<< ピアニストコラムTOP

梅村知世の「ベルリン便り ~色とりどりの日々~」

第34回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など輝かしい成績を収めた梅村知世が、さらなる研鑽を積むために留学中のドイツから日々の出来事やピアノへの想いなどを書き綴ります。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex
続きを読む

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.22Neue Ära(新しい時代)

2019.05.08更新

 新しい元号「令和」が始まりましたね。厳しい寒さの後に美しく咲く梅の花を詠んだ万葉集が由来となった「令和」。梅の花が取り上げられた事に、私は何だかとても嬉しく感じます。新時代が平和で実り豊かで笑顔が溢れる時になりますように…。

日本の三大庭園の一つ。岡山に有る後楽園の梅の花です!

 先日のクララ生誕200年記念のシューマンチクルス Vol.1が無事に終演致しました。お越し下さいましたお客様、この公演に向けて一緒に音楽を作り上げてくれた石原悠企さ、そして支えて下さったヤマハのスタッフの皆様、本当に感謝しております。

温かな音色のCFXでのシューマンは更に音楽の可能性が広がり、とても至福の時間でした。

 滅多に一度に聞く事も弾く機会も無いプログラム(!)でしたが、いざ演奏してみると本当にあっという間のひと時でした。クララのロマンスは面白いことに感想は様々でした。1曲目がワーグナーのような和声の響きも感じらた、切ない響きが良かった…2曲目が朴訥でかつウィットに富んでて面白かった…3曲目が華やかで女性らしい…など、お気に入りの曲は見事にばらばらでしたが、このように注目していただけて私もとても嬉しかったです!
 またシューマンの晩年の2曲のソナタも2曲を同時に勉強して見えてくる部分も有りました。混沌とした世界の中に見える一瞬の天国やファンタジーを、石原さんとのアンサンブルの中でお楽しみいただけていたら幸いです。いつかは第3番も…演奏できる日が有りますように!

「梅村知世 シューマン チクルス Vol.1」レポートはこちら

ヤマハのスタッフの皆様と。本当にお世話になりました!

一週間後に行なわれた豊田での公演も無事に終演致しました。こちらもありがとうございました。

 さてベルリンに帰り早速第2回目に向けて新たにリハーサルが始まっております。次回はバリトン歌手の深瀬廉さんとの演奏です。シューマンのリートの音楽観、またハイネの詩の世界を表現できるよう準備を頑張っていきたいと思います。こちらでもクララの歌曲を取り上げます。触ったら壊れてしまいそうな繊細で美しい作品…是非お聞きいただけたらと思います。次回は8月3日(日)14時開演です!!

 ドイツは一瞬夏のような季節になりましたがまた肌寒くなかなか冬のコートが手放せないです。そんな中ですが、この季節がやってきました~。

白アスパラ!!マルクトで買ってきた物はやはり美味しいです。

リゾット付きです。6月中旬まであと何回食べられるかしら!?

 食も楽しみつつ(笑)…過ごしております。では、また次回に!

梅村知世 シューマン チクルス Vol.2
2019年8月3日(土)14:00開演
ヤマハ銀座コンサートサロン

クリックでPDFを拡大する

  • << 前の記事
  • 最新の記事

コラムIndex

執筆者 Profile

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

梅村知世オフィシャルサイト