RIVAGE PM Firmware V5.01

RIVAGE PM Firmware/ Editor / StageMixの互換性について

RIVAGE PMシステムを使用する際は、CS-R10、CS-R10-S、CSD-R7、CS-R5、CS-R3、DSP-R10、DSP-RX、DSP-RX-EX、RPio622、RPio222、RIVAGE PM Editor、RIVAGE PM StageMix、MonitorMixのすべてのバージョンを一致させてください。異なるバージョンを組み合わせて使用した場合には、予期せぬ動作を引き起こす可能性があります。
アップデートする際には、TWINLANeネットワークカード(HY256-TL、HY256-TL-SMF)もアップデートされるため、必ずそのカードを対応スロットへ挿入した状態で行なってください。アップデート後にそのカードを挿入した場合は、再度アップデートを行なってください。Danteカード(HY144-D、HY144-D-SRC)は、Dante Firmware Update ManagerまたはDante ControllerのDante Updaterを使用してアップデートを行なってください。

RIVAGE PM/CL/QL/R/Tio 互換表

Dante I/Oサポート対応機種

V5.00の新機能

  • Rupert Neve Designs Portico II Master Buss Processorプラグインを追加しました。
  • グローバルペーストに機能を追加してすばやく簡単に操作できるようになりました。
    • SET BY EDITによるパラメーター選択
    • 対象とするシーンの組み合わせを複数設定
    • USER DEFINEDキーの利用
  • ミラーリングに機能を追加したことで有益性が向上しました。
    • 障害発生したときにワードクロックソースの消失を防ぐためRPioをワードクロックリーダーとする機能
    • 高速スイッチオーバーを実現するためDSP間でGPIを接続する機能
    • スタンバイDSPエンジンがアクティブDSPエンジンに追従する処理を高速化する対応
  • Nuendo Liveとの連携機能で、監視、制御ができるようになりました。
  • Danteデバイスが追加され、Wirelessデバイスやアンプに対応しました。
  • OSC (Open Sound Control)によるコントロールに対応しました。
  • AFC Imageのコントロールに対応し、オブジェクト操作やシーンリコールの連携ができるようになりました。
  • 8Band PEQ、モニター、キューのEQにLPF/HPF、ATTを追加しました。タッチEQができるようになりました。
  • Dante Domain Manager (DDM)のSMPTEモード*(ST2110 clocking)に対応しました。
    DDM登録中はWord ClockとPreferred Leaderが変更できなくなります。
  • * DDMのSMPTEモードでは、ドメインはSMPTE ST2110 clocking用に構成され、Danteデバイスと非Dante ST2110-30デバイス間のオーディオの相互運用性を実現します。

V5.00の改善点

  • RIVAGE PM Editor for WinがAMD CPUに対応しました。

V5.01で修正した不具合

  • RIVAGE PMシステムV5.00で、プラグインVSS4HD, NonLin2が正常に動作していなかった不具合を修正しました。
  • RIVAGE PMシステムV5.00で、L-ISA Immersive Sound controlが正常に動作していなかった不具合を修正しました。
  • RIVAGE PM V5.00において、チャンネルのON/OFF, INPUT A/B選択, Surround PANのON/OFFをアサインしているUser Defined Keyがシーンリコール後に一時的に操作できなくなったり、状態表示が食い違う場合がある不具合を修正しました。
  • RIVAGE PM V5.00において、インプット/アウトプットのチャンネルEQポップアップ画面を表示したままチャンネルを変更すると、BANK A/B表示が実際と異なることがあるという問題を修正しました。

V5.01での変更点

  • 以下のOSCのパラメーターを追加しました。
    • Mix ChannelのCue A/B
      OSCアドレス
      MIXER:Current/Cue/Mix/On
    • Matrix ChannelのChannel Link Group
      OSCアドレス
      MIXER:Current/OutputChLink/Mtrx/Assign
    • Input Channel, Mix, Matrix, Stereo Output Channelの Insert On
      OSCアドレス
      MIXER:Current/InCh/Insert/On
      MIXER:Current/Mix/Insert/On
      MIXER:Current/Mtrx/Insert/On
      MIXER:Current/St/Insert/On
  • 以下の不要なOSCパラメーターを削除しました。
    OSCアドレス
    MIXER:Current/Cue/FaderCueRelease

V5.00で修正した不具合

  • MIDIのNOTE ONをアサインしたUSER DEFINEDキーをごく短い間に連打したとき、NOTE ON/OFFが正しく送信されない不具合を修正しました。
  • まれに起こる特定の条件で “DSP Disconnected!” が表示される不具合を修正しました。
  • CS-R3でモーター動作したあとのフェーダーを手動で動かそうとしたとき、まれに元の位置に戻ってしまうことがある不具合を修正しました。
  • PM Editorを2画面表示させてHAのパラメーターをINPUT A/B切り替えたとき、操作してない画面の更新がされない不具合を修正しました。
  • ミラーリングでDSPエンジンを手動で切り替えたあと、まれにRPioの音が出なくなる不具合を修正しました。
  • DCA ROLLーOUTを行なったとき、展開されないBAYのフェーダー操作が引っかかる不具合を修正しました。
  • SELECTED CHANNEL VIEW画面のMATRIXフィールドからSENDS TOポップアップ画面に移行して、送り元にステレオバスを選択したとき、ステレオの L/Rチャンネルのうち片方のセンドレベルを調節できない不具合を修正しました。
  • アナログゲインの無いインプットチャンネルからアナログゲインのパラメーターをCH COPYした場合、意図しないアナログゲイン、及びファンタム電源設定等がペーストされる不具合を修正しました。
  • ミラーリングでRPioのHYカードスロット2がMODE2に設定されている場合、A (アクティブDSPエンジン)からB (スタンバイDSPエンジン)にチェンジオーバーしたときにアウトプットパッチが引き継がれない不具合を修正しました。
  • ダイナミクスのKEY IN CUEボタンがオンの状態で選択しているチャンネルを変えると、一瞬キューが外れて設定されたモニターソースの音が漏れる不具合を修正しました。
  • MY8-AD24 や AVIOM M16/o-Y1 のMYカードを挿したときコンソールにカードの絵が表示されない不具合を修正しました。
  • ミラーリングもしくは複数コントローラー (コンソールとPM Editor、デュアルコンソールなど) 環境において、シーンの編集を高頻度で行なうと、リコールできないシーンが作られることがある不具合を修正しました。
  • データをロードした後のMIDI Program Changeのシーン選択リスト内容が、ロードする前のシーンリストのまま残ってしまうことがある不具合を修正しました。

既知の不具合

  • RIVAGE PM V5.00含む全バージョンおいて、DSPミラーリングシステムによるDSPの、電源投入後の最初の切り替え時に、MONITOR A/Bの音声が数秒間停止する不具合が見つかりました。

暫定回避方法 

DSPの電源投入後一度手動切り替えを実施していただくことで、以降この症状は電源を再起動するまで発生しません。

バージョンアップ時のご注意

  • CS-R5をV4.00からアップデートすると、アップデート終了時にタッチパネルが反応しなくなる場合があります。そのような状態になった場合は、正しい再起動の手順であるシャットダウンを行わず直接コンソールのリアパネルの電源スイッチで再起動をすることにより正常にV5.00として起動します。
  • CS-R5、DSP-RX(-EX)をV4.00やV4.02からアップデートするときに、updateのプログレス表示が進まなくなることや、エラーで終了することがあります。十分以上その状態が続く場合は、電源を一度オフにして、再度アップデートしてください。
  • DSP-RX(-EX)をV4.02からアップデートするときに、DSPミラーリング の B(スタンバイ状態)の設定ではアップデートできないことがあります。DSP-RX(-EX)をA(アクティブ状態)の設定に変えてからアップデートしてください。
  • V1.20よりプロジェクトファイルの保存方式が変更されました。
    V1.16以前のバージョンで保存したプロジェクトファイルをロードした場合は、プラグインのパッチが外れるなどの状態になることがありますので、その場合は再度パッチするようにしてください。
  • アップデート前のバージョンがV1.21以下の場合、コンソールのファームウェアアップデートのときに、updateのプログレス表示がまれに14/18の状態から進まなくなることや、エラーで終了することがあります。5分以上その状態が続く場合は、コンソールの電源を一度オフにして、再度アップデートしてください。
  • V1.21以前のバージョンで保存したプロジェクトファイルをロードしたときに、エフェクトプラグインやGEQがフォーカスリコールの対象になっているにも関わらず、SCENE画面にあるRACKのフォーカス設定状態を示すインジケーターが消灯したままになることがあります。インジケーターを正しい表示に戻すには、そのシーンのSCENE SETUP(FOCUS)ポップアップ画面を一度開いてから閉じてください。その後プロジェクトファイルをセーブしなおすと、それ以降は問題が発生しません。

バージョンダウングレード時のご注意

  • 本バージョンで保存したプロジェクトファイルを、V1.21以前のシステムでロードしないでください。ロードすると、カレントを含むすべてのシーンでプラグインがアンマウントされます。この場合、再度マウントしてパラメーターをすべて設定しなおす必要があります。
  • ファームウェアをダウングレードする場合は、ダウングレードしたあとにシステム全体をイニシャライズしてください。
  • V3.00以降のバージョンで作成したMixToInputを含むデータをV3.00より前のバージョンのRIVAGE PMシステムにロードすると、MixToInputが動作します。信号のループなどに注意してください。

使用上のご注意

  • WORD CLOCK画面でサンプリングレートを変更したとき、まれに誤ってエラーダイアログ “Console Network ring connection open! Check cable connection.”が表示されることがありますが実際の動作に問題はありません。
  • HY256-TL/HY256-TL-SMFカードの最大チャンネル数256を越えてINPUTパッチを行った場合、正しくパッチされているように表示されますがパッチは成立せず音声は入力されません。
  • ごくまれに“DSP Disconnected!” が表示されることがあります。その場合は、以下の操作を行ってください。
    1. 手動でDEVICE SYNCを行います。(RIVAGE PM7以外)
    2. 問題が継続するようであれば、裏パネルにある[RESET]ボタンを押します。
    3. ※1、2の操作で音声が止まることはありません。
    4. 問題が継続するようであれば、コンソールを再起動します。
    5. 問題が継続するようであれば、DSPエンジンを再起動します。(RIVAGE PM7以外)
    6. ※3、4の操作では音声が止まります。
  • HAゲインを小さく設定したシーンから、HAゲインを非常に大きく設定したシーンをリコールすると、その信号をどこにもパッチしていなくても、まれに大きなヒスノイズが数秒間出力されることがあります。
  • コンソールのUSB端子にUSBキーボードなどの外部デバイスを接続したとき、一部の機種で以下のようなメッセージが表示されることがあります。
    You must restart your computer to apply these changes [Restart Now] [Restart Later]
  • もしこのメッセージが表示された場合は、そのUSBデバイスはコンソールには使用できませんので、取り外してください。コンソールの再起動は必要ありません。
  • DSPエンジンがワードクロックリーダーでDSPエンジンAの電源が落ちていないときに、DSPミラーリングのフェイルオーバーが発生してDSPエンジンBがアクティブに切り替わっても、ワードクロックリーダーは自動的には切り替わりません。音切れを防ぐため、フェイルオーバー発生後もDSPエンジンAの電源を落とさないでください。
  • Danteのチャンネルラベルに、漢字などの動作確認できていない文字を使用した場合、チャンネルネームLCDには正しく文字が表示されません。
  • 同期(144io Sync SRC)モードでDanteカード(HY144-D、HY144-D-SRC)を使用するときは、Danteネットワーク内でリーダーとして動作させる1台のみ、Dante ControllerでEnable Sync to Externalにチェックを入れてください。
  • Dante Domain Manager (DDM)のSMPTEフローをパッチしたときAES67と表示されますが、実際の動作には問題ありません。

ヤマハ株式会社(以下「弊社」)では本ソフトウェアのお客様によるご使用およびお客様へのアフターサービスについて、ソフトウェア使用許諾契約(以下「使用許諾契約」)を設けさせていただいており、お客様が下記条項にご同意いただいた場合にのみご使用いただけます。

お客様が本ソフトウェアをダウンロード、インストール、コピー等された場合、またはインストールされた本ソフトウェアを使用された場合には使用許諾契約に同意されたものとしますので、必ず下記の条項を充分お読みください。ご同意いただけない場合は、ダウンロード、インストール、コピー等を中止するか、インストールしたファイルを削除してください。

1. 著作権および使用許諾

弊社はお客様に対し、使用許諾契約に基づいて配布されるプログラム、データファイル及び今後お客様に一定の条件付きで配布され得るそれらのバージョンアップ(以下「本ソフトウェア」)を、お客様ご自身が所有または管理するコンピュータ、楽器または機器においてのみ使用する権利を許諾します。これらの本ソフトウェアが記録される記録メディアや、本ソフトウェアの使用から得られるデータの所有権はお客様にありますが、本ソフトウェア自体の権利及びその著作権は、弊社およびライセンサーが有します。

2. 使用制限

お客様は、本ソフトウェアの利用にあたり、以下の行為を行なってはなりません。

  • 本ソフトウェアを逆コンパイル、逆アセンブル、リバース・エンジニアリング、またはその他の方法により、人間が感得できる形にすること(ただし、法律により明示的に許可されている場合を除く)。
  • 本ソフトウェアの全体または一部を複製、修正、改変、賃貸、リース、転売、頒布または本ソフトウェアの内容に基づいて二次的著作物をつくること。
  • 本ソフトウェアをネットワークを通して別のコンピュータに伝送すること。
  • 本ソフトウェアを利用して、違法なデータや公序良俗に反するデータを配信すること。
  • 弊社の許可無く本ソフトウェアの利用を前提としたサービスを立ち上げること。
  • 正当な保有者から許可を得ている場合またはその他の法的な権限を有する場合を除いて、著作権その他の財産的権利により保護された物の権利侵害となる様態にて本ソフトウェアを利用すること。
  • 本ソフトウェアにより使用または入手できる著作権曲について、商業的な目的で使用すること、著作者の許可無く複製、転送または配信したり、不特定多数にむけて再生および演奏すること、入手できるデータの暗号を権利者の許可なく解除したり、電子すかしを改編したりすること。

3. 終了

使用許諾契約はお客様が本ソフトウェアをお受け取りになった日に発効します。本契約は、お客様が著作権法または本契約に定める使用条件の条項に一つでも違反されたときは、弊社からの終了通知がなくても自動的に終了するものとします。その場合には、ただちに本ソフトウェアの使用を中止し、その複製および付帯文書をすべて廃棄しなければなりません。

4. 製品の保証

本ソフトウェアが所定の機能を発揮しない場合等には、お客様は、本ソフトウェアを再ダウンロードまたは再インストールすることができます。弊社はそれ以外の保証はいたしません。
本ソフトウェアの品質と性能についての一切のリスクはお客様のご負担となります。お客様が本ソフトウェアを入手された後の本ソフトウェアの保存・管理について、弊社は一切責任を負いません。
お客様が入手された本ソフトウェアの消失について、その理由にかかわらず弊社は再度供給する一切の責任を負いません。

5. 責任の制限

弊社の責任は使用許諾契約で定める許諾を供与することのみに限定されるものとします。弊社は、本ソフトウェアの使用、またはそれを使用できなかったことにより生じた直接的、派生的、付随的または間接的損害(データの破損、営業上の利益の損失、業務の中断、営業情報の損失などによる損害を含む)については、通常もしくは特別の損害に拘わらず、たとえそのような損害の発生や第三者からの賠償請求の可能性があることについて予め知らされた場合でも、一切責任を負いません。

6. オープンソースソフトウェア

本ソフトウェアには、オープンソースライセンス(GNU General Public License、Lesser General Public License を含むが、これに限定されない)を伴うソフトウェアまたはこれを改変したもの(以下「オープンソースソフトウェア」)が含まれる場合があります。オープンソースソフトウェアのご使用は、各権利者の定めるライセンス条件に従っていただくものとします。なお、本契約と各オープンソースライセンスとで矛盾する内容が規定されている場合、矛盾する箇所に限り、該当するオープンソースライセンスの内容が優先して適用されます。

7. 第三者のソフトウェアおよびサービス

弊社は、本ソフトウェアとともに、第三者のプログラム、サービス、データファイルおよび関連文書(以下「第三者ソフトウェア」)を提供する場合があります。弊社が第三者ソフトウェアであることを示した場合、お客様はその第三者ソフトウェアに付随する契約条項に拘束され、第三者ソフトウェアの提供者が全ての保証その他の責任を負うことを理解し同意するものとします。弊社は第三者ソフトウェアに関する一切の責任を負いません。弊社は、第三者ソフトウェアの商品性、および特定目的に対する適合性の保証その他一切の保証を、明示であると黙示であるとを問わず、一切いたしません。第三者ソフトウェアの使用もしくは機能から生じるすべての危険は、お客様が負担しなければなりません。弊社は、第三者ソフトウェアに関しての操作方法、瑕疵その他に関してアフターサービスを提供するものではありません。弊社は、第三者ソフ卜ウェアの使用、またはそれを使用できなかったことにより生じた直接的、派生的、付随的または間接的損害(データの破損、営業上の利益の損失、業務の中断、営業情報の損失などによる損害を含む)については、通常もしくは特別の損害に拘わらず、たとえそのような損害の発生があることについて予め知らされた場合でも、一切責任を負いません。

お客様がアメリカ合衆国政府またはその関連機関である場合の制限

U.S. GOVERNMENT RESTRICTED RIGHTS NOTICE:
The Software is a "commercial item," as that term is defined at 48 C.F.R. 2.101 (Oct 1995), consisting of "commercial computer software" and "commercial computer software documentation," as such terms are used in 48 C.F.R. 12.212 (Sept 1995). Consistent with 48 C.F.R. 12.212 and 48 C.F.R. 227.7202-1 through 227.72024 (June 1995), all U.S. Government End Users shall acquire the Software with only those rights set forth herein.
本条において、"the Software"という語は、本契約における「本ソフトウェア」を意味するものとします。

8. 一般事項

本契約は、日本法(法の抵触に関する原則を除く)の適用を受け、日本法に基づいて解釈されるものとします。また、弊社とお客様との間で問題が生じた場合には、弊社とお客様が誠意をもって協議し、協議しても解決しない場合は、東京地方裁判所を専属管轄裁判所とします。本契約の規定のいずれか、または、ある規定の一部分が管轄権を有する裁判所または行政機関によって不法、無効、執行不可能とみなされた場合や、当該の規定(または規定の一部分)が使用許諾契約全体の基本的性質に合致しないと判断された場合も、残りの規定(該当する規定が含まれる条項の残りの部分も含む)の合法性、妥当性、法的効力は影響を受けません。お客様からの全ての法的通知は書面でなされるものとし、下記に記載の住所まで書留郵便で送付されるものとします。

〒430-8650 静岡県浜松市中区中沢町10-1 ヤマハ株式会社

9. 完全合意

本契約の契約条件は、お客様と弊社の間の完全な合意から成るもので、この件に関する従前のすべての認識や合意に取って代わるものとします。

10. 契約の変更

弊社は、独自の判断で本契約を変更することができます。変更後の契約の効力は、変更後の契約に対してお客様が同意、または変更日以降、本ソフトウェアを使用したときから発生するものとします。

最終更新日:2020年1月28日