<< ピアニストコラムTOP

梅村知世の「ベルリン便り ~色とりどりの日々~」

第34回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など輝かしい成績を収めた梅村知世が、さらなる研鑽を積むために留学中のドイツから日々の出来事やピアノへの想いなどを書き綴ります。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex
続きを読む

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.1Freut mich!(初めまして!)

2017.08.02更新

 皆様、初めまして!ピアニストラウンジにて連載を書かせていただくこととなりました、ピアニストの梅村知世です。幼い頃からお世話になっているYAMAHAでの連載、とても光栄です。留学生活の様子や音楽活動の事、趣味の旅行や料理、日々の楽しみなど…お届けできたらと思っています。タイトル「色とりどりの日々」は、私が敬愛するシューマンの「色とりどりの小品」からインスピレーションを得て名付けてみました。どんな1年間になるか私自身も未知の世界ですが、充実した連載になるよう執筆していきたいと思いますので、温かく見守っていただけたら幸いです。

 さて第1回目ということで、まずは私の自己紹介や留学のきっかけなど書いていきたいと思います。岡山県出身の私ですが、東京芸術大学・大学院での学生生活を終えた後、今ベルリン芸術大学の修士課程に在籍して研鑽を積んでいます。幼い頃からドイツ音楽に慣れ親しみ、更に深く勉強をしたいという気持ちから、ドイツ人の先生に本場で学ぶことができたら…という思いが湧き、留学先を探すことが始まりました。ちょうどその頃、日本で行われたマスタークラスを偶然聴講に行った際、初めてHellwig先生のレッスンを聞き直感的に先生と一緒に勉強してみたい!と思ったことが、先生との出会いのきっかけでした。その場で連絡先を教えていただき、ベルリンでのVorspiel(受験の前に受ける短いレッスン)や受験を経て、憧れだったベルリン芸術大学に入学できることとなりました。今思い返せば本当に運命的な出会いだったと感じ、このご縁に深く感謝しています。

Hellwig先生、藝大時代の師匠・伊藤恵先生、Mi-joo Lee先生と

 2013年の春にドイツに渡り、早いもので留学生活も4年半もの月日が経ちました。留学当初は、右も左も分からない新しい環境での手続きやドイツ語の事などとにかく慣れることで必死でした。時も経ち現在は、このヨーロッパでの生活を楽しむゆとりを持ちつつ、音楽と向き合う事ができています。時々外国ならではのハプニング!?も有りますが、どっぷりと音楽を学ぶことのできる恵まれた環境だと改めて感じています。

 また次回以降に様子など綴っていきたいと思います。1年間どうぞよろしくお願い致します!


CD発売イベントのお知らせ

【梅村知世ミニコンサート&サイン会】

 ■日時:2017年8月6日(日)15時開演

 ■場所:ヤマハ銀座店1階 ポータルステージ(東京)

 ■曲目:シューマン 森の情景より、シューマン=リスト 献呈他

 当店にてCDをお買い上げの方に当日演奏後にサイン会を実施致します。

 詳しい内容はこちらから

  • >> 次の記事
  • 最新の記事

コラムIndex

執筆者 Profile

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

梅村知世オフィシャルサイト