<< ピアニストコラムTOP

梅村知世の「ベルリン便り ~色とりどりの日々~」

第34回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など輝かしい成績を収めた梅村知世が、さらなる研鑽を積むために留学中のドイツから日々の出来事やピアノへの想いなどを書き綴ります。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex 続きを読む

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.19Winterreise(冬の旅)

2018.11.26更新

 すっかりと冷え込み冬空が垂れ込んでいるベルリンです。「冬の旅」と題しているように、まさにシューベルトのリートの世界のように暗く陰った日々が続いています。
 この秋冬は日本への弾丸での一時帰国やドイツ国内での移動が多く旅を楽しんでいます。今回は「旅」にちなんでその様子について綴りたいと思います!

 ベルリンはドイツの首都なのですが、実は残念ながら日本への直行便は無く…乗り継ぎで日本と行き来をしています。その都度安い航空券で飛ぶので乗り換えの地は様々。一番多いのはヘルシンキ・ロンドン・パリ・アムステルダム、時にはイスタンブールだったり…その土地を楽しむことはなかなか時間的に難しいですが、お土産や食事を楽しむのも醍醐味です!長いフライトでは一回のフライトが12時間ほどになることも有りますが、意外と私は苦では無いのです。日常を忘れて好きなだけ寝て、映画を見て(時には4本以上見る事もあります!)、本を読んで、楽譜を広げて、音楽を聴いたりなどをして過ごしています。

今回のフライトでは日本に着陸する際に綺麗な秋晴れと富士山を見る事ができてとてもラッキーな気分で日本に到着をしました。

 ドイツ国内では一番多いのはDeutsche Bahn(ドイツ鉄道)ですが、遅延が本当に多いのです。いつも遅れるのでは!?ドキドキしてしまうので、近場の場合はバスでの行き来がここの所多いです。高速をびゅんびゅん飛ばすので(笑)あまり電車とも時間も思っていたよりは変わらず、快適に過ごせるのでオススメです。

 さて少し日本に話が戻りますが、この度福武文化奨励賞を受賞させていただき、その贈賞式の為に日本に一時帰国しておりました。この賞は岡山県の芸術家の為の賞で、受賞できた事をとても光栄に思っています。この賞を糧にこれからもクラシック音楽の魅力を伝える事に貢献をしていこうと身を引き締めています!

贈賞式の様子です。今回音楽家以外の芸術家の方も受賞されており、とても興味深く皆様の活動を拝見しました。芸術は奥深いなと改めて感じました。

こんなに立派な盾と賞状をいただきました!

今回は少し演奏も致しました。このような素晴らしい機会を本当にありがとうございました。

 今まで支えて下さった方や応援して下さった方に感謝しかありません!これからも精進していきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。

 さてこれから数時間後にはフランクフルトにフライトです!今回は初めて通訳のお仕事をしてきます。頭をドイツ語にスイッチして…行ってきたいと思います。
 それではまた次回に!Bis zum nächsten Mal!!

  • << 前の記事
  • 最新の記事

執筆者 Profile

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

梅村知世オフィシャルサイト