<< ピアニストコラムTOP

リード希亜奈の「マンマ・ミーア日記!~in 南イタリア~」

カルロヴィドゥッソ国際ピアノコンクール第2位、第3回高松国際ピアノコンクール第5位など様々なコンクールでの活躍で注目を集めるリード希亜奈が、単身イタリア留学を決意!
何もかもが初めての、刺激的なイタリアでの留学生活の様子をお届けします。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex
続きを読む

pianist リード希亜奈

pianist リード希亜奈
1995年滋賀県生まれ。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部ピアノ科を首席で卒業。在学中にアリアドネ・ムジカ賞受賞。卒業時に大賀典雄賞、アカンサス音楽賞、安宅賞、同声会賞を受賞。
第15回アントニオアントニオ・ナポリターノ国際ピアノコンクール第3位。第14回カルロ・ヴィドゥッソ国際ピアノコンクール第2位。第3回高松国際ピアノコンクール第5位。 2012年にはザルツブルク音楽祭公式プログラムにて演奏するなど、日本国内はもとよりオーストリア、イタリア、韓国、台湾等でコンサートに出演するほか、山下一史、藤岡幸夫、梅田俊明、高関健、田中一嘉の各氏指揮のもと、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団、高松交響楽団と共演。
伴奏や室内楽にも積極的に取り組んでおり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C」、CHANEL Pygmalion Days等に共演者として出演。
2015年度ヤマハ音楽奨学生。
これまでに、ピアノを故汐巻公子、甲斐環、野山真希、 岡原慎也、黒田亜樹、有森博の各氏に、ソルフェージュを故藤花優子氏に、室内楽を江口玲、河野文昭、伊藤恵、川本嘉子の各氏に師事。
今秋よりイタリアに渡りさらに研修を積む予定。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.14一時帰国とペスカーラ

2018.06.28更新

 皆さまこんにちは!
 先日の大阪北部を震源とする地震、皆さまご無事でしたか?被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。実家は何とか大丈夫でした。余震も、減ってきてはいるものの続いており不安ですね。改めて日頃から危機意識をしっかり持ち備えたいと思います。


 たびたび更新が滞ってしまい申し訳ありません。
 先月末に一時帰国し、日本からの更新です!
 毎日暑いですね...梅雨真っ只中で天気も不安定だし。でもずっと苦手だったこのむんむんした気候も、今年は少しホッと、安堵を感じている自分がいます。不思議です。帰ってきた感...?笑

 まずは6月9日の山野楽器さんでのコンサートにお越しくださいました皆様、ありがとうございました!久しぶりに東京で弾かせて頂いたこともあり嬉しい再会も多数でした。初本番だったプロコフィエフの7番ソナタはまた7月に大阪でも演奏するのでまたさらに深めていきたいと思います。その後も少しずつ本番がありながら、最近はアニメ「ユーリ!!! on ICE」の音楽イベント「ユーリ!!! on CONCERT」大阪公演のリハーサルをしています。オーケストラの皆さまやバンドの皆さまをはじめ、共演させて頂く方々が本当に豪華で、素晴らしくて。いつも刺激を頂きまくっております。演奏もそうですが音楽に対するスタンスからも勉強になることは多いですね。クラシックがお好きな方もPopsがお好きな方も、はたまたアニメあんまり知らないワ!という方もジャンル問わず楽しんで頂けるコンサートですので、是非お越しくださいませ^ ^


さて、今日は私が在籍するペスカーラ音楽院のある街、ペスカーラの写真を少し。 

祝日でいつもより人は少なかったものの、海水浴客で賑わっていました(賑わいが伝わらない写真でごめんなさい)

とにかく暑い..

灼熱の太陽にはジェラートで対抗!するのがイタリアスタイル。 ボリューミーだけれど2€というお手頃価格でありがたや〜

ジェラートの後にハンバーガーで腹ごしらえ。順序はともかく、海が綺麗だったのでこれを外で食したらいよいよ頭がクラクラ

必死に水分補給をしながらバスを待つも一向に来ず音楽院まで30分弱歩く。...あそっか、今日祝日なんだった泣

音楽院に辿り着き、レッスンの時間まで聴講!いつも1階にあるこちらのホールでレッスンが行われます。時より分からない単語を辞書で引きながら先生のレッスンを見ている時間、勉強になりすぎて幸せ、、盗むのに必死!

頭痛も少し引いてきて、駅までまた歩く。バスが来ないイタリアの祝日に悲しみながらも顔をあげると綺麗な夕焼け。もうすぐだ。

帰りの電車。きっと私はこのお婆ちゃんと同じ気持ち!

 何だか些細なレッスン日記になってしまいましたが。笑
 ペスカーラもバルレッタと同じくアドリア海沿いで、やはり魚介類は絶品!私の大好きな街のひとつです。真っ青で広大な海も本当に綺麗で、夏のバカンスにはぴったり、人気の港町です^ ^

次回はすっかり虜になったイタリア北部の街、Genovaについて書こうかなと思います。


それでは皆さま、熱中症にはくれぐれもお気をつけくださいね汗
チャオチャオ!

  • << 前の記事
  • >> 次の記事
  • 最新の記事

コラムIndex

執筆者 Profile

pianist リード希亜奈

pianist リード希亜奈
1995年滋賀県生まれ。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部ピアノ科を首席で卒業。在学中にアリアドネ・ムジカ賞受賞。卒業時に大賀典雄賞、アカンサス音楽賞、安宅賞、同声会賞を受賞。
第15回アントニオアントニオ・ナポリターノ国際ピアノコンクール第3位。第14回カルロ・ヴィドゥッソ国際ピアノコンクール第2位。第3回高松国際ピアノコンクール第5位。 2012年にはザルツブルク音楽祭公式プログラムにて演奏するなど、日本国内はもとよりオーストリア、イタリア、韓国、台湾等でコンサートに出演するほか、山下一史、藤岡幸夫、梅田俊明、高関健、田中一嘉の各氏指揮のもと、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団、高松交響楽団と共演。
伴奏や室内楽にも積極的に取り組んでおり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C」、CHANEL Pygmalion Days等に共演者として出演。
2015年度ヤマハ音楽奨学生。
これまでに、ピアノを故汐巻公子、甲斐環、野山真希、 岡原慎也、黒田亜樹、有森博の各氏に、ソルフェージュを故藤花優子氏に、室内楽を江口玲、河野文昭、伊藤恵、川本嘉子の各氏に師事。
今秋よりイタリアに渡りさらに研修を積む予定。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。