<< ピアニストコラムTOP

梅村知世の「ベルリン便り ~色とりどりの日々~」

第34回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など輝かしい成績を収めた梅村知世が、さらなる研鑽を積むために留学中のドイツから日々の出来事やピアノへの想いなどを書き綴ります。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex
続きを読む

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.25Sommer mit Lieder (歌と過ごした夏)

2019.08.23更新

 皆様、暑い夏いかがお過ごしでしょうか?私は今1ヶ月の日本の滞在を終えてベルリンに一瞬帰ってきております。シューマンチクルスVol.2を中心に多くの演奏の機会をいただき、充実の日本の滞在を無事に終える事ができました。お越し下さった方々、お世話になった方本当にありがとうございました!

 今年生誕200周年のクララ・シューマンとロベルトの作品を紹介するシューマンチクルスVol.2のテーマは歌曲でした。リーダークライス作品24、詩人の恋、そしてクララの6つの歌曲をお届けしたコンサートは大盛況の中終演しました。

バリトン歌手の深瀬廉さん、素晴らしい歌をありがとうございました。

 アンコールはクララのワルツ、そしてロベルトのミルテの花より第1曲・献呈でした。

お世話になりましたYAMAHAのスタッフの皆様と。

 次回のシューマンチクルスのテーマはピアノトリオです。第1回目に出演して下さった石原悠企さんとチェリストの佐藤晴真さんと一緒に演奏致します。またまたまた凄いプログラムになりそうな予感!是非ご期待下さい。

 実はこの夏は3つの違う歌のリサイタルプログラムを演奏させていただいていました。1つはシューマンチクルスでしたが、その他に岡山の大先輩でビーレフェルトの劇場で歌われているバスバリトン歌手の木村善明さんと演奏する機会をいただきました。1つはドイツ歌曲やワーグナーのアリアなど、もう1つはオール日本歌曲でした。こんなに沢山の数えきれないほどの曲をかけ持つのは、もしかしたら人生で初めてだったかもしれません!
 

思わず演奏している私が引き込まれてしまう程、お客様を魅了していた木村さん。貴重な機会に大感謝です。

 言葉もドイツ語と日本語、時々フランス語、そして作曲家や声質も違うこの3つのフルリサイタルプログラム。
 正直(あまりこの言葉は好きではないですが…)大変でしたが、本当に!!!良い経験だった…この一言に尽きます。歌の伴奏は好きで今までも演奏してきましたが、今回伴奏という枠を超えたアンサンブルについて真向から考える良い機会となりました。まだまだこれからも取り組んでいきたい分野です!

 他にも日本の滞在では、お世話になっていたロームミュージックファンデーション奨学生のコンサートにも出演させていただきました。今回は卒業生として、チェロの森田啓祐さんと同じく深瀬さんと演奏しました。

何とこの日は京都に偶然ベルリナーが集結でした!

 そして初めてピティナピアノコンペティションのE級F級本選の審査を致しました。

お世話になった先生方と。

 200人近い若きピアニストの熱い演奏を聴かせていただき、私なりのコメントを書きました。まだまだ可能性が秘めている子供達の未来に何か少しでも為になっていたら…と思います。

 長くなってしまいましたが、暑い夏まだまだ終わりません!最後に9月1日の東京文化会館でのリサイタルのお知らせです。今回YAMAHAのCFXを使用して演奏することとなりました。こちらも渾身のプログラムとなっておりますので、是非聞きにお越しいただけると嬉しいです!会場でお会いできますように…。

~東京音楽コンクール入賞者リサイタル~
梅村知世ピアノリサイタル
日時:2019年9月1日(日)13:30開場 / 14:00開演
会場:東京文化会館 小ホール
ロベルト・シューマン:子供の情景 Op.15
ヨハネス・ブラームス:6つの小品 Op.118
クララ・シューマン:3つのロマンス Op.21
ロベルト・シューマン:幻想曲 C-Dur Op.17
チケット前売り:一般3000円、学生2000円(友の会割引 一般2500円・学生1500円)
※当日 各500円増し
東京文化会館チケットサービス03-5685-0650

  • << 前の記事
  • 最新の記事

コラムIndex

執筆者 Profile

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

梅村知世オフィシャルサイト