Web音遊人(みゅーじん)

New Sounds in BRASS

吹奏楽ポップスの代名詞『New Sounds in Brass』復活へのクラウドファンディングがスタート!

1972年に第1集が発売されて以来、毎年新作が発表され、日本の吹奏楽ポップスを牽引してきた『New Sounds in Brass』(NSB)。国内外のヒット曲、ジャズやラテンの代表曲、ディズニーを含む映画音楽など、名曲の数々が吹奏楽版に編曲され、楽譜とCDによって吹奏楽界にポップスの魅力を普及してきた。
約半世紀にわたって愛され続けたこの一大コンテンツが、コロナ禍の活動自粛による休止を経て、再始動に向けてクラウドファンディングをスタートした。CDの録音でNSBと関わってきた東京佼成ウインドオーケストラ ホルン奏者の堀風翔さん(同団専務理事)と、楽譜を出版するヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスの松井加奈さん、金子文枝さんに話を聞いた。

実は身近に聴いているNSBサウンド

名曲、名アレンジ揃いのNSB。管楽器や吹奏楽の経験がない人も、実はそのサウンドを耳にしている可能性が高い。たとえば野球の応援。甲子園の中継から聴こえる『アフリカン・シンフォニー』は、多くの学校が取り入れている応援の定番。人気曲『宝島』をはじめとして、テレビや映画でもしばしばNSBの音源や編曲が使われている。NSBの魅力について、堀さんはこう語る。
「私は中学、高校と吹奏楽部でしたが、当時はNSBの曲とは知らずに演奏していて、後になってこのシリーズだったと認識しました。それほど自然にレパートリーとして浸透しているのだと思います」

その鍵となるのが編曲。NSBの立ち上げにも尽力し、のちに「吹奏楽ポップスの父」と称された作曲家の故・岩井直溥氏が数多くの編曲を手がけた。
「プロになってNSBのレコーディングで演奏して、改めて編曲の素晴らしさと楽譜のクオリティの高さを感じました。編曲の仕方やオーケストレーションによって演奏の楽しさは大きく変わります。NSBはとても気持ちよく吹けますし、それは中高生も同じように感じると思います。演奏しながら音楽の根源的な楽しさを味わえるのもNSBの魅力のひとつですね」
そして、聴く側と演奏する側をつないできた役割も大きい、と堀さんは語る。
「吹奏楽部の演奏会には、吹奏楽を初めて聴くという方もいらっしゃいますが、NSBの曲ならどなたでも楽しめるのではないでしょうか。日本の吹奏楽界を双方向的に刺激してきた功績は大きいと思います」

New Sounds in BRASS

NSBのレコーディング風景

クオリティの高い楽譜でポップスの普及に注力

NSBの曲を聴いて「演奏してみたい」と憧れた人の思いに応えたのが、楽譜を制作してきたヤマハだ。
「NSBの発売当時は、気軽に聴いたり演奏したりできる吹奏楽曲がありませんでした。そうした中でヤマハと岩井先生が出会い、このシリーズが生まれました。楽譜は、学校の先生たちもポップスの指導がしやすくなるように、スコアやパート譜は細部までこだわって作られました。ポップスは自由に演奏すればよいのですが、自由であるがゆえにかえってどう取りかかったらよいのかわからない、という声が当時ありました。それを受けて演奏の仕方をできるだけ詳しく楽譜に書きあらわし、まずは楽譜どおりに演奏してみよう、ということです。今でこそ、地域の催しなどでポップスが演奏されることが普通になりましたが、こうなるまでに半世紀近い年月がかかりました。その間、出版社として使命感を持って楽譜を出版し続けてきました」(松井さん)
「楽譜のクオリティとは例えば、すべての楽器・パートが揃わずとも美しく鳴り響くよう緻密に設計された編曲、演奏しやすいようにパート譜の要所要所にカウントや他パートのガイドを記載するなど、こうしたこだわりは脈々と受け継がれています。近年では海外からの注文も増え、改めてNSBのラインナップはどの国にも通用するエバーグリーンなものなんだと実感しています」(金子さん)

New Sounds in BRASS

New Sounds in BRASS一例。オフィシャルサイトでは、一部参考音源を配信しています。

ファン待望の再開へ向けたクラウドファンディング

このように編曲、演奏、出版の各分野が強力なタッグを組み、歴史を築いてきたNSB。コロナ禍によって演奏活動が制限されたことから、2020年以降は新譜の発売が自粛に。しかし、復活を望む声の高まりを受け、東京佼成ウインドオーケストラが発起人となり、2024年春の楽譜・CD発売に向けたクラウドファンディングが2023年8月8日にスタートした。
「このシリーズのコンセプトを守りながら、何か新しいチャレンジができないかと発想したのがクラウドファンディングです。なるべく広い範囲の方々にご協力いただくことで、皆さんのパワーを少しずつ集め、この企画を続けていきたいと思います」(堀さん)
サブスクリプションやYouTubeなど、音楽を聴く環境は変化しているが、「CDには同じくNSBを支えてきたエンジニアさんや裏方さんの魂が詰まっています」と松井さん。クラウドファンディングは「参加者が見える形で手応えを感じられるので楽しみです」と金子さんも期待を寄せる。

東京佼成ウインドオーケストラには、すでにNSB再始動を喜ぶ声や熱い応援メッセージがたくさん寄せられているという。一つひとつの声は小さくても、それが集まれば必ず大きな力になっていくに違いない。NSBは日本の吹奏楽の宝。その宝を次世代にも継承できるよう、全国から多くの賛同が集まることを心から切に願っている。

■New Sounds in Brass

オフィシャルサイトはこちら

■New Sounds in Brass 復活プロジェクト2024

New Sounds in BRASS
クラウドファンディングはこちら(READYFOR)

facebook

twitter

特集

渡辺美里

今月の音遊人

今月の音遊人:渡辺美里さん「歌を聴きたいといってくださるファンとの時間は最高の財産です」

5755views

音楽ライターの眼

連載1[ジャズ事始め]ジャズの生い立ちには“文化”を知る手がかりが秘められている

6178views

楽器探訪 Anothertake

新開発の音響システムが表現力のカナメ。管楽器の可能性を広げる「デジタルサックス」

2984views

アコースティックギター

楽器のあれこれQ&A

アコースティックギターの保管方法やメンテナンスのコツ

2941views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4443views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

8829views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

17166views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2615views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12381views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

4108views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5204views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24482views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

11176views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21414views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.1

3363views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

23618views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

4665views

楽器探訪 Anothertake

空間を包み込む豊かな響き「フリューゲルホルン」

3265views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

13370views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8210views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

37504views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8768views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28585views