ストリートライブ、バンドセッション、ビジネスセミナーなど各種イベントに必要不可欠なPAシステム。ライブでの一体感や感動を生み出すことはもちろん、セミナーなどで受講者が理解を深めるためにも、高品質なサウンドは欠かせません。そんなハイクオリティなPAに必要な機器がセットになったポータブルPAシステムSTAGEPASシリーズなら、面倒な設置や複雑な操作は一切不要! シーンを問わず、最高のサウンド環境を持つステージを瞬時に作り出し、「いつでも、どこでも、ステージに」を簡単・手軽に実現します。ヤマハは、シリーズ誕生15周年を迎えたSTAGEPASをはじめとするPA機器を通じて、これからもユーザーの皆様の新たなチャレンジをサポートし、感動をともに創り続けます。

CASE

ライブ

ストリートライブから本格的なバンドセッションまで、各種ライブステージで最適なサウンドを得るためには、会場のサイズやシチュエーションに合わせたPAシステムを選択することが、重要なポイントとなります。STAGEPASシリーズはプレイヤーの感情をリスナーへダイレクトに届けるきめ細やかなサウンドはもちろん、シーン毎に適切な音質調整を確実に行える多機能ミキサーも搭載。さらに、スピーカーケーブルやマイク、小物などもそれぞれコンパクトにまとめて収納し持ち運びできるので、さらなるアドバンテージを発揮します。

学校/お祭り

比較的大きなサイズの会場にて開催されることの多いお祭りや学校行事などのイベントでは、多くの人々に確実に届けるためのハイパワーなサウンドがとても大切です。余裕のキャパシティを備えたSTAGEPASシリーズなら、小音量から大音量まで安心して高品位なサウンドを楽しめます。また、スピーカー、ミキサー、それらを接続するケーブルまでも一体となっていますので、PAシステムをセッティングする際に悩みの種となりがちな電源の確保も簡単! スムーズでスピーディな設営を実現できます。

イベント/セミナー

トークイベントやセミナーなどにおいても、PAシステムの重要性は年々増加しています。イベント中の雰囲気作りに重要なBGMの再生だけでなく、講演者の声を来場者の方々に聞き取りやすいサウンドで届けることで、その内容をより正確に説得力を持って訴求できるようになります。STAGEPASシリーズはノブを回すだけで不要な低音域を削減し、声の帯域をより明瞭にしたスピーチなどに最適なサウンドが手軽に得られる「1-Knob Master EQ™」「MODE機能」、不快なハウリングをワンボタンで自動的に除去できるスマートなフィードバックサプレッサー機能は、ビジネスシーンでの使用時も大活躍します。

ダンス/フィットネス

STAGEPASシリーズの迫力あるパワフルなサウンドは、ダンスやフィットネスといった用途にもジャストフィット! 軽量化・高出力を両立したパワーアンプと、高い耐入力・低音再生能力を備えたウーファーユニットが、リズムに合わせて体を動かすために必要なタイトでメリハリの効いた低音域を実現。サウンドがパフォーマーの気持ちを高ぶらせ、躍動感と高揚感に満ちたパフォーマンスを生み出します。さらに、Bluetooth®ワイヤレス接続を活用すれば、イベント・パフォーマンス中のオーディオ再生にもフレキシブルに対応が可能です。

ユーザーコメント STAGEPAS 600 / STAGEPAS 400

2013年に好きな事で生きていくと決めて、その時の全財産でステージパス400i を購入しました!!
もう100以上の場所で使わせてもらっております。

コンパクトで持ち運びも便利で
そして外でも中でも良い音で
弾き語りライブ、バンド、スピーチや講演会、ダンス、DJありとあらゆる場面で大活躍!!

本当に購入して良かったと思います。

仕事柄、YAMAHA STAGEPAS400iと600iを数台利用させて頂いております。貸し出すときにも、音響機材に慣れてない方でもわかりやすく、音も作りやすいので好評です。自分がオペをするときには、サブミキを通して使いますが、機動性よく、ちょっとしたトークショー、ライブなど大活躍しています。一言で言えば安心感がありますね。

お気に入りポイントは、どこでもサクッと持ち運び、サクッと設営できる手軽さ、おっ!と思える高音質ですね。移動用のコロコロに乗せたステージパスです。
#ヤマハステージパス

アコースティックライブにピッタリです。カフェでの企画ライブ、デイサービスのボランティア演奏と私の活動を暖かみのある優しいサウンドで助けてもらってます。

10年程前から使っているSTAGEPAS500。障がいのある人たちと音楽活動をしている私たちの活動には欠かせられないアイテムです。これがあるから、ステージでうたうことができました。今では地域のおまつりの音響でも活躍中!!ありがとうSTAGEPAS。(* ̄0 ̄)θ~♪#ヤマハステージパス

TRIUNITY(トライユニティ)では、PA機器の無いレストラン等でライブする時やプライベートスタジオでの練習に “YAMAHA STAGEPAS 400i”を愛用しています。
ミキサー単独でも使えて決めたバランスがどこでも再現できるので、ものすごくありがたいです♪ #ヤマハステージパス

エンジニアコメント STAGEPAS 1K

近藤祥昭氏が語る製品の基本仕様

近藤祥昭(サウンド・エンジニア)

大友良英、カヒミ・カリィ、非常階段などを手掛けてきたサウンド・エンジニア 近藤祥昭氏が、12インチ径サブウーファーと中~高域再生用のラインアレイ・スピーカーにミキサーを組み合わせたポータブルPAシステム「Stagepas 1K」の基本的な仕様を解説。

「ワンノブEQは中央に合わせるとフラットで、左に回せばローカット、右に回すと低域と高域が持ち上がったバタフライ・カーブになります。このバタフライ・カーブは、音響の専門知識を持たないユーザーのこともよく考えた設定だと思います」

シンプルさと奥深さを備えるミキサー

山寺紀康(PAエンジニア/尚美学園大学芸術情報学部情報表現学科 准教授)

角松敏生や久保田利伸、スピッツなどのPAを担当してきたPAエンジニアであり尚美学園大学の芸術情報学部情報表現学科で准教授を務める山寺紀康氏が、ポータブルPAシステム「Stagepas 1K」の音質と操作性を、実際の使用環境を想定したセットでテスト。

「音を出すまでの工程がかなりスムーズにできました。ポイント・ソースのスピーカーでは、持ち上げてスタンドに取り付けることが多く、労力が必要となります。Stagepas 1Kはミキサーが一体になったサブウーファーと高域ユニットを接続するだけなので設置が簡単ですね」

Inter BEE 2019で証明された“現場力”

Inter BEE 2019(2019年国際放送機器展)

2019年11月に幕張メッセで開催された音響/映像/放送機器の展示会“Inter BEE 2019”の企業ブースやイベント・スペースで活用されていたポータブルPAシステム「Stagepas 1K」。

「音量はそこまで上げていないのですが、それでも前から後ろまで十分に聴こえるところにメリットを感じています。また、軽量なので近くにお客様が集中してしまった場合なども、簡単にスピーカーの振りを変えられる。そして筐体がスリムなため、場に溶け込んで見えるのも良いですね」

ポータブルPAシステム「STAGEPAS」とは

STAGEPASシリーズは、PAに必要なミキサー、アンプ、スピーカーを1つにまとめた高音質、大出力なポータブルPAシステムです。2005年の登場以来、超ロングセラーとなっている本シリーズは、「いつでも、どこでも、ステージに」をコンセプトに開発されており、その名の通りステージをそのままオールインワンソリューションとして持ち運ぶことができます。また、高い信頼と豊富な実績を持つヤマハならではの手厚いサポートで、移動などの多い機材に発生しうる万が一のトラブルの際にも安心です。

特長

オールインワンPAシステムSTAGEPASシリーズでは、軽量コンパクトながらハイパワーなサウンドを生み出すパワーアンプをはじめ、高音質を実現するスピーカー、ヤマハが誇るDSP技術を採用したミキサーなど、ハイクオリティなPAに必須となる機材をあらかじめ集約。究極のポータビリティを実現すると共に、このシステムだけで音声の拡声・再生を必要とするさまざまなシーンへの対応を可能としています。

スピーカー

ポイントソース型

「STAGEPAS 600BT/400BT」に搭載された2ウェイスピーカーは、表現力豊かな明瞭度の高いサウンドが特長です。1.4"(400BTは1")ボイスコイルのコンプレッションドライバーを採用した高域ドライバーと、高い耐入力・低音再生能力を備えた低域ドライバーが奏でるサウンドは、コンパクトながら圧倒的な音圧レベルと優れた音響性能を実現します。なお、STAGEPAS 600BTでは340W+340Wの計680W、400BTでは200W+200Wの計400Wの高出力となっています。

ラインアレイ型

「STAGEPAS 1K」では、垂直30°の指向角を実現するためJ形状のアレイ構造を採用。シリーズ初となる10基の1.5インチ小口径スピーカーユニットを搭載したラインアレイスピーカーのサウンドは、音の減衰が少なく遠達性に優れており、空間を包み込むように均一な音量・音質を広いエリアに届ける用途に最適です。また、クラス最大級の12インチ”コンパクト”サブウーファーとのコンビネーションで、クリアで迫力ある重低音も再生できます。

ミキサー

STAGEPASシリーズのミキサーには、複数の帯域を同時に処理する1-Knob Master EQ、業務用コンソールの標準機能である高品位なSPXデジタルリバーブなど、「使える」機能が多数搭載されています。多目的な接続性を重視するなら、豊富なミキシングチャンネル数とEQを搭載した「STAGEPAS 600BT」(10チャンネル・3バンド CHイコライザー)と「STAGEPAS 400BT」(8チャンネル・2バンドCHイコライザー)がおすすめ。汎用性の高い入力部をはじめ、充実したチャンネルファンクション、拡張性を備えた着脱式ミキサーは、ライブステージなどの現場で即戦力として活躍します。

5チャンネルのデジタルミキサーを、サブウーファーの背面に搭載した「STAGEPAS 1K」では、ミキサーの各種パラメーターをシーンメモリーに保存し、素早く呼び出せます。また、2台の「STAGEPAS 1K」をリンクさせることで、より大きな音圧が必要な場合にも対応可能。モノラルリンクを使用する場合には、2台両方の入力を使用することができます(合計6つのモノラル入力と2つのステレオ入力)。

セットアップ

設置性を向上させるよう細部にわたり設計された「STAGEPAS 600BT/400BT」は、スピーカーケーブルと電源を接続するだけで、誰でも1分で音が出せるPAシステムとなっています。StageLok機構により、スタンドへの設置も安全でスピーディ。さらに、メインスピーカーとしてはもちろん、フロアモニターとしても使用できるなど、柔軟な設置性を発揮します。

軽量・コンパクトな「STAGEPAS 1K」は、ラインアレイスピーカーをサブウーファーのキャビネット天面に取り付けるだけでセットアップが完了。スピーカーケーブルやスピーカースタンドも一切不要です。究極のポータビリティと簡単なセットアップで、幅広いユーザーと用途に対応します。付属の専用キャリングケースと連結でき、「STAGEPAS 1K」を安全に運搬できる専用台車「DL-SP1K」(別売)も用意されています。

Bluetooth®

STAGEPASシリーズは、スマートフォンやタブレットをワイヤレス接続し簡単に音楽を再生できるBluetooth®機能を搭載しています。さらに、「STAGEPAS 1K」では、音楽再生のみならず、iOS/Android向けの専用アプリケーション「STAGEPAS Editor」による遠隔操作にも対応。本体のボリュームやEQのリモートコントロール、設定を保存し、すぐに呼び出すこともできます。なお、脱着式のミキサーを採用する「STAGEPAS 600BT/400BT」には、マイクスタンドアダプター「BMS-10A」(別売)が用意されており、ミキサーをスタンドで立てておけば、演奏中に手元でコントロールを行えます。

おすすめオプション

スピーカースタンド
「ST21450002B」

希望小売価格:11,000円(税抜)

アルミニウム素材による軽量化を実現し、レバー固定方式による容易なセッティングが可能です。
※スピーカーを設置する際は商品ページに掲載しているご使用上の注意をご確認ください

スピーカーケーブル
「YSC10PP(10m)」
「YSC20PP(20m)」

希望小売価格:3,900円(YSC10PP)/6,300円(YSC20PP)

TSフォーン端子のスピーカーケーブルです。
「STAGEPAS 600BT/400BT」には6mのスピーカーケーブルが付属していますが、より長いオプションのケーブルが用意されています。

ワイヤレスマイク
「LINE6 XD-V35」

希望小売価格:オープンプライス

Line 6「XD-V35」は高いサウンドクオリティと操作の簡易さを両立したデジタルワイヤレスシステムです。
マイクをワイヤレスシステムにすることでケーブルを気にすることなく自由に動き回れます。