<< ピアニストコラムTOP

梅村知世の「ベルリン便り ~色とりどりの日々~」

第34回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など輝かしい成績を収めた梅村知世が、さらなる研鑽を積むために留学中のドイツから日々の出来事やピアノへの想いなどを書き綴ります。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex
続きを読む

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
2018年度福武文化奨励賞を受賞。日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」、、セカンドアルバム「シューマンVol.2」(2019年8月発売開始)をリリースしている。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。



※上記は2021年7月28日に掲載した情報です。

No.26大変!!!ご無沙汰しております。

2021.07.28更新

 皆様、大変!!!ご無沙汰をしております。もう長いこと更新ができておらず、大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。前回の更新後、世界は予期せぬ事態となりました。多くの方が制限の有る中で生活をして、私達の音楽界でも大きな打撃が有りました。この状況が早く落ち着き、音楽に溢れる世界が戻ること祈りつつ、今できる事を求めつつ活動をしていきたいと思います!

そんな中ですが昨年の春から再延期となっておりました、シューマンツィクルスの最終回である第3回が7月31日に開催をさせていただけることとなりました。

本来であればクララ・シューマンの生誕200年を記念した公演で、今回時期が1年半延びてしまいました。
折角の準備したプログラムですので、当初の予定通りピアノトリオをテーマにヴァイオリニストの石原悠企さん、チェリストの佐藤晴真さんと共にお届けする予定にしております。曲目はクララ・シューマンのピアノ三重奏曲 作品17 ト短調、そしてロベルト・シューマンのピアノトリオ 第1番 作品63 ニ短調を中心に、その他石原さんと幻想小曲集 作品73、佐藤さんと5つの民族風の小品 作品102を演奏します。耳にする機会が少ない作品も中には有りますが、どの作品もそれぞれに魅力的な世界となっていますので、是非このシリーズの最終回をお聞きいただけると幸いです!

2020年2月のベルリン公演。この公演後、世の中が変わってしまいました。時を経て音楽が熟し、どのような演奏になるか当日が楽しみです!

    

少し最近のことをご紹介させて下さい!
先日ドイツのハンブルグにあるYAMAHAに初めてお伺いをしました。ハンブルグの中心から少し離れた自然豊かな郊外に位置するYAMAHAには、CFXのピアノとホールがあり、素晴らしい環境に感動しました!

ハンブルグの可愛い市庁舎です。

まるで日本に戻ってきたかのような感覚でした!本当にお世話になりました。

日本で大変お世話になっていた調律師の横山俊作さんにも久しぶりにお会いすることができて、とても嬉しかったです。留学している私達を、このように親身になり助けて下さり、ありがとうございました。

そして7月頭にはこちらも1年延期となっていました卒業試験が行われ、ベルリン芸術大学の国家演奏家資格を無事に修了することができました。

学生としてこのホールで演奏するのも最後でした。喜び、時には涙し、沢山の経験を得ることのできた日々に感謝の気持ちでいっぱいです。

リサイタル後に先生方と。今回は大ホールに3人の先生と25人までのお客さんを入れて、そしてオンライン配信を行い開催されました。ワクチンの2回接種証明及び当日の抗原検査の陰性証明が必須。時代は変わりましたが、無事開催できたことに安堵しております。

長い学生生活が終了することとなり感慨深い気持ちと共に、これからも演奏家、そして指導者として気を引き締めて歩んで行こうと思っています。最近は演奏の活動に加えて、本格的に指導を開始しました。ドイツと日本の生徒さんを対面やオンラインで行っております。今まで私もそうであったように、これからは私もレッスンを通して音楽を伝えていくことができるように頑張りたいと思います。
最後までお読み下さりありがとうございます。次回が最終回となる予定です!

~コンサート情報~

梅村知世シューマンチクルス Vol.3 シューマン夫妻室内楽コンサート ~クララ生誕200周年に寄せて~

日時:2021731()13時半開場、14時開演

場所:ヤマハ銀座コンサートサロン

入場料:3500円 全席自由 * 要予約

お問い合わせ・お申し込み:株式会社ヤマハミュージックジャパン アーティストサービス東京 03-3572-3426(平日10時~17時)

 

  • << 前の記事
  • 最新の記事

コラムIndex

執筆者 Profile

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
2018年度福武文化奨励賞を受賞。日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」、、セカンドアルバム「シューマンVol.2」(2019年8月発売開始)をリリースしている。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。

続きを読む

※上記は2021年7月28日に掲載した情報です。

梅村知世オフィシャルサイト