SHS-500 新製品

すぐ「楽しい」がいい!楽器が弾けないあなたもすぐに楽しめるショルキー SHS-500 登場!

まったく鍵盤楽器が弾けなくても、あなたの「弾きたい!」を一瞬で叶えるのがsonogenic 『SHS-500』。デザインもスタイリッシュなショルキーだから、アクティブな演奏を楽しんだり、充実のスペックで音楽制作も可能。エンターテインメント性に優れた新しいタイプの楽器です。

sonogenic ショルダーキーボード 「SHS-500」 機能紹介

鍵盤未経験でもお気に入りの曲とすぐにセッションできる「JAM機能」を搭載

SHS-500を弾くのに、特別な練習は必要ありません。無料アプリ「Chord Tracker」*をダウンロードしたスマートデバイスと楽器を接続し、曲に合わせて鍵盤を押さえるだけで、すぐにお気に入りの曲とセッションを楽しむことができます。

*iOSのみ対応。2019年6月Android版をリリース予定。

パフォーマンス性の高いショルキー

シンプル&モダンなデザインに加え、ショルキーだから、歌いながら、踊りながら等、思いのままのパフォーマンスが可能です。1.5kgの超軽量ボディに加え、電池駆動にも対応。お好きな場所で、お好きな時に演奏が楽しめます。

さまざまな音楽に対応。充実のスペックを装備

シンセサイザーからドラムまで、さまざまな音楽を演奏するのに適した30音色を搭載。

また、鍵盤の奥の方で弾いても細やかな強弱まで表現可能なHQ(High Quality)Mini鍵盤を装備。コンパクトなサイズながら優れた演奏性を実現しています。

ライブ感あふれるコントロールが可能

SHS-500にはギターのチョーキング奏法のように音程を変化させるピッチベンドホイールや、音にビブラートをかけるモジュレーションホイール、フィルターやリバーブなど多彩なエフェクトをコントロールできるノブを搭載。表情豊かで本格的な演奏を楽しむことができます。また、モジュレーションホイールにエフェクトコントロールを割り当てることもできます。

充実の接続端子

MIDIを介して他の機器を制御するためのMIDI(ミニDIN)端子があり、シンセサイザーなどの外部デジタル機器と接続が可能。また、USB経由で双方向オーディオとMIDIデータの送受信も可能。MIDIキーボードとしても音楽制作にも活用できる充実の装備です。

SHS-500は「楽しい!」をスグに実感できる!

SHS-500 新製品

オープン価格

  • 2019年3月 発売

ショルキー 「SHS-500」は、鍵盤楽器を演奏したことがない方でもすぐに楽しさを実感できるコンパクトな楽器です。 無料アプリ「Chord Tracker」と連動させて使用する「JAM機能」を使うと、スマートデバイスに保存している楽曲のコード進行にマッチする音が自動的に鍵盤に割り当てられ、お気に入りの曲と自由にセッションを楽しむことが出来ます。

  • 30音色
  • 同時発音数48音
  • 割り当て可能なリアルタイムコントロールノブ、ピッチベンドホイール、モジュレーションホイール
  • USBオーディオ&MIDIインターフェース
  • ワイヤレスBluetooth MIDI接続

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。