イベント・スポーツカラオケ大会編

場所:公民館や宴会場などの屋内

一般的なカラオケボックスやカラオケスナックには、音響機器が設置されていますが、公民館やホールなどを貸し切ってのカラオケ大会ともなれば、PAシステムが必要になります。歌声をきれいに響かせるために、カラオケではエコー(エフェクト)も重要です。エコーを内蔵しているミキサーなら接続や設置が簡単です。

システム例

PAシステムでは、音をまとめる「ミキサー」、音を増幅する「パワーアンプ」と「スピーカー」の3つの機器を組み合わせるのが基本です。近年では運搬のしやすさや接続の簡略化を考えて、パワーアンプを内蔵する「パワードミキサー」や「パワードスピーカー」も多く使われるようになりました。

ここでは「パワードスピーカー」の例をご紹介します。他の組み合わせでもマイクや音楽プレーヤーとの接続に違いはありません。

入力

マイク:デュエット用として2本用意します。また自由に動けるようにワイヤレスマイクがオススメです。ワイヤレスマイクのレシーバー(受信機)とミキサーをバランス(XLR)ケーブルで接続します。

カラオケ用:プレーヤーとミキサーをオーディオ(RCA)ケーブルで接続します。スマートフォンやポータブルプレーヤーなどに多いステレオミニジャック出力の場合には、ステレオミニジャックからRCAピンジャックの変換ケーブルを用意しましょう。

出力

ミキサーとパワードスピーカーをバランス(XLR)ケーブルで接続します。

エフェクトの種類

ここで紹介しているMG12XUには、24種類のエフェクトが内蔵されています。

カラオケにはずばり「KARAOKE(カラオケ)」がおすすめですが、その他にもボーカルに最適な「VOCAL ECHO」やホールで歌っているようなリッチな響きの「REV HALL」などが用意されています。お好みに合わせて選んでみましょう。

ミキサー「MG12XU」

直感的で使いやすいインターフェースを備えたMGシリーズは、6チャンネルから20チャンネルまでの豊富なラインナップを揃え、さまざまなユーザーのニーズや用途に対応しています。

more information

パワードスピーカー「DXR12mkII」

DXR mkIIシリーズは明瞭かつ高品位なサウンドクオリティでクラス最高のパフォーマンスを発揮するパワードスピーカーです。

最新のパワーアンプとコンポーネント、そして高性能DSPとの組み合わせにより、固定設備でも仮設SRでもあらゆるシーンに対応しています。

more information

バランスケーブル「YBC10(10m)」

キャノン(XLR)端子のバランスケーブルです。

more information

パワードスピーカー(モニター用)「DXR12mkII」

お気に入りの曲をしっかりと歌い上げるには、カラオケの音や自分の歌声がきちんと聴こえなくてはなりませんが、スピーカーの位置によってはうまく聴こえないことがあります。そのようなときに便利なのがモニター用のスピーカーです。必要に応じて追加しましょう。

DXR mkIIシリーズはスタンド設置用のポールソケットに加え、フロアモニター設置時に最適な約50°の仰角を備えています。

さらにDXR12mkII、DXR15mkIIは左右対称の設計により、ボーカリストのフロアモニターやキーボード演奏者のステレオモニターに求められる「ミラーモード」設置が可能です。

more information

ワイヤレスマイク「LINE6 XD-V55」

マイクをワイヤレスにすることが可能です。

マイクをワイヤレスシステムにすることでケーブルを気にすることなく自由に動き回れるので、おすすめです。

※マイクを複数使用する場合は同数のレシーバーが必要になります。

more information

スピーカー/マイクスタンド「K&M」

マイクスタンドにはスタンダードなブームタイプのほか、ストレートタイプ、低い位置にセットするショートタイプがあります。

※スピーカースタンドをお使いの際には、商品リンクの注意事項をよくお読みください。

more information