追加。 それぞれがAWM2音源、FM-X音源そしてMotion Controlのアドバンテージを最大限に引き出したユニークなパフォーマンスとなっています。

Control

  • 【スーパーノブ ショートカットの追加】

    パフォーマンスプレイ(ホーム)画面から瞬時にスーパーノブのセッティング画面を呼び出す事ができるショートカットを追加しました。

Workflow

  • 【スーパーノブ ディスプレイフィルター(Super Knob Display Filter)】

    コモン/オーディオ(Common/Audio)エディット、およびパートエディット(Edit)画面の「ディスプレイフィルター」にスーパーノブが設定できるようになりました。また、全パート共通のアサイナブルノブによってコントロールされるパート側のパラメーターも本画面で確認できるようになりました。

MONTAGE V1.6 Demo

MONTAGE Firmware V1.5 Features

Sound

  • Motion Control Synthesis Engineの可能性をさらに引き出したパフォーマンス音色を追加しました。
  • Rotaryエフェクトの追加とそれにあわせたオルガン系パフォーマンス音色を追加しました。
  • 新たなComp3種とPresenceエフェクトを追加しました
  • ユーザーインターフェースの追加とアップデートを行いました
  • View機能によりEditに入らずに各パートのレイヤー/スプリットの状況だけでなく、FMのアルゴリズム、アウトプットレベルといった詳細な情報までを視覚的に確認しながら変更可能に。

Control

  • Super KnobとAssignable Knobの連携の自由度をさらに高めるSuper Knob Link設定を追加
  • DAW連携を高めるコントロールチェンジによるScene切替やUSBオーディオボリューム調整を追加
  • Libraryやユーザーファイルを含むバックアップファイルの保存が可能になりました。

Workflow

  • Favorite機能で膨大な音色管理をより快適に。
  • レイヤー/スプリットといったパートの設定を保持したまま音色の入替が可能になり、パートカテゴリーサーチがより便利に。
  • Live Setの視認性を向上しました。
  • Edit中のPartをワンタッチで切り替えられるPart Listを装備。