<< ピアニストコラムTOP

梅村知世の「ベルリン便り ~色とりどりの日々~」

第34回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など輝かしい成績を収めた梅村知世が、さらなる研鑽を積むために留学中のドイツから日々の出来事やピアノへの想いなどを書き綴ります。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex
続きを読む

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.7Weihnachten(クリスマス)

2017.12.27更新

 皆様、こんにちは。キラキラ輝くクリスマスも終わってしまい…2017年の終わりももうすぐですね!一年経つのが本当にあっっという間に感じられます。

 さて今回はそんなヨーロッパの大イベントでもあるクリスマスについて、少しご紹介したいと思います。まずはクリスマスの醍醐味でもあるマルクト。昨年はベルリン芸大のすぐ近くのマルクトで悲しいテロが起こってしまい楽しい雰囲気が一変しましたが、この出来事や気持ちを胸に刻みつつ、今年は落ち着きを取り戻しています。

大学のすぐそばのカイザーヴィルヘルム教会とマルクト

 マルクトの中には沢山のお店が有り、沢山の人でにぎわっています。グリューワイン(ホットワイン)やソーセージ・ステーキ・ワッフルなどの食べ物のお店やクリスマスオーナメントなどの小物のお店が有り、歩いているだけでも気分が明るくなり寒さも忘れてしまいます。

グリューワインのグラスが場所によって違うのも楽しめます。

アーヘンにあるクリスマスマルクトにも足を運んでみました。

 12月上旬からは路上で樅の木が売られており、これらを毎年買いお家で飾り付けをするのが恒例となっています。クリスマスが終わると家の前には使い終わった樅の木が置かれ、業者により回収されます。

ごろごろと並んでいる樅の木

生徒さんのご自宅の素敵なクリスマスツリー

 クリスマスはヨーロッパでは、日本でいうお正月のように家族とともに過ごすのが習慣ですが、私は友人たちと一緒にパーティーを行いました。クリスマスチキンを焼き、鴨のローストやラザニア、グラタン、カプレーゼなどを作りお祝いをしました。沢山あった料理とビールやワインも一瞬で無くなり…とても楽しいひと時でした。

クリスマスチキンなど

 さて今回で2017年の連載は最後となります。今年1年も多くの方に大変お世話になり、ピアニストラウンジの連載をはじめ、CD発売やコンサートなどの沢山の素晴らしい機会に恵まれました一年でした。来年もどうぞよろしくお願い致します。そして良い年をお迎えくださいませ!

  • << 前の記事
  • >> 次の記事
  • 最新の記事

コラムIndex

執筆者 Profile

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

梅村知世オフィシャルサイト