Web音遊人(みゅーじん)

Yamaha Acoustic Mind 2022

三人三様の弾き語りが伝えるアコースティックギターの奥深さ/Yamaha Acoustic Mind 2022 ~PREMIUM~

ヤマハアコースティックギターの祭典「Yamaha Acoustic Mind 2022 ~PREMIUM~」が、2022年10月1日~24日、名古屋、大阪、東京で開催された。東京では、23日に追加公演も行われ、銀座のヤマハホールは大いに盛り上がった。

2014年に始まったこのイベントは、元キマグレンのISEKIが総合プロデューサー&ホスト進行を務め、多彩なアーティストとヤマハのギターを演奏しながら、その魅力を伝え、毎年好評を博している。追加公演の出演者は、ISEKI、大石昌良、miwaの3人。

トップバッターはISEKI。コロナ禍にあってもこのイベントが途切れずに9年目を迎えられて、感慨もひとしおの様子。「楽しんでいきましょうね」と、元気に開会する。

1曲目は『ガンバレロボ』。気負わず、自然体で、くじけそうな心に「頑張れ」を届ける歌唱だ。切れのいいストロークが心地よさをかきたてる。

『相アイ傘』『紺碧の海と真っ青な空の下で』に続いて、コロナ禍の初期に作った『Reflection』を弾き語った。自室の窓越しに「変わりゆく季節を眺めながら、不安な世の中だけれど頑張って生きていこうと思った」という静かな意志を込めた曲だ。この日、ISEKIはナイロン弦のNTX5を選んでいた。温もりのある音色で歌の情感が増し、心の芯にジーンと迫るものを感じた。

そこにゲストの大石昌良がにこやかに登場。このイベントの常連でトークもうまい。「miwaちゃんが決まったときのISEKIくんの喜びよう!」と、のっけからISEKIに突っ込む。『太陽と曇り空』を2人のハモリを交えて演奏し終わる頃には、場内に元気な空気が漂っていた。

ISEKIが退場し、大石が1曲目の『ピエロ』から、歌とギターとトークを盛り込んだ「ギター・エンタテインメントショー」を展開する。好きな人の笑顔を見られるなら「On trumpet 俺」「On scat 俺」と、何にでもなりきるピエロを演じながら、歌い、喋る。

しかも「スラム奏法」を駆使した超絶技巧だ。例えば、ギターのボディを軽く叩いたり、親指で弦を打つように弾いたり、両手の指を駆使して弦をタッピングしたりして、ギター一本でドラム・ベース・旋律などを、パーカッシブに演奏する。聴き手の心が高揚するだけでなく、目を釘付けにする。

大石のすごさは、「どうだ!」と技を見せつけるのではなく、歌やトークとのバランスを取りながら、軽妙にやって見せるところにある。『パラレルワールド』『ボーダーライン』『君じゃなきゃダメみたい』のいずれも、技を「エンタテインメント」として楽しませてくれる。「弾き語りで日本一を目指している」と話していたが、従来の「弾き語り」の概念を超越した「ショーアップした独自の世界」を創れる希少なアーティストだ。ちなみにギターは、ボディがやや小ぶりでフィンガー奏法向けのLS36ARE。

ソロの最後は、ナイロン弦のギターに持ち替え、クラシカルサウンドで『ただいま』を披露。そこへmiwaが登場したが「この後、私でいいのかと楽屋で震えていました」と重圧を吐露。大石がフォローし、ふたりで和やかに『ようこそジャパリパークへ』を歌って、場内のムードを変え、大石が退場。

デビュー13年のmiwaは、ヒット曲を立位でパワフルに弾き語っていく。ギターはフルボディーで鳴りのいいLL36ARE。曲毎にチューニングしたものと取り替えながら進行。

1曲目は、高校生のときに書いた『don’t cry anymore』。伸びやかなハイトーンボイスがホールの空気を一瞬でmiwa色に変える。次いでデビュー前に書いた『441』はファルセットが美しい。『君に出会えたから』では、客席のファンが手振りで盛り上げ、場内はmiwaワールドに。ここで新曲『君が好きです』を披露。ABEMAの人気恋愛番組「私たち結婚しました 3」の主題歌だ。

最後に大ヒット曲『ヒカリへ』を熱唱して大役を終えると、ISEKIが登場し、デュオで『結-ゆい-』を歌って、2時間にわたるイベントを締めくくった。

しかし観客の拍手が鳴り止まず、アンコールに応えて3人で『LIFE』を歌って、ようやくお開きとなった。ギターの弾き語りと言っても、まさに三人三様。身近でしかも奥深い、アコースティックギターの魅力に改めて感じ入った。

 

原納暢子〔はらのう・のぶこ〕
音楽ジャーナリスト・評論家。奈良女子大学卒業後、新聞社の音楽記者、放送記者をふりだしに「人の心が豊かになる音楽情報」や「文化の底上げにつながる評論」を企画取材、執筆編集し、新聞、雑誌、Web、放送などで発信。近年は演奏会やレクチャーコンサート、音楽旅行のプロデュースも。書籍「200DVD映像で聴くクラシック」「200CDクラシック音楽の聴き方上手」、佐藤しのぶアートグラビア「OPERA ALBUM」ほか。
Lucie 原納暢子

 

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:Crystal Kayさん「音楽がなかったら世界は滅びてしまうというくらい、本当に欠かせない存在です」

2162views

音楽ライターの眼

ジャズはクラシックの“なれの果て”なのかを考えてみようかな

10475views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

16672views

暖房

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

54995views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

10975views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

28783views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

10163views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2789views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8268views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

7698views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8248views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29315views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

12176views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21999views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#036 起死回生のチャンスに理想を詰め込んだハード・バップの宝石箱~ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』編

226views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

7318views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

6668views

楽器探訪 Anothertake

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

4998views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

14087views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

7656views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

26226views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8462views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9732views