<< ピアニストコラムTOP

梅村知世の「ベルリン便り ~色とりどりの日々~」

第34回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など輝かしい成績を収めた梅村知世が、さらなる研鑽を積むために留学中のドイツから日々の出来事やピアノへの想いなどを書き綴ります。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex
続きを読む

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.16Toller Sommer in Japan(日本で過ごした夏)

2018.09.12更新

 9月に入り少しだけ暑さも和らぎましたね。さて私はこの夏は日本にずっと滞在しており、地元岡山を中心に、北は仙台から南は福岡まで訪れて様々な経験をすることができました。今回はその様子を少しご紹介させて下さい。

 故郷の岡山では2日間に渡り、岡山の優秀な若手の皆様のレッスンをさせていただきました。
 

このような大ホールでのレッスンの機会は本当に勉強になりました。

 みんなの真っ直ぐなエネルギーに感動をし、レッスンの中で学ぶこと・気付くことが沢山有りました。私が今まで素晴らしい先生方に教えてもらったように、これまでに学んだことや肌で感じたことを次の世代に少しでもつなげていくことができたら…音楽を好きでいてくれる子供達が増えたら…と思っています。

 そして同じく岡山のJホールにて演奏会に出演しました。

開放的な素敵な空間のJホールではYAMAHAのC7Xでの演奏でした。

今回はソロに加えてヴァイオリンとクラリネットの室内楽も演奏しました。写真はリハーサル中ですが、とても楽しいひと時でした。

 この日は偶然に誕生日だったので…サプライズでお祝いをして下さりました。

とてもとても嬉しかったです!

 節目の年(ご想像にお任せします笑)を地元の岡山で、そしてコンサートの日として迎えることができてとても幸せでした。

 そしてつい先日は15年ぶりに福岡に足を運びリサイタルをさせていただきました。

このホールに私が好きなシリーズYAMAHAのS6が入っていました。温かな音色が印象的な素晴らしいピアノでした!

 コンサート活動と共に旅をして初めての場所や久しぶりの土地を訪れるのはワクワクします!初めて私の演奏を聞いて下さる方との新しい出会いや、その土地に流れる空気を感じて、またご当地の美味しいものやお土産を楽しむことができ…この夏は改めて日本の素晴らしさを感じる事が出来ました。

 日本は今年災害が多く続いており…とても心が痛みます。一刻も早く元の生活に戻ることができるよう…心よりお祈り申し上げます。

  • << 前の記事
  • >> 次の記事
  • 最新の記事

コラムIndex

執筆者 Profile

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

梅村知世オフィシャルサイト