<< ピアニストコラムTOP

梅村知世の「ベルリン便り ~色とりどりの日々~」

第34回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など輝かしい成績を収めた梅村知世が、さらなる研鑽を積むために留学中のドイツから日々の出来事やピアノへの想いなどを書き綴ります。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex
続きを読む

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.5Schöne Erinnerung in Japan(日本での思い出)

2017.11.28更新

 更新がだいぶ滞ってしまいましたが(申し訳ありません)…10月末~11月上旬までの日本への一時帰国を経て今はベルリンへと帰ってきました。日本各地で演奏させていただき沢山の出会いが有り素晴らしい経験をさせていただきました。今回はそのコンサートの思い出を綴っていきたいと思います。

 「全国の小学校にピアノの音色を届けよう」というプロジェクトによる学校クラスコンサートでは、私は鳥取県の用瀬小学校と岡山県の早島小学校にお邪魔しました。小学校に一歩踏み入れた時の懐かしい感覚…うん十年前(笑)の風景が蘇ります。 

学校に入ると…

音楽教室の様子 小さな椅子が可愛い!

 ショパンの子犬のワルツやベートーヴェンのメヌエットなど小品を数曲演奏し、最後に生徒さんたちと一緒に合唱をしました。子供達の素直な感性に驚き!とても一生懸命演奏を聞いてくれていたのが印象的でした。

質問にも元気いっぱいに答えてくれました。

興味津々でピアノの周りに。

 この活動を通して、音楽のすそ野が少しでも広がると良いな…と思っています。

 東京ではHakujuホール・ランチタイムコンサートに出演させていただきました。オールシューマンプログラムということで、アラベスク・子供の情景・フモレスケの3曲を演奏致しました。
 

コンサートの様子

 最近シューマンの作品を演奏させていただく機会が増えていることもあり、いつか彼の作品をコンプリートできる日を夢見て、日々取り組んでいきたいと思います!

 そして故郷・岡山で5年ぶりにリサイタルを開催致しました。今回大変有難いことにYAMAHAのCFXのピアノをルネスホールに搬入して使わせていただきました。「シューマン」と「ドビュッシー」2人の作曲家のアラベスクを起点として、そこから広がる情景や物語を紡ぐことをテーマとしたリサイタル。温かな音色のCFXに沢山支えてもらいながら、無事に終演をすることができました。

CFXのピアノとともに…

(撮影=満田聡)

CFXのピアノとともに…

(撮影=満田聡)

 聴きに来て下さったお客様、温かく応援して下さった皆様、コンサートの開催に辺りご尽力下さった方々、本当にありがとうございました。
また日本でのコンサートを楽しみに、ベルリンで充電をしつつパワーアップできるよう頑張りたいと思います!

  • << 前の記事
  • >> 次の記事
  • 最新の記事

コラムIndex

執筆者 Profile

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

梅村知世オフィシャルサイト