USER'S VOICE 家族編 ― 音は、人生の味方になる DISCOVER TRUE SOUND

リビングが笑顔に包まれるサウンドバー「YAS-109」
「家族、夏のはじまり編」のご家族にその使い心地を教えてもらいました。

今回撮影させていただいたのはイラストレーターと出張花屋等を営むご夫妻。
自宅兼アトリエとして生活する家の所々にこだわりが詰まっていました。

実際に使用してみて

何よりも音の広がりにびっくりしました。
普段見ているテレビ内蔵のスピーカーでも、正直不便だなんて思ったことはなかったんですけど、サウンドバー YAS-109を繋いだ時の音の違いには驚きましたね。
SF映画やスポーツの試合を観るときなんか、特にその違いを感じます。これまで聞こえていなかった音域までしっかりと響いてきて、なんだか部屋が映画館みたいに一気に広くなったような感覚でした。これには、主人も子どもも大盛り上がりです。

サウンドバーと生活の変化

あと、これまでオーディオコンポからCDでかけていた音楽も、Bluetooth接続することでスマートフォンから簡単に操作できるようになりました。家事をしている時も常にリビングにお気に入りの音楽が流せるので、いつもと同じ日常もなんだか特別感が増したような気持ちになりますね。
それから、料理中や手が離せないときには、Alexaの音声アシスタント機能で声の操作もできるのが便利です。音楽のボリュームを調整したり、音楽のジャンルを変えたり、あとは今日の天気を聞いてみたり。最初は正直あまり使用しないかな、とも思っていたんですけど、リモコンや本体で操作をする手間がなくなることの便利さは体験して初めて分かりましたね。最近は子どもが私や主人の真似をしてAlexaに話しかけている姿を見るのも面白いです(笑)

サウンドバーと私たちのこれから

今はまだ子どもたちが小さいけれど、どんどん大きくなって、日中は学校、夕方はお友達と遊びに行ったりと、少しずつ家族みんなでの一緒にいる時間も短くなっていくじゃないですか。それでも息子が、「今日学校で習った曲!聴いて!」とか「お母さん、この音楽知ってる?」って教えてくれたり、例えそれぞれの時間が変わってもサウンドバーがあることで、家族がリビングに集まる時間が少しでも増えるといいなって思います。サウンドバーで豊かな音を聴きながら、これからも家族みんなですくすくと成長していけたら嬉しいです。

私たち夫婦の人生の味方Song

  • ・ハンバートハンバート / おなじ話
  • ・細野晴臣 / 三時の子守唄
  • ・cero / Summer Soul

今回ご紹介した製品はこちら

サウンドバー YAS-109

リビングが笑顔になる、
使いやすさがさらに進化し、
ワンボディに魅力が詰まったサウンドバー。

PRODUCT INFO COLUMN

BACK TO TOPトップページに戻る