<< ピアニストコラムTOP

リード希亜奈の「マンマ・ミーア日記!~in 南イタリア~」

カルロヴィドゥッソ国際ピアノコンクール第2位、第3回高松国際ピアノコンクール第5位など様々なコンクールでの活躍で注目を集めるリード希亜奈が、単身イタリア留学を決意!
何もかもが初めての、刺激的なイタリアでの留学生活の様子をお届けします。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex 続きを読む

pianist リード希亜奈

pianist リード希亜奈
1995年滋賀県生まれ。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部ピアノ科を首席で卒業。在学中にアリアドネ・ムジカ賞受賞。卒業時に大賀典雄賞、アカンサス音楽賞、安宅賞、同声会賞を受賞。
第15回アントニオアントニオ・ナポリターノ国際ピアノコンクール第3位。第14回カルロ・ヴィドゥッソ国際ピアノコンクール第2位。第3回高松国際ピアノコンクール第5位。 2012年にはザルツブルク音楽祭公式プログラムにて演奏するなど、日本国内はもとよりオーストリア、イタリア、韓国、台湾等でコンサートに出演するほか、山下一史、藤岡幸夫、梅田俊明、高関健、田中一嘉の各氏指揮のもと、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団、高松交響楽団と共演。
伴奏や室内楽にも積極的に取り組んでおり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C」、CHANEL Pygmalion Days等に共演者として出演。
2015年度ヤマハ音楽奨学生。
これまでに、ピアノを故汐巻公子、甲斐環、野山真希、 岡原慎也、黒田亜樹、有森博の各氏に、ソルフェージュを故藤花優子氏に、室内楽を江口玲、河野文昭、伊藤恵、川本嘉子の各氏に師事。
今秋よりイタリアに渡りさらに研修を積む予定。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.12天気が良い日は外に出よう

2018.04.22更新

 皆さまこの写真を見てどのようなイメージを持たれますか?(歩きながらバシャッと撮ったので乱雑ですみません)

 これはバルレッタなのですが、個人的にはちょっとイタリアっぽくないというか。。ドイツ語圏の程よい田舎感、ちょこっと北欧の田舎感?はたまたパリ郊外にこんな通りありそう?感、といった感じです。バルレッタって、最近つくづくいろいろな表情を持つ街だなぁと実感しています。写真のような通りもあれば、ヤシの木に海といったハワイやアメリカ西海岸を連想させるような開放的な雰囲気もあって。

 ちょっと足を伸ばせば劇的に景色や町並みが変わるのって、バルレッタ周辺のプーリャ州含め、1つの特徴なのかもしれません。まだまだ南イタリアの様々な景色に出会いたいです!

土日祝日、そして天気の良い日は街に人が溢れます

 先日人生で恐らく初めて3日間一歩も外に出ないという事態が発生したのですが、そうしたら向かいの通りに住むアンジェラおばちゃんがバルコニーの下から私を呼び出して、”キアナ!ずっと外出ないで何してるの!いい加減出てきなさい!散歩しなさい散歩!!” と叱られました(笑)

 近所のおばちゃん達、私の生活は全てお見通しであります。

家を出て20秒程歩くと真っ青な空と
バルレッタ城が出迎えてくれます

 バルレッタ城、実はまだ中に入ったことが無いんですよね。。凄く気になっているのに一人で入る勇気が、、とか言ってないで行かなきゃ!

 というのも、日本でも海外でも基本的には全然一人でどこでも行くんです。行くんですけれど、イタリアは(南の方がよりその傾向強い気がします)例えばそもそも一人でご飯を食べに行くということを聞いたことも見たこともないんですよね。友達は、”一人ではご飯行かないね。” と言っていました笑 それ故観光に関しても少々怖気付いている。そういう理由です。

 いや、行きます絶対。笑

をかし。自宅近くですが、本当に歴史ある町並みです。

マエストロと生徒さんと娘さんと、皆でBari方面に
出発した直後に突如車が故障してしまい立ち往生。
だったのですが、こんなにも美しい夕日に出会えたのでオウケイ。
車で10分も走ればLevel 5の田舎にも出会えます。笑

バルレッタは夜になると街中がオレンジのライトで統一されます

 こちらは22時半頃の写真で、駅近くは人通りがぐっと少なくなるのですが、ちょっと歩けばレストランやBar、ディスコは完全に、”盛り上がるのはこれからよ!!” です。笑

 と、今回は写真とともに少しバルレッタをご紹介してみました。


 あ、そういえば!

 前回イースターの際に食べられなかったと言っていたコロンバですが、投稿の直後にマエストロの娘さんが買ってきてくれて、食べることが出来ました。

鳩をかたどっています

 今回食べたコロンバは個人的にクリスマスの際に食べるパネットーネとほとんど同じだと感じました。どちらもパン菓子なので似ていて当たり前なのですが笑 ただ、コロンバに関しても本当に様々なレシピがあるので、毎年楽しみにいろいろな種類に挑戦出来たらと思います。美味しかった!

 バルレッタは少しあたたかくなってきたものの、夜はまだ冷え込みます。日本もあたたかそうですが、まだまだ温度差のある日々かと思いますので、どうか御自愛ください(^^)

 また食べ物のことなども少し触れることが出来たらと思っています!


 それでは良い1日を!

  • << 前の記事
  • >> 次の記事
  • 最新の記事

執筆者 Profile

pianist リード希亜奈

pianist リード希亜奈
1995年滋賀県生まれ。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部ピアノ科を首席で卒業。在学中にアリアドネ・ムジカ賞受賞。卒業時に大賀典雄賞、アカンサス音楽賞、安宅賞、同声会賞を受賞。
第15回アントニオアントニオ・ナポリターノ国際ピアノコンクール第3位。第14回カルロ・ヴィドゥッソ国際ピアノコンクール第2位。第3回高松国際ピアノコンクール第5位。 2012年にはザルツブルク音楽祭公式プログラムにて演奏するなど、日本国内はもとよりオーストリア、イタリア、韓国、台湾等でコンサートに出演するほか、山下一史、藤岡幸夫、梅田俊明、高関健、田中一嘉の各氏指揮のもと、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団、高松交響楽団と共演。
伴奏や室内楽にも積極的に取り組んでおり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C」、CHANEL Pygmalion Days等に共演者として出演。
2015年度ヤマハ音楽奨学生。
これまでに、ピアノを故汐巻公子、甲斐環、野山真希、 岡原慎也、黒田亜樹、有森博の各氏に、ソルフェージュを故藤花優子氏に、室内楽を江口玲、河野文昭、伊藤恵、川本嘉子の各氏に師事。
今秋よりイタリアに渡りさらに研修を積む予定。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。