<< ピアニストコラムTOP

梅村知世の「ベルリン便り ~色とりどりの日々~」

第34回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など輝かしい成績を収めた梅村知世が、さらなる研鑽を積むために留学中のドイツから日々の出来事やピアノへの想いなどを書き綴ります。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex
続きを読む

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.18Appetit im Herbst(食欲の秋)

2018.10.19更新

 秋が深まり紅葉の美しい季節となっているベルリンです。 

学校の前のイチョウの木は毎年この時期を彩ってくれています。この木を見ると東京藝術大学の近くの上野公園の立派なイチョウの木を思い出します。私の通っているベルリン芸大&そして通っていた東京藝大のそばには、動物園+最近ではパンダも!+イチョウ+銀杏の独特のにおいが共通なのです。不思議なご縁でつながっています。

 さて秋といえば食欲の秋ですよね!?今回はドイツで楽しめる秋の味覚をご紹介したいと思います。
 ハロウィンも近づいてきている為、スーパーではかぼちゃを沢山目にするようになりました。

ドイツではこんなに沢山の種類が有ります。本当に食べられるの~?という形や色のも有りますが、日本で食べるホクホクのかぼちゃとはまた違う感じで繊維が多くさっぱりとしています。

その中で手前のオレンジ色のHokkaidoというかぼちゃが一番日本の味に近いと言われています。

実はドイツでも柿や梨はKakiそしてNashiで売られています。日本の秋を味わうことができる食材として、私の食卓にも良く並んでいます。

 10月で思い浮かべるのはミュンヘンで行われるドイツ最大のお祭りオクトーバーフェスト。実はオクトーバーとなっていますが9月から開催されて10月の頭には終わることもあります。興味は有るのですがまだ行ったことがなく…いつの日か足を運んでみたいです。 

この時期ベルリンでも買える期間限定のオクトーバーフェスト用のビールで何となく雰囲気を味わっています。アルコールも普通のビールより少し高いアルコールにそろえられているのだとか…

 そして9月から10月下旬にしか売られていないFederweißer(フェダーヴァイザー)、オーストリアではStrum(シュトゥルム)は、ワインになる前の状態でぶどうの搾りかすの発酵途中の甘いお酒です。まだ発酵途中ということで爆発してしまわないよう蓋が半開きで売られていて、倒さないように気を付けて運ばないとはいけないのです。

ぶどうの甘味がとても美味しいので飲みすぎ注意です!!

 このFederweißerを飲みながら、Flammkuchen(フラムクーヘン)を一緒に食べることがドイツでは定番みたいです。

フラムクーヘンはピザの生地を薄く伸ばしたドイツの代表的な食べ物です。私も好きでよく食べます!

 あれ…気付けばお酒の話ばかりになっていますね笑
 次回からはまた音楽の話に戻りたいと思います。連載も残り数回となってきていますが、あと少しどうぞよろしくお願い致します!

  • << 前の記事
  • >> 次の記事
  • 最新の記事

コラムIndex

執筆者 Profile

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

梅村知世オフィシャルサイト