<< ピアニストコラムTOP

リード希亜奈の「マンマ・ミーア日記!~in 南イタリア~」

カルロヴィドゥッソ国際ピアノコンクール第2位、第3回高松国際ピアノコンクール第5位など様々なコンクールでの活躍で注目を集めるリード希亜奈が、単身イタリア留学を決意!
何もかもが初めての、刺激的なイタリアでの留学生活の様子をお届けします。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex 続きを読む

pianist リード希亜奈

pianist リード希亜奈
1995年滋賀県生まれ。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部ピアノ科を首席で卒業。在学中にアリアドネ・ムジカ賞受賞。卒業時に大賀典雄賞、アカンサス音楽賞、安宅賞、同声会賞を受賞。
第15回アントニオアントニオ・ナポリターノ国際ピアノコンクール第3位。第14回カルロ・ヴィドゥッソ国際ピアノコンクール第2位。第3回高松国際ピアノコンクール第5位。 2012年にはザルツブルク音楽祭公式プログラムにて演奏するなど、日本国内はもとよりオーストリア、イタリア、韓国、台湾等でコンサートに出演するほか、山下一史、藤岡幸夫、梅田俊明、高関健、田中一嘉の各氏指揮のもと、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団、高松交響楽団と共演。
伴奏や室内楽にも積極的に取り組んでおり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C」、CHANEL Pygmalion Days等に共演者として出演。
2015年度ヤマハ音楽奨学生。
これまでに、ピアノを故汐巻公子、甲斐環、野山真希、 岡原慎也、黒田亜樹、有森博の各氏に、ソルフェージュを故藤花優子氏に、室内楽を江口玲、河野文昭、伊藤恵、川本嘉子の各氏に師事。
今秋よりイタリアに渡りさらに研修を積む予定。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.5大幅な遅延とともにお届け致します、、

2017.12.04更新

 皆様こんにちは。
 前回の記事で、次回に続きます!と、乞うご期待感をだしておきながら更新がルーズになってしまい本当に申し訳ありません。。

 ミラノ滞在記パート2を更新する前に今またイタリアに来ました汗 南イタリアはバルレッタという街にいます。そして明日からは6日間、ちょっとした本番でドイツに行って参ります。
 更新が遅れてしまった分、これからはコンスタントに書いていきます(>_<)!


 さて、10月半ばから11月下旬の1ヶ月ちょっとの日本滞在では有難いことに本番とリハーサルに埋もれた日々を過ごしておりました。もふもふ。(謎)
 まずは先々月になりますが(マンマミーア涙)、19日の三菱地所賞のリサイタルにお越しくださいました皆様、誠にありがとうございました!もろもろ決まって行くのがギリギリで直前の告知となってしまいましたが思っていた以上にたくさんの方にお聴き頂くことが出来嬉しかったです。リサイタル数日前にございました三菱地所賞表彰式では公開のディスカッションも行われ、音楽部門と美術部門で受賞された皆様の興味深いお話を聞くことが出来、自分も少し話し、、( ̄∀ ̄)本当に面白い経験でした。

ディスカッションの前に音楽部門の受賞者の皆さんと、トークショー風に。笑

 自分もゼロから何かを生み出すということをたくさんやっていきたいです。


 11月頭には、滋賀県次世代文化賞を受賞させて頂けることが発表され、7日には滋賀県文化賞贈呈式がありました。滋賀は素晴らしい琵琶湖ホールがあったりラフォルジュルネ等の音楽イベントも開催されているのですが、芸術としての音楽はまだまだ浸透率が低いと感じています。今回受賞したことで、自分自身、音楽のみならず文化面において何らかの形で貢献していける人材になりたいと、新たに明確な目標が出来た期間でした。滋賀でももっとたくさん演奏していけるよう頑張ります。

 そして11日にはサン=サーンスピアノ協奏曲5番を大浦智弘先生指揮、栃木フィルハーモニー交響楽団さんと演奏させて頂きました。サン=サーンスってピアニストにとっては知っていても演奏経験としては比較的馴染みの少ない作曲家ですよね。私はVnの作品に触れたことはあるのですが、ピアノ曲を演奏するのは初めてでした。正直お話を頂いていなければ自分は弾いていなかったかもしれない作品だったのですが、触れていくうちにとても魅力を感じるようになって。最初は独特やなぁ、、が強かったのですが。笑

 あ、そうそう!2楽章に、どうしても"エジプトの空にサンタがやってきた"のサウンドに聞こえてしまう部分があって。笑 2楽章をお聴きになる際は是非、ちょっと頭の隅っこに思い出して頂けると嬉しいです笑 (共感してくださった場合は是非教えてください笑) 

指揮の大浦先生と

改めていろいろな国を旅することで感性が刺激されることって魅力的だと思ったし、私も旅がしたいワと思いました。(旅って大変だけど、家にいるのも好きだけど、)やっぱり人生旅だワ!旅!!

、、ということで少し長くなってしまったので、11月後半のコンサートのことを次回に持ち越させてくださいm(__)m
 ミラノのこともバルレッタのこともドイツのことも必ず書きます、必ずや!



 南イタリアですら寒い寒い言っているのにこれからドイツだなんて、どうしましょう。。と少しめげていますが笑、友人に会えるのを楽しみに乗り越えたいと思います!皆様もどうかご自愛ください!

  • << 前の記事
  • >> 次の記事
  • 最新の記事

執筆者 Profile

pianist リード希亜奈

pianist リード希亜奈
1995年滋賀県生まれ。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部ピアノ科を首席で卒業。在学中にアリアドネ・ムジカ賞受賞。卒業時に大賀典雄賞、アカンサス音楽賞、安宅賞、同声会賞を受賞。
第15回アントニオアントニオ・ナポリターノ国際ピアノコンクール第3位。第14回カルロ・ヴィドゥッソ国際ピアノコンクール第2位。第3回高松国際ピアノコンクール第5位。 2012年にはザルツブルク音楽祭公式プログラムにて演奏するなど、日本国内はもとよりオーストリア、イタリア、韓国、台湾等でコンサートに出演するほか、山下一史、藤岡幸夫、梅田俊明、高関健、田中一嘉の各氏指揮のもと、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団、高松交響楽団と共演。
伴奏や室内楽にも積極的に取り組んでおり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C」、CHANEL Pygmalion Days等に共演者として出演。
2015年度ヤマハ音楽奨学生。
これまでに、ピアノを故汐巻公子、甲斐環、野山真希、 岡原慎也、黒田亜樹、有森博の各氏に、ソルフェージュを故藤花優子氏に、室内楽を江口玲、河野文昭、伊藤恵、川本嘉子の各氏に師事。
今秋よりイタリアに渡りさらに研修を積む予定。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。