バンド・ライブ小規模

アコースティック楽器を中心としたカフェや教室などの小規模なステージです。ここでは例として、アコースティックギターとキーボード、そしてボーカルという編成のステージを考えてみましょう。

システム例

PAに必要な機器がセットになったオールインワンPAシステム「STAGEPAS 600BT」。軽量コンパクトですが、ハイパワーで高音質です。スピーカーケーブルも付属しているので、楽器やマイクをミキサーと接続するだけで、すぐに音を出すことができます。

また、Bluetooth機能を搭載し、スマートフォンやパソコンをワイヤレスで簡単に接続できるので、BGMやカラオケ再生などにも活躍します。

入力

ボーカル:マイクとミキサーをバランス(XLR)ケーブルで接続します。

アコースティックギター:楽器用マイクとミキサーをバランス(XLR)ケーブルで接続します。※ピックアップのついたエレアコの場合は楽器用ケーブル(フォーン端子)でミキサーに直接接続します。

電子鍵盤楽器(電子ピアノ、シンセサイザー、キーボード):電子鍵盤楽器とミキサーを楽器用ケーブル(フォーン端子)で接続します。

出力

STAGEPASのミキサーからスピーカーへ付属のスピーカーケーブル(6m)×2で接続します。

その他の楽器接続

この規模の場合、エレキギターやベースは、それぞれアンプを用意して、音を鳴らした方が、その楽器らしい音になります。

パーカッション、アコーディオン、木管楽器などは、事前にバンドで演奏してみて、音量が小さい場合は、マイクを使用して音量を大きくしましょう。

ポータブルPAシステム「STAGEPAS 600BT」

コンパクトかつセットアップが簡単なポータブルPAシステムSTAGEPASシリーズ。

軽量なスピーカー背面には、ミキサーやケーブル類もコンパクトに収納可能なため持ち運びも簡単で小規模なバンドセッションに最適です。

more information

ワイヤレスマイク「LINE6 XD-V55」

ボーカル用のマイクをワイヤレスにすることが可能です。

ボーカル用のマイクをワイヤレスシステムにすることでケーブルを気にすることなく自由に動き回れるので、おすすめです。

※マイクを複数使用する場合は同数のレシーバーが必要になります。

more information

スピーカー/マイクスタンド「K&M」

マイクスタンドにはスタンダードなブームタイプのほか、ストレートタイプ、低い位置にセットするショートタイプがあります。

※スピーカースタンドをお使いの際には、商品リンクの注意事項をよくお読みください。

more information

スピーカーケーブル「YSC10PP(10m)」「YSC20PP(20m)」

TSフォーン端子のスピーカーケーブルです。

STAGEPASには6mのスピーカーケーブルが付属していますが、より長いオプションのケーブルが用意されています。

more information