<< ピアニストコラムTOP

梅村知世の「ベルリン便り ~色とりどりの日々~」

第34回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など輝かしい成績を収めた梅村知世が、さらなる研鑽を積むために留学中のドイツから日々の出来事やピアノへの想いなどを書き綴ります。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex
続きを読む

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.24Schumann Zyklus Vol.2(シューマン チクルス Vol.2)

2019.07.17更新

 瞬く間にヨーロッパでの生活が3か月間過ぎ、いよいよ日本への一時帰国となりました。日本に1ヶ月ほど滞在する予定をしており、各地でコンサートに出演させていただきます。今回は歌の方とのコンサートが目白押し!とても楽しみにしています。

 その一つでも有りますシューマンチクルス第2回の公演がいよいよ近づいて参りました。バリトン歌手の深瀬廉さんをお迎えする第2回は歌曲がテーマとなっています。ロベルト・シューマンのリーダークライスや詩人の恋、そしてとても素敵なクララの6つの歌曲をお届けします。

先日のベルリン公演で演奏致しました。この夢のようなプログラム…演奏できるだけで本当に幸せです。深瀬さんブラボーでした!

 歌曲の中で大切な核となるのが「詩」。今回のプログラムの中でリーダークライス、そして詩人の恋、そしてクララの歌曲から数曲の詩を書いたのは、ドイツの詩人ハインリヒ・ハイネです。ここでシューマン夫妻に大きな影響を与えたハイネについて少しご紹介したいと思います。ハイネは1797年にドイツ・デュッセルドルフの貧しいユダヤ家庭に生まれ、若いころから抒情詩「歌の本」や旅の紀行文の執筆活動を行っていました。1831年からはパリに移り生涯を終えました。この「歌の本」はリーダークライスや詩人の恋の歌詞ともなっており、二人のいとこへの恋が描かれた彼の代表作です。恋の行方はいかに…ハイネの詩とシューマン夫妻の美しいメロディーや音楽、併せてお楽しみください。 
 

ハイネの記念館です。デュッセルドルフのライン川の近くの小道に有ります。

記念館の道路を挟んですぐの場所には、シューマンの晩年の時期1852年~54年のわずかな間にデュッセルドルフに住んでいたお家が有ります。何かご縁を感じますよね。デュッセルドルフに行った時に訪れてみました!

 私もドイツ語や詩の意味を読み解き、一緒に音楽を作り上げています。また同時に歌曲伴奏の特別な世界を学ぶことができ、奥が深いな…と改めて思っています。後数週間となりましたが8月3日が特別な日となるよう準備をしていきたいと思いますので、是非お越しいただけたら幸いです。 

日時:2019年8月3日(土)13:30開場 / 14:00開演
会場:ヤマハ銀座コンサートサロン(ヤマハ銀座ビル 6F)
ロベルト・シューマン リーダークライス Op.24
クララ・シューマン 6つの歌曲 Op.13
ロベルト・シューマン 詩人の恋 Op.48
全席自由:3,500円(税込)
お問い合わせ:ヤマハミュージックジャパン 03-3572-3426
(10:00~18:45 土日祝日除く)
▶公演詳細はこちら

  • << 前の記事
  • 最新の記事

コラムIndex

執筆者 Profile

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

梅村知世オフィシャルサイト