NUAGE

Nuageを選ぶ5つの理由

ユーザーオペレーションとスタジオ運用の利便性を徹底追及

単なるDAW+コントローラーではありません

Nuageが到達したのは「DAWとそのコントローラー」ではなく、全ての要素が完全に一体となったプロダクションシステムです。 スタインバーグソフトウェアとヤマハハードウェアが究極の連携を行うことで、従来に無い優れた操作性と編集スピードを生み出しました。目の前に広がる拡張コンソールビューや豊富なビジュアルフィードバックが、作業効率と生産性の劇的な向上を実現します。

必要なユニットを必要な数だけ

Nuageのコントロールサーフェスは16チャンネルのフェーダー・ノブを搭載した「Nuage Fader」と、トランスポート・編集・モニターを司る「Nuage Master」によって構成されます。それぞれのユニットは単体でも使用できますが、一システムにつき、Nuage Faderを最大で3台まで拡張することもでき、スタジオの規模や用途に応じたシステムを構築することが可能です。更にUNIT LINKボタン一つで簡単にユニット同士の連携を切り離すことができ、ツーマンオペレーションにも即座に対応します。

マルチDAW対応

Nuage Faderから最大3台までのDAWを同時に切り替えてコントロールすることができる為、たとえば大規模なプロジェクトにおいて、ダイアログ、効果音、BGMなどの素材を個別に作成して、最終ミックス時にまとめて作業したり、2台のDAWを編集・ミックス用とマスターレコーダー用とで使い分けたりするなど、ユースケースの可能性は広がっています。

システム導入・運用コストをかしこく軽減

Nuageシステムでは、音声信号処理を汎用のコンピュータ内で行います。これにより、高価な専用DSPカードを必要とせず、作業の負荷に応じた最適なスペックのシステムを低コストで構築することができ、また将来のシステムアップデートもユーザーにとって必要なタイミングで自由に行う事ができます。もちろん、システムの安定性を確保する為、推奨コンピュータについては厳しい条件下でのベンチマークテストを行っています。更に、システムの周辺機器においても、各社協力のもと、優れたパフォーマンスとコストメリットを同時に実現しました。

Danteオーディオネットワーク

Nuageではシステム設計の自由度、将来の拡張性を踏まえて、オーディオのインフラにDanteネットワークを採用しています。これにより、Dante搭載オーディオインターフェースユニット「Rシリーズ(Rio3224-D他)」を介してライブ用デジタルミキサー「CLシリーズ」と入力音声を共有したり、Dante/MADIコンバーター「RMio64-D」を利用して、MADIフォーマットを採用している外部機器にも音声を受け渡ししたりするなど、シンプルでスマートなシステムを構築できます。