<< ピアニストコラムTOP

リード希亜奈の「マンマ・ミーア日記!~in 南イタリア~」

カルロヴィドゥッソ国際ピアノコンクール第2位、第3回高松国際ピアノコンクール第5位など様々なコンクールでの活躍で注目を集めるリード希亜奈が、単身イタリア留学を決意!
何もかもが初めての、刺激的なイタリアでの留学生活の様子をお届けします。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex
続きを読む

pianist リード希亜奈

pianist リード希亜奈
1995年滋賀県生まれ。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部ピアノ科を首席で卒業。在学中にアリアドネ・ムジカ賞受賞。卒業時に大賀典雄賞、アカンサス音楽賞、安宅賞、同声会賞を受賞。
第15回アントニオアントニオ・ナポリターノ国際ピアノコンクール第3位。第14回カルロ・ヴィドゥッソ国際ピアノコンクール第2位。第3回高松国際ピアノコンクール第5位。 2012年にはザルツブルク音楽祭公式プログラムにて演奏するなど、日本国内はもとよりオーストリア、イタリア、韓国、台湾等でコンサートに出演するほか、山下一史、藤岡幸夫、梅田俊明、高関健、田中一嘉の各氏指揮のもと、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団、高松交響楽団と共演。
伴奏や室内楽にも積極的に取り組んでおり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C」、CHANEL Pygmalion Days等に共演者として出演。
2015年度ヤマハ音楽奨学生。
これまでに、ピアノを故汐巻公子、甲斐環、野山真希、 岡原慎也、黒田亜樹、有森博の各氏に、ソルフェージュを故藤花優子氏に、室内楽を江口玲、河野文昭、伊藤恵、川本嘉子の各氏に師事。
今秋よりイタリアに渡りさらに研修を積む予定。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.16香港3日間の旅

2018.08.21更新

 皆さまこんにちは!

 8月15日、73回目の終戦の日を迎えた日本でしたが、一方でイタリアは祝日でした。その名もFerragosto(フェッラゴスト)。日本語だと聖母被昇天祭というそうです。この祝日のこと、2日前くらいまで知らなかった私はたまたまイタリア人の方から15日は祝日だからお店が全部閉まるよ〜と教えていただきました。
 重要度で例えると夏場のナターレ(クリスマス)、くらい大切なんだそうです。そして祝日だと聞いてふとよぎったのが...


 そうです、ストライキでございます、、

 予想は悲しくもビンゴでした。
 イタリアのストライキは事前に予告されるのですが、15日は航空関係(がストライキ)だと。。
普段は家にこもりがちの私が何故ストライキを気にしたかというと、15日は日本人の友人が、初めて!初めて友人という存在が、バルレッタに遊びに来てくれる予定だったのです(笑)そんなのめったにないことですので、私にとっては大事なイベント。
 結果電車は動いておりましたが、飛行機は2時間遅れての到着でした。申し訳ない...
けれど、遅れてでも着けてよかった...と思わざるを得ないイタリアですが、他の国はどうなんだろう、、泣笑
 このストライキ、講習会や観光等でイタリアにいらっしゃる際は念のため是非事前にご確認されていた方が良いかと思います!
 日本語でも検索できます^ ^ 

さてさて、香港でのリサイタルは無事に終了しました。

 香港は、
 エレベーターが爆速である
 (ボーっとしていると大惨事になる)
 歩いていると上から水滴が降ってくる
 (ボーっとしていると室外機の水をあびる)
 中心部や観光地の人口密度が凄い
 (よってボーっとは歩けない)


 イタリアにいる時とはまた違う意味で神経が冴えた3日間でした。
 しかし香港はさすが観光地とあって電車がシンプル、色分けもされておりとにかく分かりやすい!時間も素晴らしく正確で、天国のようでした。治安も良かったです(南イタリアよ、聞いてる...?)。

看板の密度、香港ぽい!と感じる単純な自分

金魚がとにかく大量に売られている金魚街。広東語の"金魚"の発音が"お金が余る"という発音と同じであるということから縁起が良いとされているんだそうです。

こう見ると本当に都会ですよね。中心部です

香港と言えば夜景!カメラを持って行かなかったので上手く撮れませんでしたが、リサイタル終了後に...実際の方が何倍も輝いていました。ちなみに今回は行けなかったのですが、ヴィクトリアピークというところから見るとさらに素晴らしい景色だそうです。100万ドルの夜景、また見に行きたい!

地元の方しかいない地元の方のための地元感漂うお店にて

席を常にいっぱいにするため隙間さえあれば案内する相席スタイル!メニューの名前は忘れてしまいましたが凄く美味しかった、、ちらっと厨房を見るとタバコを加えながらサクサク作る料理人が目に入ったけれど、私は何も見てない見てない...笑 凄いボリュームでしたが日本円で350円くらいでした。安い!

 香港は以前訪れた台湾ともまた違う、中国ともきっと違う、日本とも違うけれどかといってそれぞれに類似点もあり、はたまた欧米の雰囲気が漂うところもあり、、そんな、”香港らしさ”のようなものを何となく掴んだような気がします。

最後に香港が誇る歴史的大スター、ブルース・リー様W(`0`)W

 とても充実した香港滞在となりました!





P.S.

先日ジェノヴァで大変な事故がありましたね、、

本当に美しくて文化的で多様性があって大好きな街。少しでも早く安全と安心が戻りますように。

  • << 前の記事
  • >> 次の記事
  • 最新の記事

コラムIndex

執筆者 Profile

pianist リード希亜奈

pianist リード希亜奈
1995年滋賀県生まれ。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部ピアノ科を首席で卒業。在学中にアリアドネ・ムジカ賞受賞。卒業時に大賀典雄賞、アカンサス音楽賞、安宅賞、同声会賞を受賞。
第15回アントニオアントニオ・ナポリターノ国際ピアノコンクール第3位。第14回カルロ・ヴィドゥッソ国際ピアノコンクール第2位。第3回高松国際ピアノコンクール第5位。 2012年にはザルツブルク音楽祭公式プログラムにて演奏するなど、日本国内はもとよりオーストリア、イタリア、韓国、台湾等でコンサートに出演するほか、山下一史、藤岡幸夫、梅田俊明、高関健、田中一嘉の各氏指揮のもと、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団、高松交響楽団と共演。
伴奏や室内楽にも積極的に取り組んでおり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C」、CHANEL Pygmalion Days等に共演者として出演。
2015年度ヤマハ音楽奨学生。
これまでに、ピアノを故汐巻公子、甲斐環、野山真希、 岡原慎也、黒田亜樹、有森博の各氏に、ソルフェージュを故藤花優子氏に、室内楽を江口玲、河野文昭、伊藤恵、川本嘉子の各氏に師事。
今秋よりイタリアに渡りさらに研修を積む予定。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。