<< ピアニストコラムTOP

梅村知世の「ベルリン便り ~色とりどりの日々~」

第34回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など輝かしい成績を収めた梅村知世が、さらなる研鑽を積むために留学中のドイツから日々の出来事やピアノへの想いなどを書き綴ります。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex 続きを読む

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.17Sport und Vergnügen(スポーツとレジャー)

2018.10.02更新

 こんにちは!ベルリンは、秋も深まってきて少し肌寒いこの頃です。今回は音楽から少し寄り道して、この夏に楽しんだドイツでのレジャーについて書きたいと思います。

 普段は基本引きこもり(=弾きこもり)がちですが、その反動で無性に体を動かしたくなり、スポーツは自分でするのも観るのも大好きなのです。今ベルリン仲間で流行っているのは、バドミントン。(実は中学生の時にバド部に入っていたことも有りました。) 

 最初は外の公園等でしていたのですが、風がある時は上手く楽しめない…という事で、最近は体育館のコートを借りています。2時間ほど結構真剣にやっています 笑
 終わった後は結構へとへとで次の日(時には次の次の日ということも!?)は筋肉痛になりますが、やはり運動は気持ち良くリフレッシュできます。

 そしてドイツのスポーツと言えばサッカーでしょう。2014年のW杯の優勝した時のドイツの盛り上がりも忘れる事ができませんが、今年の1次リーグを敗退してしまった街のどんよりした雰囲気も忘れ難いです。そのぐらいサッカーの試合が有る時の街ゆく人達の盛り上がりは凄いものです。この記事を書いている日もヘルタベルリンvsバイエルンミュンヘンの試合が有り、駅の辺りは興奮状態の人で溢れていました。

W杯等の大きな試合の時は街中のレストランやカフェにテレビが設置され食事をしながら応援ができます。点が入ったりするともうそれはそれは大騒ぎです!

 この前はドイツで初めてPhantasielandという遊園地に行ってみました。いつぶりだろう…というくらい久しぶりの遊園地、ドイツならではのなかなかのスリル満点具合でした笑

 平日だったことも有り待ち時間もほぼ無く、アテンドの方の「急いで!ジェットコースターもう出るから!」という声に焦り走って行き(内心:に、荷物どこに置けば…!?説明もほぼ無いままシートベルトを付け(どうつけるの!?本当に取れないよね!?)→装着後して間髪入れぬ間に出発(え?まだ心の準備ができてない~)→出発してすぐに訳が分からないうちに上にドーン、下にドーン、左に右にぐらぐら(ぎゃー!!)…というような感じでした。日本のようなにこやかなアテンドの方の「行ってらしゃーい!」という掛け声や余韻などは全く無く…なんだか違いがとても面白かったです。

次の日からぐんと冷えると言われていた最後の温かい日には、思い切ってボートに乗りに行きました。綺麗な景色を目にしながらぽかぽかとした日を浴び、これからの長い冬に備えました。

最後にもう1枚!この夏からはまっているランニング中に見つけた穴場スポット。美しい夕暮れが広がっていました!毎回4、5kmは走ることを心がけているのですが、こんなに素晴らしい景色の中だといくらでも…(は走れないですが、)頑張れます!

 ドイツに帰ってきてからは気分転換の日々でしたが、間もなくゼメスターも始まるので、気合いを入れ直してまた音楽と向き合っていきたいと思います。 

  • << 前の記事
  • 最新の記事

執筆者 Profile

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

梅村知世オフィシャルサイト