<< ピアニストコラムTOP

リード希亜奈の「マンマ・ミーア日記!~in 南イタリア~」

カルロヴィドゥッソ国際ピアノコンクール第2位、第3回高松国際ピアノコンクール第5位など様々なコンクールでの活躍で注目を集めるリード希亜奈が、単身イタリア留学を決意!
何もかもが初めての、刺激的なイタリアでの留学生活の様子をお届けします。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex 続きを読む

pianist リード希亜奈

pianist リード希亜奈
1995年滋賀県生まれ。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部ピアノ科を首席で卒業。在学中にアリアドネ・ムジカ賞受賞。卒業時に大賀典雄賞、アカンサス音楽賞、安宅賞、同声会賞を受賞。
第15回アントニオアントニオ・ナポリターノ国際ピアノコンクール第3位。第14回カルロ・ヴィドゥッソ国際ピアノコンクール第2位。第3回高松国際ピアノコンクール第5位。 2012年にはザルツブルク音楽祭公式プログラムにて演奏するなど、日本国内はもとよりオーストリア、イタリア、韓国、台湾等でコンサートに出演するほか、山下一史、藤岡幸夫、梅田俊明、高関健、田中一嘉の各氏指揮のもと、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団、高松交響楽団と共演。
伴奏や室内楽にも積極的に取り組んでおり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C」、CHANEL Pygmalion Days等に共演者として出演。
2015年度ヤマハ音楽奨学生。
これまでに、ピアノを故汐巻公子、甲斐環、野山真希、 岡原慎也、黒田亜樹、有森博の各氏に、ソルフェージュを故藤花優子氏に、室内楽を江口玲、河野文昭、伊藤恵、川本嘉子の各氏に師事。
今秋よりイタリアに渡りさらに研修を積む予定。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.11Buon Pasqua!

2018.04.03更新

 皆さまハッピーイースター!

 4月1日はイースター(イタリアではパスクアと言います)でしたね!
日本だとこの時期はイースターというよりエイプリルフール感が強い印象ですが笑、イタリアではとても大切な祝日です。

スーパーも前々からすっかりイースターモード。親御さん達が真剣な眼差しでチョコレートを選んでいました。

 私の自宅周りは割と年配の方が多く住んでいるので、パスクアはお孫さんやご家族がたくさん遊びに来ていらっしゃって、朝からとっても賑やかでした(^^)
  教会の鐘もいつも以上に美しく、華やかに鳴り響いていました。


 特に予定無しの私でしたが笑、クリスマスに引き続き、またまたマエストロのご家族とご一緒させて頂いて手料理をいただきました。優しい...(T_T)
 お食事中は携帯よりもお喋りするわよ!というスタンスの優しいおばあちゃんですので写真はほとんど無いのですが...少しでもご紹介出来たらと思います。

 パスクアの昼食は伝統的なお料理をコースで頂きます。
最初のお料理だけ動画の切り取りではあるのですが、写真があります(`・ω・´)

見切れてしまっておりすみません

 卵、サラミ、オレンジ、オリーブ、リコッタチーズです。おばあちゃんが、動物のものと果物や野菜などの植物性食品と、必ず両方食べるのよ!と言っていました。
 続いてチコリアという緑色の野菜をブイヨンで煮込んだスープです。チコリアは、イタリアに来てから始めて食べた野菜だと思います。それでもどこか馴染みのある味だったりして、美味しいんです。日本のもので例えられるものが見つけられないのですが、春菊...?とはいえそこまで香りは強くなくて。。難しい(笑) イタリアではよく食べられる野菜なので、いらっしゃった際は是非食べてみてください(^^)

 そしてメインは仔羊!
 イタリアでのパスクア、メインディッシュには仔羊を頂きます。
柔らか~く煮込んであって、本当に美味しかった。
 デザートもおばあちゃんの手作りトルタ(タルト)!シンプルなお味でこれまた凄く美味しかったです、、
 パスクアにはコロンバという鳩の形をしたケーキもよく食べられるそうなのですが、今回はお目にかかれませんでした。また来年、探してみたいと思います!



 と、これらの食事をお喋りも楽しみながら、お酒とともに時間をかけてゆっくりといただきました。

 イースター、国や地域ごとにまだまだ様々な過ごし方があるんだろうな。興味深いです...!
 また一つイタリアの文化を垣間見ることが出来、本当に素敵な時間でした(^^)

おばあちゃん宅のテラスから(バルレッタです)。

自宅前の通り

 突然の雨で洗濯物がやられたけど、ま、いっか!^_^;

 洗い直してきます笑
 チャオチャオ!

  • << 前の記事
  • >> 次の記事
  • 最新の記事

執筆者 Profile

pianist リード希亜奈

pianist リード希亜奈
1995年滋賀県生まれ。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部ピアノ科を首席で卒業。在学中にアリアドネ・ムジカ賞受賞。卒業時に大賀典雄賞、アカンサス音楽賞、安宅賞、同声会賞を受賞。
第15回アントニオアントニオ・ナポリターノ国際ピアノコンクール第3位。第14回カルロ・ヴィドゥッソ国際ピアノコンクール第2位。第3回高松国際ピアノコンクール第5位。 2012年にはザルツブルク音楽祭公式プログラムにて演奏するなど、日本国内はもとよりオーストリア、イタリア、韓国、台湾等でコンサートに出演するほか、山下一史、藤岡幸夫、梅田俊明、高関健、田中一嘉の各氏指揮のもと、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団、高松交響楽団と共演。
伴奏や室内楽にも積極的に取り組んでおり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C」、CHANEL Pygmalion Days等に共演者として出演。
2015年度ヤマハ音楽奨学生。
これまでに、ピアノを故汐巻公子、甲斐環、野山真希、 岡原慎也、黒田亜樹、有森博の各氏に、ソルフェージュを故藤花優子氏に、室内楽を江口玲、河野文昭、伊藤恵、川本嘉子の各氏に師事。
今秋よりイタリアに渡りさらに研修を積む予定。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。