<< ピアニストコラムTOP

梅村知世の「ベルリン便り ~色とりどりの日々~」

第34回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など輝かしい成績を収めた梅村知世が、さらなる研鑽を積むために留学中のドイツから日々の出来事やピアノへの想いなどを書き綴ります。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex
続きを読む

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.4Geschichte in Berlin「ベルリンの歴史」

2017.10.04更新

 こんにちは。ベルリンはすっかりと寒くなり、冬目前!だんだんと葉が色付き、紅葉が美しい季節となりました。
 
 今回は、ベルリンの歴史や街並みについて書きたいと思います。

家の近くの大通りの風景。ベルリンのシンボルのクマは街の様々な場所に飾られています!

 日本に居た頃から魅力を感じていたベルリン…留学先を探している時も頭の片隅にいつも浮かんでいました。6年前にVorspiel(受験前などに受けるレッスン)で初めて降り立った瞬間、直感的にこの街好きだな…とびびっ!と感じたことを覚えています。とにかく大きな建物と大きな通り!(縦に大きいのではなくて、横にどっしりと構えた巨大さです) 留学を初めた頃はこの圧倒的な大きさに驚いていた記憶が有ります。

夕焼け時のブランデンブルグ門

私の好きな場所。ベルリン大聖堂とシュプレー川

 そんなベルリンですが、その歴史を振り返ると他の街にはない重々しい独特なものがあります。1961年ベルリンの壁が出現し突然街が西と東に分断され、1989年に壁が崩壊するまで、人々の自由が奪われた日々は28年も続きました。この崩壊は私が生まれてまもなくの事で、つい最近までこの壁が有り世界が真っ二つに分かれて行き来が自由にできなかった…と考えただけでも胸が痛みます。 

ベルリンの壁。今はアートとして残されています。

日本をモチーフにした絵も有ります。

 壁が崩壊した11月9日に今では、路地に刻まれている第2次世界大戦時の犠牲者のプレートの周りにろうそくを灯し、ドイツの歴史を忘れないように人々の胸に訴えています。

家の前に有るつまずきの石

ユダヤ人追悼のホロコースト記念碑

 伝統に重きを置いた落ち着いた西ベルリン、そして若者たちが賑わう東ベルリン…街の印象、漂う空気感そして建物の色も西と東では全く違うのも、今ではベルリンの街の魅力の一つとなっています。
 機会が有りましたら是非ベルリンに足を運んでみて下さい!

コンサート情報

ベーゼンドルファー・サロンコンサート・シリーズ
第27回ランチタイムコンサート

 

“”

日時:2017年10月25日(水)12時半開演
場所:白寿本社ビル1階ロビー(東京)
シューマン アラベスク op.18、子供の情景 op.15、フモレスケ op.20
お問い合わせ:Hakuju hallチケットセンター 03-5478-8700

 

梅村知世ピアノリサイタル ルネスクラシックシリーズ  Vol.12

 

“”

日時:2017年11月5日(日)14時開演
場所:ルネスホール(岡山)
シューマン アラベスク op.18、子供の情景 op.15、フモレスケ op.20
ドビュッシー 2つのアラベスク、版画、喜びの島
お問い合わせ ルネスホール 086-225-3003

  • << 前の記事
  • >> 次の記事
  • 最新の記事

コラムIndex

執筆者 Profile

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

梅村知世オフィシャルサイト