<< ピアニストコラムTOP

梅村知世の「ベルリン便り ~色とりどりの日々~」

第34回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など輝かしい成績を収めた梅村知世が、さらなる研鑽を積むために留学中のドイツから日々の出来事やピアノへの想いなどを書き綴ります。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex 続きを読む

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。


※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

No.15Heimat(故郷)

2018.08.10更新

 皆様、少し更新が空いてしまいましたが(大変申し訳ありません…)、暑い夏いかがお過ごしでしょうか?

 先日の西日本での豪雨につきまして、心よりお悔やみそしてお見舞い申し上げます。私の故郷・岡山や西日本地域のニュースを日本やドイツでも目にすると、とても胸が痛むと共に遠くからただ祈り、そして見守ることしかできない自分にもどかしさを感じていました。7月下旬に岡山に帰り、実際に実家近くの被害に遭った地域を見ると…言葉が出ませんでした。一ヶ月経った今もまだ復旧作業が続けられている地域の方々は、少しでも早く元の生活に戻れますよう願っております。

晴れの国・岡山が早く元の姿に戻りますように…。

 この一ヶ月は私自身も何ができるのか、自問自答の日々でした。やはり音楽しかない私はただただ音楽と向き合い奏でる事が、今の一番できる事なのかと…。そして私自身も音楽に支えられ救われた一ヶ月となりました。少しでも多くの方の心に響くようにと思いながら演奏をしたコンサートの様子を、少しお届けしたいと思います。

 まずはベルリンのBuddihistisches Torにてリサイタルをさせていただきました。ここは仏教徒の皆様のための建物なのですが、定期的に一般のお客様にもコンサートを聴いていただけるようにとサロンとなっている為、ブッダ様に見守られての演奏となりました。

主催者の方々と一緒に終演後に。

 そして日本では兵庫の川西みつなかホールにてYAMAHAのCFⅢを使いリサイタルをさせていただきました。 

とても素敵な響きのピアノ・そしてホールでした。

 今回はお子様にも楽しんでいただけるようなプログラムという事で、ブルグミュラーやエリーゼのために、そしてシューマンの幻想小曲集やブラームスのOp.118など幅広く盛り沢山でお届けしました。小学生ぶりに取り組んだブルグミュラーは、久しぶりに弾くととても懐かしく、そして良い音楽だな…と改めて思いました。もっと音楽に興味を持って好きでいてくれる子供達が増えてくれたら嬉しく思います!

 続いて京都では、二年間大変お世話になりましたロームミュージックファンデーションのスカラシップコンサートに出演させていただきました。シューマンの幻想小曲集のソロに加え、同じくベルリンに留学している新進気鋭のチェリスト・佐藤晴真さんと同じくシューマンのアダージオとアレグロ、そして幻想小曲集を演奏しました。この作品をいつか演奏したいと思っていたので、奨学生の集大成として京都で佐藤さんと演奏をすることができて、とても幸せなひと時でした。 

チーム・ベルリン・シューマン!

 これからしばらくは日本に滞在をして演奏活動を行う予定ですので、また皆様に演奏を聴いていただけたら幸いです!どうぞよろしくお願い致します。

 まだまだ世界的に(ベルリンでも先日38℃だったそうです!)猛暑が続きますが、皆様どうぞ熱中症などお気をつけてお過ごしくださいませ。

  • << 前の記事
  • 最新の記事

執筆者 Profile

pianist 梅村知世

pianist 梅村知世
1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。 第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。第12回岡山芸術文化賞グランプリ受賞。
日本全国各地・ドイツ、ポーランド、アメリカ、オーストリア等でも音楽祭やリサイタルに出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア、岡山フィルハーモニック管弦楽団、プラウエン-ツヴィッカウフィルハーモニーオーケストラ(ドイツ)などとオーケストラとも多数共演をしている。オクタヴィア・レコードよりデビューCD「シューマン」をリリース。
これまでに、ピアノを内山優子、津田恵子、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、ガブリエル・タッキーノ、伊藤恵、ピアノデュオを角野裕、室内楽を藤森亮一、鈴木理恵子、松本和将、伊藤恵各氏に師事。
続きを読む

※上記は2017年8月1日に掲載した情報です。

梅村知世オフィシャルサイト