<< ピアニストコラムTOP

梅村知世の「ベルリン便り ~色とりどりの日々~」

第34回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など輝かしい成績を収めた梅村知世が、さらなる研鑽を積むために留学中のドイツから日々の出来事やピアノへの想いなどを書き綴ります。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex
続きを読む

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.23Kleine Reise in Europa(ヨーロッパの小旅行)

2019.07.10更新

 皆様、すっかりとご無沙汰しております。今年ヨーロッパはここベルリンも含めて異常な暑さに見舞われております。ドイツは部屋、電車やバスにクーラーが無いことがほとんどの為、40度近くになった時はサウナ状態…サバイバル生活でした!

門下部屋にもとうとう扇風機が登場。6年留学していて初めての事です!すでになぜか傾きかけていますが、この子が有ることでかなり涼しく感じられます。

 さてこの二か月間程はコンサートやお仕事などでヨーロッパでの移動がとても多く、様々な国に足を運びました。いつも思いますが色々な所に行き、様々な文化に触れ景色を見る事ができるのは本当に有難いことだと…。そんな旅の様子を一気にご紹介したいと思います。

 5月頭には西ドイツでリハーサルが有ったため、足を延ばしてオランダまで行ってみました。少し電車で行くと国境を越え国が変わるのは、大陸ならではの良さですよね。
 留学を始めた頃からずっと行ってみたかった念願のチューリップ畑を訪れました!
 

首都アムステルダムから電車やバスを乗り継いだキューケンホフという街に有る有名なお庭です。チューリップの季節に2か月間だけ期間限定でオープンしており、今までなかなかタイミングが合わず今年ようやく行くことができたのです。どこを見ても一面、彩り豊かなチューリップでした。美しい!

オランダならではの水車や運河も有りました。

甲斐もの無く思わずこんなことも笑!こういうものは全て試したくなってしまいます!

 束の間の滞在を楽しみ、オランダのチーズもお土産に買い帰路へと着きました。是非機会が有ったら春のオランダに行ってみて下さい。お勧めです!

 そして5月末には再びお声をかけていただきイタリアのイスキア島にてリサイタルに出演していました。二日間に渡る違うプログラムでのフルリサイタルはなかなか大変ですが、とても勉強になり有難い機会です。

2日間ともお客様は満席!温かな雰囲気の中演奏できて充実の時間でした。

今回も美味しいご飯が待っていました!南イタリアの食、本当に大好きです。普段なかなか食べられないシーフードをたらふくいただきました。

 そしてコンサート後には、歴史的にとても重要な場所ということでナポリ近郊に有るポンペイという街に立ち寄ってみました。79年にヴエスヴィオ山の噴火により火山灰の下に埋もれてしまった地として知られています。長らく火山灰の下に眠っていた為、当時の街の様子がそのまま残っています。2000年前の人々の暮らしが垣間見る事のできる貴重な遺跡です。

悲しい歴史の下に生まれたこの場所。複雑な気持ちで歩いていましたが、2000年も前から人類が生き今にまで至っている奇跡を感じる事ができました。

 イタリア滞在もあっという間…さていざベルリンに帰ろうと思うと飛行機のストライキに見舞われ、なかなか大変な締めくくりとなったのでした。書きたい事はまだまだ沢山あるのですが、ここで今回は終わりにしてまた次回書きたいと思います。

近所に出現した素敵スポット。傘のアートがとても可愛らしい!

 日本は今梅雨で雨が続いていると聞いています。これ以上大雨となりませんように…。

  • << 前の記事
  • >> 次の記事
  • 最新の記事

コラムIndex

執筆者 Profile

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

梅村知世オフィシャルサイト