<< ピアニストコラムTOP

梅村知世の「ベルリン便り ~色とりどりの日々~」

第34回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など輝かしい成績を収めた梅村知世が、さらなる研鑽を積むために留学中のドイツから日々の出来事やピアノへの想いなどを書き綴ります。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex
続きを読む

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.8Frohes Neus Jahr!(新年明けましておめでとうございます!)

2018.01.10更新

 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。皆様にとって2018年が笑顔溢れる素晴らしい1年になりますように…。

 さて私はベルリンで音楽と仲間に囲まれ賑やかな年越しとなりました。
 ブーレーズザールでは、バレンボイムとアルゲリッチの豪華デュオコンサートを聴きました。最近できた新しいブーレーズザールは、円形状であることから演奏者とお客さんとの距離がとても近く、奏者の細かな様子や息遣いまで感じる特別な空間です。お二人それぞれのキャラクターが良く活きた遊び心満載のコンサートでした。

ブーレーズザール

 そして年末と言えば、ジルべルターコンサート。ベルリンフィルハーモニーのコンサートに足を運びました。今年は数日前に発売されるポディウム(舞台上の席)で指揮者のラトルと対面しながら演奏を聞きました。普段とは違うアングルだからこその面白さが有り、なかなか興味深く私自身もオーケストラの一員になったような気分でした。シンフォニーやコンチェルトなどのシリウスな演目が多い中、ジルベスターはお祭りの雰囲気!今年は、メゾソプラノのジョイス・ディドナートをソリストにシュトラウスの歌曲やストラヴィンスキーやショスタコービッチのオーケストラの小品など盛り沢山のコンサートとなりました。

フィルハーモニーホール。チケットを買い求め沢山の行列ができます。
人気の公演の場合は当日3、4時間並ぶことも!

 年越しの瞬間は日本の厳かな雰囲気とは一転、花火や爆竹で街中がとんでもないことになります。家の中にいても至る所の花火を見る事ができるのですが、今年は近くの広場に行ってスリル満載の中!花火を楽しみました。

広場の様子。打ち上げ花火がそこら中で上がります。
今年はクマの展示もして有りましたが、お構いなし 笑

 私達も場所はドイツですが、気持ちは日本ということで元日はお節とお雑煮をいただきました。日本から持ってきたものとドイツで買ったものが混ざり一風変わったお節だと思いますが…少しでも日本を感じる事ができたらと即席で作ってみました!

おせち料理とお酒たち

 そんなどんちゃん騒ぎな年越し後、街中に転がった火薬もあっという間に片付き、1月2日からは大学も始まり日々の生活に戻っています。今年は私にとって節目の年(30歳を迎えます!)、正念場の年となるような予感がしておりますが、音楽家として成長できる1年にしていきたいと思いますので、温かく見守っていただけたら嬉しく思います。今年もどうぞよろしくお願い致します。


※ピアノの本 1月号の「It's My Piano」でインタビューが掲載されております。ピアノとの 出会いや使用しているピアノについてお話していますので、是非お手にとっていただけたら幸いです。

  • << 前の記事
  • >> 次の記事
  • 最新の記事

コラムIndex

執筆者 Profile

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

梅村知世オフィシャルサイト